大学ホーム外国語学部杏林大学外国語学部の学びがわかる「ガイゴ・ナビ」英語学科「わたしが大学生になるまで」

AO入試で受験しました。AO入試は出願許可を得るために審査を通過しなければならず、英文和訳課題と面談がその審査内容でした。英文和訳課題のB判定以上がボーダーラインだったので、それを目指して課題に取り組みました。具体的な工夫としては特に文法に注意して訳すようにしました。面談については高校の先生に練習を行っていただきながら、言葉遣いや自己アピールの方法を磨きました。受験の頃、実用英語検定試験にも挑戦していたので、その勉強も課題への取り組みに役立ちました。

私はAO入試で受験しました。受験内容は英文和訳課題・面接・口頭での軽い単語テストでした。まず、英文和訳課題のB判定以上がボーダーラインだったので、それを目指して課題に取り組みました。文法を中心に勉強していました。面接については面接練習を高校で先生に頼み、やってもらっていました。言葉遣いや自分をアピールできるように練習をしていました。受験のころちょうど英語検定を受ける時期だったので、単語はそれを勉強することで賄っていました。

人に教えることが好きで、教えることがうまいと褒めてもらうこともあります。子供も大好きです。この長所を生かすため、英語を人に教えられる立場の人間になりたいと考え、教職課程を履修しています。また、人前で話すことに慣れるために、英語でプレゼンテーションをする授業も履修しています。中学・高校教師に限らず、保育園や幼稚園で英語を教えることも視野に入れています。一方で、海外人に日本語を教える日本語の教師になることも一つの選択肢として考えているので、日本語についての授業も履修しています。

AO入試の課題は難度も高く大変ですが、ほかの入試方法に比べ自分の力を存分に発揮することができます。また知らなかったことを知り、自分の力を高めることにもつながります。実際に私も課題のやり取りで、わからない文法や語彙を理解することができました。また、AO入試は早い時期から行われるので、大学に入る前の準備学習にもなりました。努力すればその成果はきっと自分に返ってきます。是非、頑張ってください。

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求。送料含め無料・2日ほどでお届けします。

このページのトップへ

PAGE TOP