大学ホーム外国語学部杏林大学外国語学部の学びがわかる「ガイゴ・ナビ」観光交流文化学科

観光交流文化学科

「外国語×ホスピタリティ×専門知識・技術」で、観光と交流文化の分野で活躍できる人材を育成します。専門教育スタッフには、ホテルやエアライン、旅行会社等の現場経験者を有し、スタッフによる資格取得・就職活動のためのきめ細かいサポートも行われます。

概要科目一覧

英語学科インテンシブ・プログラム

観光・ホスピタリティ分野で活躍できる人材を育成

観光交流文化学科教授 木崎英司
観光交流文化学科教授 木崎英司

日本には多くの魅力的な観光スポットがあるにも関わらず、日本を訪れる外国人旅行者は他国に比べてけっして多いとは言えません。日本では、「YOKOSO! JAPAN」のスローガンのもと、2013年には、日本を訪れる外国人旅行者数を年間で1500万人にすることを目標に官民が一体となってVJC「VISIT JAPAN CAMPAIGN」を展開しています。

こうした取り組みの中で、訪日外国人旅行者が増えれば、これまで以上に観光業の役割が重要となり、そこに携わる優秀な人材も必要となるわけです。このような背景の中で杏林大学の観光交流文化学科では、観光分野の第一線で活躍することができる人材を育成することを第一の目標にしています。

ビジットジャパンキャンペーン開始以降の訪日外客数の推移

観光交流文化学科の特徴とその魅力

私たちの学科には、3つの大きな特徴と魅力があります。

外国語を習得

外国語学部にある観光系学科として、英語、中国語、韓国語を中心とした外国語を習得する環境が整っています。また、海外の多くの大学と提携し、海外留学期間中に履修した科目の単位を杏林大学の履修単位として換算することも可能です。

学生の個性に合わせた指導

全教員が一人ひとりの学生と親身に接する学科です。大学では珍しく、学科の全教員が学科に在籍する全学生のことを把握しており、学生の個性に合わせた指導を行います。

現場で役立つ教育

学科に在籍する半数以上の教員が、航空会社、ホテル、広告代理店など、観光産業を中心とした企業の第一線で経験を積んでいます。そのためこの学科で学ぶ内容は、教科書の内容にとどまらず、実際の観光産業の現場で役立てることができる内容です。

ニュージーランド留学での出会いが考え方や視野を広げるきっかけになりました

前山彩乃さん観光交流文化学科(旧:応用コミュニケーション学科観光文化コース)3年 静岡県立富士宮西高等学校

 私は、大学入学前から海外の文化や世界中の人びとと関わる仕事に興味をもっていました。今回、大学2年の9月から翌年2月までの約半年間、イギリスのチチェスター大学で英語と現地の文化を学びます。いまは、自分の語学力やホストファミリー、現地の学生との人間関係など不安なこともありますが、失敗を恐れずに積極的にコミュニケーションをとることを目標にしたいと思っています。
 また、まだ将来やりたいことがはっきりと決まっていないので、イギリスの学生に将来に対する考えを聞いたり、日本では知り得なかったことを学んだりして、将来に繋がる何かを見つけたいと考えています。さらに、学業だけに力を入れるのではなく、友人関係を築いたり、イギリスの街並み(町並み)を楽しんだりと、異文化での生活も充実させたいと考えています。
 帰国後はさらに英語力を伸ばすため、勉強への意欲がより強くなることを期待しています。

前山彩乃さん

どんなことを学んでいますか?

田村青香さん

田村青香さん観光交流文化学科(旧:応用コミュニケーション学科観光文化コース)3年 群馬県立高崎商科大学付属高等学校

観光交流文化学科では、英語などの語学分野と航空や宿泊、サービス業など観光産業に関するさまざまな分野について勉強しています。少人数制を採用した講義が多いため、先生方との距離が近く、また同じ観光を学ぶ学生とも深い交流が生まれるため、学びやすい環境が整っているところがこの学科の魅力です。また、先生方の多くが観光関連企業での勤務経験があり、とても貴重な現場での経験談を聞くことができ、幅広い分野に興味を持つようになりました。実際に就業体験をする「インターンシップ」という制度があり、空港や宿泊施設、テーマパークなど、さまざまな派遣先での実践の機会も充実しています。さらに、留学の機会も豊富で、イギリスやアメリカ、オーストラリアなどの英語圏から、中国、韓国などのアジア圏まで多くの提携校があるため、自分の興味を持った国の言語や文化を現地で学ぶことができます。

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求。送料含め無料・2日ほどでお届けします。

このページのトップへ

PAGE TOP