search

Menu

大学ホーム外国語学部在学生の方授業・時間割・シラバス履修案内

履修案内

卒業の要件

本学部を卒業して学士の称号を得るためには、4年間(8学期)以上在学し、所属の学科(またはコース)ごとに定める単位(下記参照)を含めて、124単位以上を修得しなければなりません(学則第39条第4項)。

また、8年(16学期)を超えて在学することはできません(学則第17条第1項)。

なお、必修となる授業科目、単位数その他の卒業要件は、入学時の規定が卒業まで適用されますので、履修にあたっては十分に注意してください。

学科・コース別の必修科目及び選択必修科目の科目数並びに単位数

2006〜2007年度1年次入学生/2008年度〜2009年度3年次入学生

科目数・単位数 学科・コース 科目数 単位数
専門外国語科目(注1) 専門科目A 専門科目B 専門科目C 専門関連科目A(注2) 合計
英語学科 英語ビジネスコミュニケーションコース 50 16 17 22 9 64
英語教育コース 48 16 17 20 9 62
東アジア言語学科 日本語教育学コース 43 16 14 16 9 55
中国語ビジネスコミュニケーションコース 50 24 14 14 9 61
応用コミュニケーション学科 表現メディアコース 35 16 13 8 9 46
観光文化コース 42 16 13 17 9 55

注1
(1)  学科・コース共通
「英語I〜IV」8科目8単位及び「中国語I〜IV」8科目8単位の合計16単位を必修とする。外国人留学生は、英語または中国語いずれかの替わりに、「日本語I〜Z」の中から8科目8単位を必修とする。(ただし、日本語能力により追加する場合があります。)
(2)  中国語ビジネスコミュニケーションコースのみ
前項の科目のほか、「インテンシブ中国語I〜IV」8科目8単位を必修とする。

注2 「インターンシップI〜IV」は、1科目1単位を選択し、必修とする。

2008年度〜2009年度1年次入学生/2010〜2011年度年度3年次入学生

科目数・単位数 学科・コース 科目数 単位数
専門外国語科目(注1) 専門科目A 専門科目B 専門科目C 専門関連科目A(注2) 合計
英語学科 英語ビジネスコミュニケーションコース 56 16 21 22 11 70
英語教育コース 54 16 21 20 11 68
中国語・日本語学科 日本語教育学コース 45 16 14 16 11 57
中国語ビジネスコミュニケーションコース 52 24 14 14 11 63
応用コミュニケーション学科 表現メディアコース 40 16 16 8 11 51
観光文化コース 47 16 16 17 11 60

※注1・2は前頁を参照してください。

2010年度1年次入学生/2012年度3年次入学生

科目数・単位数 学科・コース 科目数 単位数
専門外国語科目(注1) 専門科目A 専門科目B 専門科目C 専門関連科目A(注2) 合計
英語学科 英語ビジネスコミュニケーションコース 56 16 21 22 11 70
英語教育コース 54 16 21 20 11 68
中国語・日本語学科 日本語教育学コース 45 16 14 16 11 57
中国語ビジネスコミュニケーションコース 52 24 14 14 11 63
応用コミュニケーション学科 40 16 16 8 11 51
観光交流文化学科 51 16 40 2 11 69

※注1・2は前頁を参照してください。

2011年度以降1年次入学生

科目数・単位数 学科・コース 科目数 単位数
専門外国語科目(注1) 専門科目A 専門科目B 専門科目C 専門関連科目A 合計
英語学科 英語ビジネスコミュニケーションコース 50 12 27 11 12 62
英語教育コース 49 12 27 11 12 62
中国語学科 48 16 16 20 12 64
観光交流文化学科 59 16 46 5 11
(注2)
78

注1 英語学科では、「英語I〜IV」8科目8単位及び「中国語I〜II」4科目4単位の合計12単位を必修、中国語学科では、「英語I〜IV」8科目8単位及び「中国語I〜IV」8科目8単位の合計16単位を必修、観光交流文化学科では、「英語I〜IV」8科目8単位及び「中国語I〜IV」8科目8単位の合計16単位、または「英語I〜IV」8科目8単位及び「韓国語I〜IV」8科目8単位の合計16単位を必修とする。外国人留学生は、英語、中国語または韓国語いずれかの替わりに、日本語を必修とする。(ただし、日本語能力により追加する場合があります。)

注2 「インターンシップI〜IV」は、1科目1単位を選択し、必修とする。

転・編入生の卒業要件について

転・編入生は杏林大学に転・編入学時に、原則として62単位の単位を認定されています。入学後、杏林大学を卒業するには、4学期間以上在籍し、62単位以上を修得しなければなりません。その単位の履修は以下のようになります。

  1. 第5学期以降の必修科目は履修しなければなりません。
  2. 履修する学生の語学力によって、教務委員会が外国語科目の単位のとり方について指導する場合があります。その場合は教務委員会の指示に従ってください。

進級の条件

通常の進級条件

第5学期への進級に際して、卒業に必要な総単位数のうち、62単位以上を修得していなければなりません。他の学期への進級には、1単位以上を修得していることが必要です。

留学期(留セメスター)

前項により進級の認定がなされなかった学生は留学期(留セメスター)とし、原級に留めるものとします。

進級できなかった場合の科目履修

留学期(留セメスター)の学生は、当該学期次の未取得科目を履修しなければなりません。
また、そのほか、授業科目担当教員及び教務委員会が協議のうえ、次の配当学期の科目の履修を認める場合があります。

このページのトップへ

PAGE TOP