杏林大学教育研究募金

杏林大学は、1970年に医学部ならびに医学部付属病院を開設して以来、保健学部、総合政策学部、外国語学部の4学部と医学研究科、保健学研究科、国際協力研究科の大学院3研究科を開設し、学生・院生5,000人を超える総合大学として発展してまいりました。 この間、「眞善美の探究」という建学の精神のもと社会に貢献できる人材の育成に努めてまいりました。

創立50周年を迎えた2016年に井の頭キャンパスが開校し、学生たちは旺盛な探究心を持ち専門分野の学びを深めています。しかし、三鷹キャンパスには開設時に建築した校舎も多く、老朽化が進み、改築の必要が生じています。

杏林大学教育研究募金は、こうした施設の整備とともに、学生や院生の教育や研究に必要な備品や設備の充実、IT教育環境の整備を図るため、さらに経済的理由から学業を断念する学生を少しでも減らすように奨学制度の充実を図るために活用させていただきます。



募金概要

募金の使途

  1. 学生に対する経済的支援
  2. 教育研究環境の整備
    [施設・建物関係]
    キャンパスの整備(教室や部活動で使用する施設を整備して学生が使いやすい環境にします)
    実習施設等の整備(臨床の場に臨む学生に必要な機器等を整備して施設の充実を図ります)
    [備品関係等]
    図書館の蔵書、電子ジャーナル等の充実(学生の多様な学習活動や知的探究心を支援します) 
    英語サロン、中国語サロン等の備品(学生がネイティブスピーカーと外国語で交流する学習施設を整備して杏林大学がめざすグローバル人材を育成します)
    パソコン室やマルチメディア室等のPC(学生がITリテラシーを身につけるために必要な情報処理教育等に関わるPC等を整備します)
    地域交流活動や産学連携活動(地域や企業と連携した学習活動を支援して教育効果を高めます)

お願いする金額

個人の場合
申込金額:1口 2万円(口数によらずご協力をお願いいたします。)
法人の場合
申込金額:1口 10万円(口数によらずご協力をお願いいたします。)

お問い合わせ

杏林学園募金事務局(経理課内)

〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2

TEL 0422-47-3226