1. 看護専門学校ホーム
  2. 学校紹介
  3. 教育の方針・目標

教育の方針・目標

大学病院が共存する恵まれた学習環境

医学部・保健学部看護学科と共有する三鷹キャンパスには付属病院が開設。都内屈指の規模と設備を誇る最先端の医療現場が臨地実習の機会を提供します。
また、2,000人を超えるスタッフの活躍を目の当たりにできる教育環境が、医療人としての自覚を促します。

教育目的

教育理念に基づき、社会のニーズに対応できる知識・技術と豊かな人間性を備えた看護の実践者を育成する

教育目標

  1. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う。
  2. 人々の健康と生活を自然・社会・文化的環境との相互作用の中で、絶えず変動し続ける状態として理解できる能力を養う。
  3. 人々の多様な価値観を認識し専門職業人としての共感的態度及び倫理に基づいた看護を実践できるとともに、最新知識・技術を自ら学び続ける基礎的能力を養う。
  4. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  5. 健康上の課題を持つ人々に対して、健康や障害の状態に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  6. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するとともに、人々の社会的資源を活用できるよう、これらを調整するための基礎的能力を養う。