Graduate school大学院

全学部の英知を集めた「国際協力研究科」をはじめ、「保健学研究科」「医学研究科」を設置しています。国際化や技術革新・情報化の進展によって、社会が急激に高度化・複雑化する中で生じるさまざまな問題の解決を導くべく価値ある研究成果を発信するとともに、優れた人材の養成に努めています。

Graduate school of Medicine医学研究科

本研究科は2つの機能を有した高度な組織です。一つは次世代の医学の発展に貢献し、医学の進歩に寄与できる能力を備えた研究者を養成する基礎医学系大学院としての機能。二つめは診療の技能、そして患者さんに対する思いやりのある豊かな人間性を備えた医師であることはもとより、高度な科学的分析能力を兼ね備えた医師を養成する臨床医学系大学院としての機能です。生理、病理、社会医学、内科、外科の5つの専攻課程を整えています。

専攻

  • 生理系専攻

    器官構築学分野(肉眼解剖学コース、顕微解剖学コース、ゲノム・遺伝学コース) /
    病態生化学分野(分子細胞生物学コース、代謝生化学コース、分子機能生化学コース) /
    生体機能制御学分野(細胞生理学コース、統合生理学コース、生体物理工学コース) /
    分子細胞薬理学分野

  • 病理系専攻

    病理学分野 / 感染症・熱帯病学分野 / 臨床検査医学分野

  • 内科系専攻

    内科学分野(呼吸器内科学コース、神経内科学コース、腎臓・リウマチ膠原病内科学コース、循環器内科学コース、血液内科学コース、消化器内科学コース、糖尿病・内分泌・代謝内科学コース、腫瘍内科学コース〔がんプロフェッショナルコース〕)
    脳卒中医学分野 / 加齢医学分野 / 総合医療学分野 / 小児科学分野 / 精神神経科学分野 / 皮膚科学分野 / 放射線医学分野

  • 社会医学系専攻

    社会医療情報学分野 / 法科学分野

  • 外科系専攻

    外科学分野(消化器・一般外科学コース、呼吸器・甲状腺外科学コース、乳腺外科学コース) /
    救急医学分野 / 整形外科学分野(整形外科学コース、リハビリテーション医学コース) /
    脳神経外科学分野 / 心臓血管外科学分野 / 産科婦人科学分野 / 眼科学分野 / 耳鼻咽喉科学分野 / 泌尿器科学分野 / 麻酔科学分野 / 小児外科学分野 / 形成外科学分野

Graduate school of Health Sciences保健学研究科

本研究科は保健学専攻と看護学専攻からなり、保健、医療、看護、福祉の各専門分野において、広い視野と豊かな学 識をもつ高度専門職業人や研究・教育者を育成します。教員と学生の密なコミュニケーションを可能にする少人数教 育体制や、関連領域をも幅広く学べるプログラムが組まれています。

専攻

  • 保健学専攻
    [博士前期課程/博士後期課程]

    臨床検査・生命科学分野 / 保健学分野 / 臨床工学分野 / 救急救命学分野 / リハビリテーション科学分野 / 診療放射線学分野

  • 看護学専攻
    [博士前期課程/博士後期課程]

    基礎看護科学分野 / 実践看護科学分野

Graduate school of International Cooperation Study国際協力研究科

本研究科は、「眞・善・美の探究」という「杏林」の建学精神を国際協力に生かすために設立されました。国際社会において発生するさまざまな課題を、法律、政治、経済、経営、文化交流、言語、医療、保健衛生など多くの側面から学際的に把握し、理論的かつ実証的に問題を分析して的確に処理できるような人材を育成します。

専攻

  • 国際開発専攻
    [博士前期課程]

    国際政治研究 / 国際経済研究 / 国際ビジネス研究 / 法律税務研究

  • 国際文化交流専攻※
    [博士前期課程]

    言語研究 / 言語文化研究 / 文化交流研究

  • 国際医療協力専攻
    [博士前期課程]

    国際保健学研究 / 国際医療研究

  • 国際言語
    コミュニケーション専攻※
    [博士前期課程]

    英語コミュニケーション研究 / 日中通訳翻訳研究

  • 開発問題専攻
    [博士後期課程]

    政治経済・法制 / 地域研究・開発協力

※2019年4月、1専攻に統合・改組予定です。[構想中]