大学ホーム外国語学部杏林大学外国語学部の学びがわかる「ガイゴ・ナビ」中国語教育

中国語教育

CIC

実践中国語習得プログラム「CIC」とは

ビジネスの分野における中国の重要性が増したことで、中国と交流できる人材を世界が求めています。日本と中国は、ともに東アジア圏にあって古くから交流を重ね、漢字に代表される相通じる文化をもっていますが、中国語を使ってコミュニケーションができる人はまだごくわずかです。

CIC(Chinese for International Communication)は、まったくの基礎からはじめて、日常会話はもちろん、留学やビジネスで使えるようになるまで着実にステップアップできる実践中国語習得プログラムです。この効果的なCICで学べば、2年間で中国語が使えるようになるのです。

正しい発音を身につけるための口頭練習

繰り返し口頭で発音。教員から発音に対するアドバイスを受けながら、確実に使える中国取得を目指しています。

PEPで学んだ学生の声

砂川有沙さん

中国語を学ぶきっかけは高校生の時、一言でいうとハマりました!

「どうして中国語を学ぼうと思ったのですか?」とよく聞かれますが、きっかけは高校生の時にあって、一言でいうとハマりました!最初は難しいと感じ、苦手でしたが、出来るようになると楽しい、面白いという感情に変わっていきました。また、人とは違う事をしたいと思った事から、中国語学科に入学しました!杏林大学の先生たちは親身になって教えてくれるので、最高の環境です。今では仲間たちと切磋琢磨しながら勉強を頑張っています!!

 

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求。送料含め無料・2日ほどでお届けします。

このページのトップへ

PAGE TOP