大学ホーム外国語学部杏林大学外国語学部の学びがわかる「ガイゴ・ナビ」英語教育

英語教育

PEP

実践英語習得プログラム「PEP」とは

PEPとはPractical English Programの頭文字。ネイティブスピーカーと同じように英語を使いこなし、英語で考える力を養うために、杏林大学外国語学部が開発したオリジナルトレーニングプログラムです。 私たち日本人は、とくに意識することなく、いつの間にか日本語を身につけています。その過程は、文法知識のつめ込みではなく、生きたことばを「真似る」「慣れる」、そして「覚える」の繰り返しが基本です。外国語学部ではそんな母語の習得課程を2年間のPEPに凝縮。教室の中だけでなく、英語を「口にする」「耳にする」、そして日常の中で「感じ」て「身につける」。キャンパスのすべてのシーンが、プラクティカルな英語力を養う「教室」です。

会話を通して身体で感じる、実践的な授業

外国語学部での英語の授業は、高校までの授業とは少し違うように感じるかもしれません。学生同士がペアになり、実際に会話を行うことで実践的な英語を学んでいます。学生たちにとって刺激的な機会となっています。

PEPで学んだ学生の声

今村彩乃さん

自分の伸びが“わかる”うれしさ

使える英語を学びたいという理由で、杏林大学を選びました。PEPでまさにそれを実感することができました。少人数制で先生方と距離が近いことや工夫されたテキストで勉強できることも、授業へのモチベーションを高めてくれました。2年生からのディクテーション中心の授業は、最初は大変でしたが、今では先の単語を予想しながら聞き取れるようになりました。英語のニュースが聞き取れる日もそう遠くないと思えるほど、リスニング力の向上を自分でも実感しています。TOEIC®の点数を飛躍的に伸ばすことができたのも、1、2先生でのPEPの授業で土台をしっかりと固めていたからこそだと思います。

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求。送料含め無料・2日ほどでお届けします。

このページのトップへ

PAGE TOP