search

Menu

大学ホーム外国語学部基本情報教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 千野 万里子
教員名フリガナ チノ マリコ
職位 准教授
所属 中国語学科
研究テーマ・分野 中国語学
担当科目(学部) 中国語,観光中国語,インテンシブ中国語,中国語学概論,中国語文法論,言語の歴史(中),ゼミナール
略歴 共立女子大学国際文化学部卒業
共立女子大学大学院比較文化研究科修士課程修了
千葉商科大学・津田塾会(警視庁委託北京語研修)非常勤講師
2003年10月 杏林大学外国語学部助手
2005年10月 杏林大学外国語学部専任講師
2011年 4月 杏林大学外国語学部准教授
2016年 3月 杏林大学大学院国際協力研究科 博士(学術)
所有する学位 学士(国際学)、修士(学術)、博士(学術)
論文・著書等を含む
主要研究業績
論文:
・「“没”について(1)-―唐詩に見える用例を中心に―」,2005年3月,杏林大学外国語学部紀要第17号,pp.245-264。
・「『儒林外史』に見える“只得”について」,2006年3月,杏林大学外国語学部紀要18号,pp.213−223。
・「『儒林外史』に見られる禁止表現について」,2009年3月,杏林大学外国語学部紀要第21号,pp.217−230。
・「現代中国語に見られる近世中国語の影響(2)―『紅楼夢』を資料とした調査項目の抽出―」,2011年3月,杏林大学外国語学部紀要第23号,pp.113−136。
・「現代中国語に見られる近世中国語の影響(3)―禁止否定を中心に―」,2012年3月,杏林大学外国語学部紀要第24号,pp.213-242。
・「現代中国語に見られる近世中国語の影響(4)―使役・受身表現を中心に―」,2013年3月,杏林大学外国語学部紀要第25号,pp.219-240。
研究発表:
・「同義並列語に見られる南北差」,2012年10月,日本中国語学会第62回全国大会,於同志社大学京田辺キャンパス。
その他:
・(共著)『中国語レッスン70』,2007年4月,晃洋書房。 
・「現代中国語に見られる近世中国語の影響(1)―『儒林外史』を資料とした調査項目の抽出(研究ノート)―」,2010年3月,杏林大学外国語学部紀要第22号,pp.141−158。
(単著)『現代中国語にみられる近世中国語の影響―『紅楼夢』と『儒林外史』を資料として―』,2017年3月,晃洋書房。
所属学会 日本中国語学会、中国近世語学会
ひとことメッセージ 2011年度より中国語学科が新設されました。中国経済が驚異的な発展を続ける中、世界中の人々が中国を目指し、また、中国からも多くの人々が世界に進出しています。中国語の需要はますます高まっており,中国語に通じた人材がさまざまな分野で求められています。中国語をしっかり学びましょう。将来にきっと役立つはずです。
関連サイト 教員が語る研究することの面白さ
このページのトップへ

PAGE TOP