大学ホーム外国語学部受験生の方教員紹介金田一秀穂

教員紹介

金田一秀穂

所属学科・コース 中国語・日本語学科・日本語教育コース
専門分野 日本語教育、意味論、言語行動論
担当科目 日本語学概論、ゼミ
連絡先 kinchan55@gmail.com

略歴

1953:東京生まれ
東京外国語大学大学院修了
中国大連外語学院、米イェール大学、コロンビア大学などで日本語講師。1988年より杏林大学外国語学部で教え始めました。

私の大学生活

心理学を専攻していました。友達と遊んだり、旅行に行ったり、パチンコしたりしていましたが、本も読んでいました。なるべくいろんなことを知りたいと思っていました。ただ、若さゆえの愚かさ、無知、無力感にさいなまれていましたので、もう二度と大学時代に戻りたくありません。オトナはらくちんです。

講義の特徴

なるべくみんなの意見を聞きたいと思っています。僕が教えるよりも、みんなから聞いて僕の知的好奇心を満足させたいと思うからです。知識は重視しません。考える筋道の立て方、センスの磨き方に関心があります。出席も取りません。聞きたい人だけが来る授業です。ただし顔も名前も覚えられないのであしからず。

ゼミナール紹介

類義語の分析を例文をいっぱい作ってみんなで発表して話し合います。最初のうちは、一時間ぐらいで頭が疲れてくるみたいですが、その内慣れます。頭と語感をフルに活動させます。飲み会や合宿は学生さんたちにやってもらい、ぼくも一緒に遊ばせてもらっています。ゼミの学生はさすがに名前を覚えます。卒業してから会うのがとても好きです。

金田一 秀穂 研究室

受験生の皆さんへのメッセージ

種知という言葉があるそうです。みなさんにとって知は種です。今役に立たないと思っても、そのうち、いくつかの種の中から芽を出すものが現れます。やがて花を咲かせ実をならせます。そういう種を今のうちにたくさん頭の中の畑に撒いておいてください。無駄な種もあるかもしれませんが、たくさん撒いておけば、実るものも多くなるはずです。

このページのトップへ