人文・社会科学図書館
図書館TOPへ
携帯URL
カレンダー
利用案内
電子ジャーナル
データベース
リンク
Q&A



人文・社会科学図書館
人文・社会科学図書館
図書館トップページへ

Q&A


さ行
雑誌の探し方  調べもの手順 紹介状  書誌事項  新着雑誌 
請求記号 相互貸借

た行
データベース  電子ジャーナル  図書館の資料について

な行
二次資料 日本十進分類表

は行
バックナンバー 文献複写 本の探し方  本の並び方

ら行
レファレンスサービス レファレンス資料


BN


NDC


OPAC


戻る



図書館の資料のついて
  • 図書館には単行本のみならず、学術雑誌、一般雑誌、紀要、各国語新聞、事典等のレファレンス資料、統計書、AV資料、データベースなど多数の種類の資料があります。
    求める情報の速報性や網羅性、学術性、信頼性などの違いをよく理解して、資料を選択しましょう。 
    人文系では単行本が重要ですし、自然科学系では最新研究結果が載る学術雑誌がよく利用され、
    社会科学系では新聞などの報道ソースが役立ちます。

    情報の速報性: インターネット > 新聞 > 雑誌 > 単行本
    情報の質  : 研究調査報告書 > 学術書 > 一般書
             学術雑誌 > 一般雑誌 > インターネット
本・雑誌の探し方
  • OPACを使って探す。
    図書館や図書館HPには杏林大学3分館の図書、雑誌が検索できるOPACがあります。書名欄、著者欄、キーワード欄などにキーワードを入力してください。検索結果には、その資料がどこの棚にあるかが請求記号として表示されています。請求記号を参考に書架を探してください。検索結果に該当が無い場合は図書館員にご相談ください。文献複写や相互貸借等で取寄せることも可能です。(有料)
  • 直接書架を探す
    本屋で本を探すように、書架を見ながら探す。探したい本がハッキリしていない時や、時間のある時に書架をのんびり歩いてみると、新たな興味の発見があるかもしれません。

本の並び方

  • 図書館の本は一定の法則によって書架にならべてあります。
    図書は資料内容の分野によってきめられた分類番号(日本十進分類法(NDC))がありますのでその番号順に、書棚の左側上段から右へと並べてあります。本を探す場合は、この分類番号と図書記号をあわせた請求記号で探すことになります。
    雑誌はタイトルのアルファベット順に書架にならべてあります。和雑誌や中国雑誌はタイトルをローマ字表記になおして、アルファベット順に並べてあります。並び順は図書と同様で、書架の左上段から右へ進みます。

調べもの手順

  1. 用語、単語などは辞典類を、事柄については事典類を、出版物全般については、Books.or.jp(日本書籍総目録のWeb版)、雑誌新聞カタログ、Books in Print などのレファレンス資料やNacsis CATなどを調べます。調べる内容によって使い分けてください。百科事典などは記事には執筆者や参考資料が掲載されているので、それも参考にして下さい。ある資料が見つかったら、その中の引用文献をさかのぼることで、さらに一次的な資料にたどりつけます。
  2. 論文を探す場合は、MAGAZINEPLUS、雑誌記事索引、日経BP記事検索、CiNii、電子ジャーナルなどのデータベース類を利用して、探したい文献がどこの雑誌に載っているかを検索します。検索した雑誌が杏林にあれば、直接閲覧してください。ない場合は文献複写や相互貸借で取寄せることが可能です。(有料)
  3. インターネットを利用して調べる方法もあります。ただし、情報の内容については不確実なものも含まれるので、検索結果の吟味が必要となります。
  4. 文献調査は時間をかけて根気よく行うことが、その後のレポート作成や研究を効果的にする秘訣です。

OPAC
  • (Online Public Access Catalogue) 電子的な蔵書目録の総称。杏林大学のPACでは杏林大学図書館3分館の蔵書検索ができる。

日本十進分類表(NDC)
  • 資料の内容を主題別に分けるための基本分類表。図書館の資料は本の主題を元に0番から999番までの番号をつけて分類されています。例えば、253はアメリカの歴史・地理で、さらに、253.03はアメリカの発見、253.06が南北戦争・・・のように分類されています。したがって、ある主題の本を探したいときは、その主題のNDCの番号を調べて、その分類番号の本の置いてある書架を探すことで、求める主題に関連した本が見つかります。

請求記号
  • 図書、AV資料の背表紙に貼ってあるラベルにある数字です。上段=資料の分類番号。中段=著者記号。当館では、著者名または、書名の頭文字をアルファベットで表記。下段=多巻資料などの巻号表記、年などの情報。                                                       例)『 熱帯雨林消滅 ; 国境を越える公害.』 日本放送出版協会, 1990.3. -- (地球は救えるか : NHKスペシャル[シリーズ21世紀] / NHK取材班著). <BB01167547>                                                         
    請求記号
    519.8 分類番号(NDC)
    C44 著者記号。著者名orタイトル、叢書名の頭文字のアルファベット
    複数巻ある場合、巻数を表す。

二次資料
(レファレンス資料)
  • 通読する資料ではなく、資料への案内を掲載したものや、辞書・事典など調査資料全般をいう。参考資料、参考図書、レファレンス資料ともいう。図書目録、索引、事典、辞典、地図帳、統計、年鑑、白書など。

新着雑誌
  • 刊行されて間もない雑誌をいう。当館では主に刊行1年以内の資料を指すことが多い。年間の刊行冊数が多い雑誌は、新着雑誌棚に配架されている。

バックナンバー(BN)
  • 新刊以外の雑誌を言う。当館では主に刊行後1年以上経過したものを指すことが多い。新着と分けてバックナンバーを保管するエリアに配架している。BNと省略することもある。


相互貸借

  • 図書館同士の協力で杏林大学図書館に資料が無かった場合、他大学図書館や、国会図書館などから必要な資料のコピーを取寄せることが出来ます。場合よっては資料そのものを借りることも出来ます。(このサービスは有料になります)

書誌事項
  • 資料のタイトル、巻号、著者、出版社、出版年などのことを言います。書誌情報がわかっていると資料を特定しやすくなります。

レファレンスサービス
  • 情報を求める利用者に対して、より速く、より適切な情報が得られるように、図書館員が手助けする事です。ただし、図書館員が調べてもわからないことは多くあります。

    ・○○○というタイトルの本は刊行されているか?
    ・昔のアメリカの奴隷について調べたいが、良い資料はあるか?
    ・大江健三郎の書いた本には、どのようなものがあるか?
    ・1997年に刊行されたEconomist誌に掲載された○○著の記事が見たい。
    ・△△に関する判例を調べたい。
    ・△△△会社の経営状況と役員の名前が知りたい。
    ・最近3年間のゴミ不法投棄に関する新聞記事が知りたい。
    ・CD−ROM や OPACの使い方を知りたい。

データベース

  • 新聞記事(日本、米国)や雑誌記事(日本、米国)、学術論文の検索の他、日本の判例、アメリカの判例のなどを検索できるソフトを購入しています。各種のオンラインデータベースについては、図書館ホームページのデータベースをご覧ください。
    なお、CD-ROM/ DVDのデータベースについては図書館内の情報検索コーナーでご利用ください。

電子ジャーナル
   
     電子媒体で発行されている雑誌です。雑誌の内容はPC上で読んだり、ダウンロードすることができま
     す。電子ジャーナルを探したいときは電子ジャーナルリストから検索してください。
     



戻る