search

Menu

大学ホーム外国語学部在学生の方授業・時間割・シラバス履修案内

履修案内

学生の皆さんへ

外国語学部長赤井孝雄

我々の生活や仕事など様々な面で国際化の波が押し寄せています。世界中の物や情報で溢れていると言っても過言ではないと思います。しかしながら、この国際化時代のまっただ中にあって、それに対する我々自身の姿勢や心も十分国際化したと言えるでしょうか。残念ながら、答えは否と言わざるを得ません。物や人、そして情報の移動は地球規模に拡大したとしても、我々の心や精神はまだ鎖国状態から抜け出せていないのではないでしょうか。「異文化の垣根を越えて相互に理解し共存できる人間性そのものを陶冶」するという外国語学部の理念・目的は、このような反省に基づいて定められています。

異文化とのコミュニケーションや相互理解、そのためにはなによりも「言葉」が必要です。外国語学部がめざすものは、「言葉」に堪能な、知性と国際感覚を持った人材の育成にあります。生涯に亘る人生設計を準備する極めて大切な学生時代、自らの人生を切り拓いていく主人公は皆さん自身です。皆さんの夢の実現のために、外国語学部を大いに活用してください。私達は現代社会で活躍する真の国際人を輩出すべく学部のさらなる発展を目指して学生諸君とともに歩んでいきたいと願っています。

建学の精神

杏林大学の建学の精神は「真・善・美の探究」です。

「真・善・美の探究」を通じて、優れた人格を持ち、人のために尽くすことの出来る国際的な人材を育成することが、本学の教育理念です。

学部(学科)の理念・教育研究上の目的、教育目標

理念・目的

外国語学部の理念・目的は、外国語の習得を通じて、「言葉」の持つ豊かな創造性とコミュニケーション機能の可能性を追求するとともに、異文化の垣根を越えて相互に理解し共存できる人間性そのものを陶冶し、杏林大学の建学の精神である「眞・善・美の探究」を広く国際的視野のもとに実現することです。

  1. 英語学科は、異文化の垣根を越えて相互に理解し共存できる人間性そのものを陶冶し、実践的な英語運用能力の開発を通じて、実社会の中で必要な専門的知識を備えた国際的な職業人を養成することを目的としています。
  2. 中国語学科は、社会のニーズに対応できる実践的な中国語運用能力を開発し、高度な知見と技能の修得により、日中間の交流を担う、中国語の高度なコミュニケーション能力を具備した人材を養成することを目的としています。
  3. 観光交流文化学科は、観光産業の現場における有益な人材を輩出するため、充分な外国語運用能力に基づいたコミュニケーション力を修得した上で、正しい異文化理解、さらには産業の現状把握を通じて「ホスピタリティ」を学習し、実践的に応用できる人材を養成することを目的としています。

教育目標

正しい異文化理解に基づく21世紀型世界市民の育成を目指し、実践的かつ高度な外国語運用能力、問題解決能力、良好な対人関係を築くためのコミュニケーション能力や社会人力を身につけた人材を養成する。

学位授与、カリキュラムの方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育目標を達成するため、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、これらをすべて身に付けたと認められる学生に、英語学科は学士(文学)、中国語学科は学士(中国語コミュニケーション学)、観光交流文化学科は学士(観光交流文化学)の学位を授与します。

  • 母語だけではなく外国語(英語・中国語等)の実践的かつ高度な運用能力
  • 自ら問題を発見し、客観的分析と柔軟な発想によって問題を解決する能力
  • 他者の意見を尊重し理解した上で、自らの意見を明確に表現する能力
  • 良好な対人関係を築くためのホスピタリティに溢れたコミュニケーション能力
  • 多様な価値観の認識と正しい異文化理解に立脚したグローバル社会での適応能力

教育課程の編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

教育目標が確実に達成されるよう、以下の方針に沿って教育課程を編成し、実施します。

  • 外国語(英語・中国語等)の実践的かつ高度な運用能力の基盤として、学部独自の外国語習得プログラム(Practical English Program、Chinese for International Communication)を実施する。
  • 外国語の運用能力を高めるため、学年ごとに目標を設定し、その達成度を検証するための共通テストを実施する。
  • 学士課程へのスムーズな移行を図るため「基礎演習」などの初年次教育を充実するとともに、外国語学部の教育目標を踏まえた高大接続の推進を図る。
  • 問題発見力・問題解決力・自己表現力が修得できるような能動的学修方法を取り入れた科目を積極的に導入する。
  • 対人コミュニケーション力を涵養するため、「ホスピタリティ実習」などの実践的科目を配置する。
  • 多様な価値観の認識と正しい異文化理解を深めるため、留学生との知的交流や異文化体験ができる科目を配置する。
  • グローバル社会での適応能力を涵養するため、海外留学・研修・実習プログラムを積極的に導入する。
  • 学士課程終了後の将来設計に資するような「キャリア指導」「インターンシップ」などの科目を配置する。

注意事項について

事務取扱時間について

教務課の事務取扱時間は下記のとおりです。原則として時間外の取り扱いはできません。

平日 9:00〜17:15 土曜 9:00〜13:00 ※日曜、休日は休業です。

掲示について

大学から学生への連絡はすべて掲示によって行います。掲示を見なかったために生じる不利益は学生本人の責任となります。

授業に関する情報(休講、教室変更、試験やレポートの告知など)や、学生への個人連絡なども掲示で行います。

オリエンテーションについて

学期のはじめに、科目の選択・登録・カリキュラムの内容等、学習活動の手引きとなる各種ガイダンスが行われますので、必ず出席するようにしてください。

問い合わせについて

授業についての情報や履修に関する相談は、電話では受付できません。必要のあるときは窓口にて質問してください。

教員との連絡について

クラス担任・オフィスアワー

杏林大学専任の教員は学内に研究室があります。また、各学生に対してクラス担任が配当されており、杏林大学専任の教員が担任として指導にあたる機会(オフィスアワー)が設けられています。授業科目の履修上の相談をはじめ、学習上の問題点や疑問、学生生活に関する相談には、このクラス担任の教員が設けているオフィスアワーを積極的に活用し、学生生活の充実を図ってください。

各クラスの担任は1〜2セメスター生は「基礎演習」、英語学科、中国語学科の3〜4セメスター生は「キャリア指導T」、観光交流文化学科の3〜4セメスター生は「観光基礎演習」、5〜8セメスター生は「ゼミナール」の授業科目担当教員です。

また、オフィスアワーの曜日と時間は「オフィスアワー一覧」で確認してください。

兼任教員(非常勤教員)との連絡方法

学内に研究室はありません。基本的に授業の前後で連絡をとってください。

その他

下記については、別誌『HAND BOOK』の該当筒所を参照してください。

  1. 学籍番号、学生証
  2. 休学・復学・退学・再入学・除籍等
  3. キャンパス内の諸施設の利用
このページのトップへ

PAGE TOP