大学ホーム外国語学部中国語学科日中通訳翻訳プログラム

中国語学科では、日中同時通訳界の頂点に立つ塚本慶一教授率いる強力な講師陣を揃え「中国語学科・日中通訳翻訳プログラム」を通じて4年間で世界に通用する中国語のスペシャリストを育てます。基礎的な内容からビジネス会話や通訳翻訳技術といった専門分野までを扱う杏林大学中国語学科独自の教育プログラムで、高度な中国語コミュニケーション能力を備えた「中国語エキスパートの育成」に臨んでいます。

「ゼロスタートクラス」と「既習者クラス」を併設し、基礎から着実にステップアップするためのカリキュラムが用意されています。授業担当者の大半は中国語ネイティブスピーカー・通訳者・翻訳者で、高度な中国語運用能力を養成するための実践的な授業 を行っています。
【設置科目】 「中国語通訳概論」「中国語翻訳概論」「 中国語通訳法」「翻訳演習」「ビジネス中国語会話」「時事中国語」など

交換留学(1年間)、セメスター留学(半年間)、海外研修(1ヶ月間)など多岐にわたる留学制度があり、北京語言大学、北京第二外国語大学、北京外国語大学をはじめとした中国の各名門大学に留学することができます。
長期留学をしない場合でも、中国語サロンや集中講義などさまざまな活動を通じて中国語圏からの留学生との交流を図り、留学組みに負けない中国語力を身につけられます。

「中国語コミュニケーション論」「日中比較文化論」「中国経済概論」「中国政治外交論」といった「本格的に中国を知る」ための授業を通し、中国語運用能力を活かしてビジネスシーンで活躍できる人材の育成を目指します。

中国語圏で日本語学習者が増加しているという高まるニーズに応え、「日本語教員養成プログラム」を併設します。このプログラムを履修することにより、中国語と日本語のプロフェッショナルを同時に養成します。

中国語基礎(CIC+インテンシブ中国語)

1年生のゼロスタートクラスを対象とした授業です。月曜から金曜まで毎日1コマ、週5コマの授業となり、1年間で中国語の基礎を学びます。北京語言大学で使用されているテキストを使って、授業時間中に十分な練習ドリルを行うことにより、着実に力が着くように学んでいきます。

口語中国語Ⅰ

中国語の基礎学習者を対象とし、初級の段階から、書面学習だけではなく、中国語の発音をしっかりと身につけるようにします。CALL教室を使用し、パソコンでの発音チェックや繰り返し文法の練習を行うことで、基礎の学びをしっかりと定着させる為の授業です。

中国語翻訳概論

政治家の演説や映画監督へのインタビューなどを題材に、日本語と中国語の実践的な通訳翻訳を学んでいきます。中国からの交換留学生とともに学ぶことで互いに教えあ合い、切磋琢磨しながら学べます。

中国語通訳法II

日本語と中国語の通訳実践演習が主たる内容です。中国語圏からの留学生もたくさん受講しています。授業は楽しく、厳しく、かつスピーディーに進めます。宿題や練習課題も大量に出されます。その上、徹底したトレーニングをしていくのが特徴です。リアルなビジネスコミュニケーションのシーンを想定した訓練により、即戦力となる通訳・翻訳家の養成をめざした授業です。

中国語音声学

中国語を一定程度学んできた学生を対象とし、中国語の発音について理論と実践の両面から学ぶ授業です。実践訓練として、学生一人一人の発音の状態をチェックしたうえで、必要な矯正と適切な練習を通して、中国語(普通話)の正しい発音習慣を確立することをめざした授業です。

中国語学概論

中国語とはどのような言語であるかについて、発音・文字・語彙・文法の各方面から考える授業です。授業は講義が中心ですが、テーマによってはグループディスカッションなどを取り入れ、話し合いの中で理解を深めたり、自ら答えを導き出してもらったりすることで、中国語の発音・文字についての基礎知識を身につけます。

中国語コミュニケーション論

通訳者としての基礎力養成の第一歩としてのスピーチ・クリニック、スピーチ・コミュニケーション、パブリック・スピーキングを行います。通訳者養成のためのトレーニングを通じ、最終的には、通訳に不可欠な「伝えることの意味」を体感することによって、自分自身の研鑽の糧となるようにします。

中国古典概説

中国の古典、例えば『論語』を知らない日本人はきっと少ないでしょう。でも、「温故知新」という成語が『論語』に由来することを知っている人はどうでしょうか。——こうした例を挙げるまでもなく、日本文化に中国の古典が大きく影響を及ぼしていることを否定する人はいないでしょう。中国の古典を知ることは、すなわち日本文化の基盤を知ることに他なりません。中国の主要な古典を学び、先哲の叡智に触れ、視野を広げることをめざした授業です。

地域圏研究Ⅰ-1 (中国)

中華民国成立前夜から中華人民共和国成立までの政治史の流れが講義の内容です。高校までにほとんど学ぶことがなかったであろう中国近代史を通じて、現代中国を考察する視点を身につけます。


このページのトップへ