search

Menu

大学ホーム外国語学部在学生の方授業・時間割・シラバス履修案内

履修案内

試験の種類

授業科目の単位の認定及びその成績は、平常点や平常試験、及び試験(定期試験、追試験、再試験)の総合判定により評価します。

平常点・平常試験

  1. 平常点とは、授業などを通じて行われる学業成績評価の方法をいいます。
  2. 平常試験とは、授業時間中などに随時実施される試験をいいます。

(注) 平常試験は追試験の対象となりませんので、やむを得ない事情により受けることができなかった場合の措置は、授業科目担当教員の判断によりますので、各自で確認してください。

定期試験

定期試験とは、学期末の指定期間に、特別の時間割のもとに実施される試験です。(一部の科目については、指定期間の約1週間前に行う場合があります。)

なお、授業科目によっては、定期試験実施の代わりに、レポート提出を課す場合があります。

追試験

対象者

追試験とは、病気その他の正当な理由により定期試験を受けることができなかった学生に対して、定期試験に代えて実施される試験です。

対象科目

追試験については、該当する学生の受験願に基づき、対象となる科目の授業科目担当教員と教務委員会とが協議のうえ、教授会の承認を経て、試験を実施する科目と学生が決定されます。

手続き方法

追試験を希望する学生は、指定の期日までに教務課に「追試験願」に以下の書類を添付し、提出しなければなりません。提出期間については、掲示板に掲示するので各自確認してください。

追試験申請理由 添付する書類
病気、けがで登校不能な場合 医師の診断書
忌引き、近親者が重病の場合 会葬礼状(コピー可)または保証人の連署押印した書類
電車・バスの遅延 遅延証明書
事故及び災害 事故・災害を証明する公的機関が発行した書類

注)  1 「忌引き、近親者が重病の場合」の対象となるのは、2親等以内の親族とする。
2 自家用車・バイクの通学は、すべて本人の責任において行うものとし、事故・渋滞等により定期試験が受験できなかったとしても、追試験の対象とはならない。
3 上記の取り扱いは、授業時間中などに実施される試験(平常試験)は除きます。
4 追試験として受験が認められた科目が、再試験の対象科目となった場合は、再試験として受験するものとする。

再試験

再試験の受験は以下の条件のもと、教授会の承認を経て、受験が許可されます。

対象者

ア 再試験は、第4学期及び最終学期(第8学期)においてのみ実施される。
イ 進級及び卒業に不足する単位数が、6単位以内の場合にのみ、次に定める対象科目のうち、6単位を上限として実施される。

対象科目

ア 当該科目の単位の修得により、進級または卒業が可能となるものに限られる。
イ 当該学期において履修し、不合格の評価を得たものに限られる。
ウ 当該科目の定期試験が実施されている場合は、受験していなければならない。

手続き方法

第4学期から第5学期への進級保留者及び最終学期の卒業保留者は、春学期は8月下旬、秋学期は2月中旬頃に掲示にて発表されます。保留者となった者は、下記のとおり手続きを行ってください。

(a) 発表当日に行う保留者説明会に必ず出席すること。(出席しないと再試験が受験できない場合があります。)
(b) 再試験の対象科目がある場合は、説明会での指示に従い速やかに申請を行うこと。

(注) 学生証と受験料(1科目 2,OOO円)が必要となります。

(c) 再試験の日程・時間割・実施方法については、再試験期間の数日前に掲示するので、各自掲示板で確認すること。

試験に関する一般的な注意事項

受験資格についての注意事項

  1. 学期のはじめに履修登録をした科目についてのみ、受験することができます。また、追試験や再試験については、所定の受験願などの手続きをして、許可された場合にのみ、受験することができます。
  2. 実授業回数の3分の2以上の出席をしていない場合や、その他、授業科目ごとに指定された条件を欠く場合には、その科目の試験を受験できないことがあります。
  3. 授業料その他の学納金を納めていない者は受験資格がありません。

試験実施にあたっての注意事項

  • 試験の時間割、科目ごとの実施方法、その他の注意事項は、原則として掲示により発表します。その他、平常の授業時間中などにも、しばしば小テストや試験が実施されますので、授業時間中の指示にも注意してください。
  • 定期試験の実施時間帯は、通常の授業時間帯と異なりますので注意してください。試験の実施日時を間違えると試験を受けることができず、追試験の対象にもなりません。

受験にあたっての注意事項

  1. 指定された試験場で受験してください。同一科目であっても、在学学期・学籍番号によって、試験場が異なる場合がありますので注意してください。
  2. 試験場には学生証を必ず持参してください。学生証を持参しない者は受験できません。学生証を忘れた場合には、「定期試験時の学生証事故届」を発行してもらってください。ただし、「定期試験時の学生証事故届」は、試験当日を含め4日以内に教務課に学生証と共に提示し、照合を受けてください。前項の手続きを行わない場合は、不正行為とみなされます。
  3. 受験にあたっては、授業科目担当教員や係員の指示に従わなければなりません。
  4. 試験開始後20分を越えて遅刻した者は、受験することができません。
  5. 学籍番号・氏名をはじめ、答案用紙の所定の記入事項は、読み易く、丁寧に記載してください。
  6. 不正行為を行った者は、内規に従って厳重に処分されます。私語その他疑義をまねくような態度も控えるよう注意してください。
    なお、試験にかわるレポートの場合もこれを準用します。

3学部合同科目の試験

八王子キャンパス内にある3学部による合同科目(外国語学部では、専門関連科目の一部の科目)の試験は、定期試験期間内で1日から2日の試験日を設けて実施します。

レポート提出に関する注意事項

科目によっては、試験実施の代わりに、レポート提出を課す場合があります。授業科目担当教員からレポート提出の指示があった場合は、次の事項に注意しなければなりません。

  1. 提出するレポートには、各自表紙をつけ、その表紙には、科目名・授業科目担当教員名、提出者の学籍番号・氏名、提出年月日を明記してください。
  2. レポートは必ず綴じて提出してください。
  3. 提出場所は、原則として、教務課内レポートボックスとします。その旨を掲示しますので、指示に従ってください。
  4. 一度提出したレポートについては、以後、内容の変更・訂正は認められません。提出前に十分に注意してください。
  5. 提出期限と指示された提出場所を厳守してください。これらに違反したレポートなどの提出物は、一切無効とします。
  6. その他、授業科目担当教員の指示に従ってください。

このページのトップへ

PAGE TOP