大学ホーム外国語学部杏林大学外国語学部の学びがわかる「ガイゴ・ナビ」中国語学科

中国語学科

いま世界中で中国語の学習熱が高まっており、21世紀の国際社会での活躍には中国語を使いこなせることが強みとなります。「中国語学科」ではゼロスタートクラス・既習者クラスでの学びにより、基礎から専門までを確実に身につける集中プログラムを整備しています。

概要科目一覧

中国語学科 ニ中通訳翻訳プログラム

ゼロスタートクラス

中国語初学者のためのクラスです。基礎力養成のため、1年目は月曜から金曜まで週5回の集中プログラムを実施します。そして2年目の留学推奨により、ゼロスタートからでも驚くような進歩を可能にします。また長期の留学を体験しない場合でも、週3回の集中講座を実施しますので、3年目からの通訳翻訳関連の科目履修もスムーズです。

中国語既習者クラス

高校で中国語を学んだ学生や、日本在住の中国系子女、また中国語圏からの帰国子女など、既に一定レベルの中国語と日本語の基礎力のある人のためのクラスです。1年目の集中講座(中上級)の後、2年目からは通訳翻訳関連科目の履修を開始。語学力を磨くとともに、各人の適性を早期に見極め、キャリアデザインを意識した学習を進めます。

充実した専門科目構成

入学当初から毎日の授業で中国語の基礎を学び、中国語サロンなどで会話の実践を行います。2年次で中国語圏へ留学、3年次からはゼミナールや授業で留学生と席を並べ切磋琢磨する環境があり、日常が異文化コミュニケーションの場となるため、短期間で総合力が身につきます。

編入留学生と学べる学習環境

3年次からは、中国の大学で日本語の高い運用能力を身につけた編入生の受け入れも行っています。これによる中国語ネイティブ学生との合同授業では、発音や表現力などを厳しくチェックし合いながら学ぶことができます。

トップを目指す学生には大学院進学を用意

Topicsで紹介しています本学大学院の「日中同時通訳プログラム」への進学も夢ではありません。学部で十分な力をつけた意欲ある学生は、大学院進学により、通訳者・翻訳者として活躍する言葉のプロフェッショナルをめざしてください。

資格取得について

ゼロからスタートでも資格取得が可能です。しっかりと身につく試験対策講座やオンラインでの自宅学習システムE-ラーニングなどで資格取得を徹底的にサポートします。
中国語学科では、HSK(漢語水準考試)や中国語検定などで学生が修得すべき語学力の到達目標を設定し、経験豊富なネイティブ教員による指導で合格をめざしています。

ニ中通訳翻訳研究コース「ニ中同時通訳プログラム」スタート

「日中同時通訳プログラム」というのは、通訳者・翻訳者として活躍することを目指す院生や、既に活躍経験のある通訳者・翻訳者が集う、日本の大学院の中でも唯一、日中通訳・翻訳の授業を受けられるコースです。海外の協定校をはじめ中国でトップクラスの大学や公的機関から派遣留学としての受け入れも行っており、時代のニーズに真に応えることのできる専攻であると確信しています。通訳者・翻訳者がより高いレベルの仕事を社会に還元できるよう、理論研究と技能の研磨の機会を提供するとともに、後進の指導にあたる教師陣を育成することも目的としています。

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求。送料含め無料・2日ほどでお届けします。

このページのトップへ

PAGE TOP