1. 杏林大学トップ
  2. 図書館
  3. 医学図書館
  4. お知らせ
  5. 重要なお知らせ:電子ジャーナル不正利用について

電子ジャーナル不正利用による停止措置


最終更新2014.10.16

メディカルオンラインの利用停止措置は解除されました。学内の教育・研究活動のためにも適正な利用にご協力をお願いいたします。

2014.10.15

 国内医学雑誌の電子ジャーナルを提供しているメディカルオンライン(株式会社メテオ)より、平成26年10月12日〜14日にかけて杏林大学からのアクセスで「日本胸部臨床」がまとめて 時系列にダウンロードされたと報告がありました。この大量ダウンロードは不正アクセスとみなされ、「メディカルオンライン法人会員規約」第9条に基づき、現在利用停止措置がとられております。利用再開の目途はたっておりません。心当たりのある方は大量ダウンロードを直ちに停止し、図書館まで申し出てください。
 メディカルオンラインの会員規約はこちら

 電子ジャーナルの大量ダウンロードは禁止されており利用規約違反となります。たとえ一個人の違反行為であったとしても、大学全体で電子ジャーナル等が利用できなくなり、教育・研究活動に多大な影響を及ぼします。データベース、電子ジャーナルを利用される方は下記の点に留意し、適正な利用をお願いいたします。

電子ジャーナルの大量ダウンロード禁止

利用者は、個人の教育・研究等の目的や必要な範囲内に限り、内容をダウンロード又はプリントアウトできるものであり、機械的に(自動、手動問わず)大量のデータをダウンロードする行為は禁止されています。

著作権の侵害禁止

電子ジャーナル等は、著作権法により保護されており、個人利用以外の目的で使用すること、内容を複製・頒布ないし改変するなど、著作権を侵害することはできません。

画面表示もダウンロード

電子ジャーナルの利用では、PDFファイルの保存をしなかったとしても、画面に表示させることをダウンロードとみなします。なるべく必要な記事のみPDF表示(ダウンロード)して利用してください。