1. 杏林大学トップ
  2. キャンパスライフ・施設
  3. 総合情報センター
  4. 学内LAN利用について

学内LAN利用について

杏林大学学内LANとは、本学内に敷設された情報ネットワークの名称です。

  • 学内LANを利用することで、大学内のコンピュータ施設からインターネットへ接続し、ホームページの閲覧や電子メールの利用ができます。
  • 学内LANを利用するには、学内LAN講習会を受講し「学内LAN利用同意書」を提出しなければなりません。学内LAN講習会は新入生ガイダンス時に行います。その時に受講できなかった場合は、別に開催する講習会を受講してください。(下記参照)
    学内LAN講習会:場所/F411 総合情報センター事務室 日時/毎週水曜日 12:30〜 ※筆記用具持参
  • 学内LANを利用する場合は、杏林大学学内LAN利用心得を遵守してください。利用者が遵守事項や杏林大学において制定されている規程に違反していると認めた場合には、法律、学則、その他諸規程により処分することがあります。利用の際は十分に注意してください。
  • 学内LANまたは外部ネットワークにおいて、保守作業や停電、天災などの不可抗力、その他の異常発生時は、予告なしに緊急にシステムを停止することがあります。重要なデータなどは各自でバックアップを取ってください。

利用者はすべての利用行為に対して責任を持ってください。ネットワークを通して本学のドメイン名(kyorin-u.ac.jp)が外部に発信されていることを忘れないでください。

杏林大学学内LAN利用心得

  1. 不正に他人のメールアドレス、パスワードを使用しない。
  2. 自分のメールアドレス、パスワードを他人に使用させない。
  3. 他人のプライバシーを侵害しない。
    例えば
    ・他人のメールを許可なく公開しない。
    ・他人のメールを許可なく見ない。
  4. 著作権を侵害しない
    ホームページの情報内容には著作権が存在するので、利用する場合には著作権保有者に承諾を得る必要があります。
    以下の行為などは著作権の侵害にあたります。
    ・他人のホームページや電子掲示板に載っている文章や画像、書籍・雑誌・新聞の記事や写真を無断で自分のホームページに転載すること。
    ・無許可の音楽ファイル(MIDI、MP3等)をダウンロードすること。
    ・音楽CDなどから取り込んだデータを無断で掲載したり頒布すること。
  5. 安易に個人情報(氏名・住所・生年月日・カードNo.等)を入力し発信しない。
    個人情報を悪用されて、身に覚えのない請求が来たり犯罪に巻き込まれる恐れがあります。
  6. 他人の誹謗中傷、名誉毀損をしない。
  7. 公序良俗に反する行為をしない。
    例えば、ハッキング、他人のプライバシー侵害やストーカー行為、デマ情報の発信、わいせつ画像の公開、いやがらせ・脅迫・迷惑メール等の発信、をしない。
  8. 大学の品位を損なうような情報にはアクセスしない。
  9. 特定宗教の布教または宣伝に利用しない。
  10. 政治活動または選挙活動またはこれに類する行為をしない。
  11. 物品等の購入契約及び団体等の入会契約を行わない。
  12. 営利を目的とした行為をしない。
  13. 法律、及び杏林大学や総合情報センターが別に定める規程等に違反しない。
  14. コンピュータウィルスを持ち込む等、コンピュータシステムの正常な運用を妨げるような行為をしない。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP