search

Menu

大学ホーム外国語学部基本情報教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 倉林 秀男
教員名フリガナ クラバヤシ ヒデオ
職位 准教授
役職・委員(大学) 【学部】入試委員【大学】教職課程委員
所属 英語学科・英語ビジネスコミュニケーションコース
研究テーマ・分野 英語学(文体論)、英語教育、アメリカ文学(特に20世紀の作家)
担当科目(学部) 英語I、言語学、現代英語講読I、英語科教育法、基礎演習、教職実践演習、ゼミナール、卒業論文
略歴 1999年 杏林大学外国語学部英米語学科卒業
2001年 獨協大学大学院外国語学研究科英語学専攻博士前期課程修了(修士:英語文化)
2003年 The University of Newcastle, Australia 修士課程修了(応用言語学専攻:Master of Applied Linguistics)
2005年 獨協大学大学院外国語学研究科英語学専攻博士後期課程単位取得退学
秋草学園高等学校、西武学園文理高等学校、川口市立芝東中学校、足立学園中学・高等学校非常勤講師を経て
2005年4月杏林大学外国語学部専任講師
 (2006年4月-2011年3月 中央大学商学部非常勤講師
  2006年4月-現在 桜美林大学文学部・リベラルアーツ学群非常勤講師)
2009年4月 杏林大学外国語学部准教授(現在)
(2011年4月- 獨協大学外国語学部交流文化学科非常勤講師)
所有する学位 学士(文学)、修士(英語文化)、Master of Applied Linguistics
所有する資格等 中学校教諭専修免許状(英語). 高等学校教諭専修免許状(英語)
論文・著書等を含む
主要研究業績
[学会発表]
●2008.6 日本文体論学会第93回大会「新聞記者が作家になるとき-Ernest Hemingwayを例に-」(於 立正大学大崎キャンパス)
●2008.11 日本e-Learning学会2008年度秋季学術講演会「発信型英語教育におけるSNS活用事例」(於 京都情報学院大学院大学)
●2009.9 JACET(大学英語教育学会)第48回全国大会ポスターセッション「杏林大学外国語学部「使える・話せる」実践英語習得プログラム」(於 北海学園大学  岩本和良氏、八木橋宏勇氏との共同報告)
●2009.11 JALT(全国語学教育学会)2009年度大会 "Task-based instruction for college EFL writing" (於 静岡県コンベンションアーツセンター、First author: Takeda, Aya - University of Hawaii at Manoa; Kurabayashi, Hideo - Kyorin University)
●2010.03 AAAL (American Association for Applied Linguistics) 2010 Annual Conference "Integrating Task-based Language Teaching into English as a Foreign Language Writing Instruction" Aya Takeda (University of Hawaii at Manoa) Hideo Kurabayashi (Kyorin University) (at Sheraton Atlanta Hotel, Atlanta GA, USA)
●2010.08 第28回ビジネス英語文化研究分科会例会 「広告表現から考察する日本語的思考と英語的思考」(於 関西外国語大学中宮学舎)
●2010.09 JACET(大学英語教育学会)第49回全国大会 「杏林大学の英語教育効果測定: TOEICテストの効果的活用の試み」(於 宮城大学 高木眞佐子氏、岩本和良氏との共同発表)
●2010.12 日本ヘミングウェイ協会第21回全国大会 ワークインプログレス 「ヘミングウェイ作品における『意識の流れ』と『内的独白』の文体」(於 関東学院大学関内メディアセンター)
●2012.06 「文学作品の曖昧性 ― ヘミングウェイ作品における曖昧性について―」(日本文体論学会101回大会 於 日本大学法学部)
●2012.10 「Story-Retellingを中心とした英語発信能力養成のための基礎研究」倉林秀男・田村恵理・フェアバンクス香織(外国語教育メディア学会129回研究大会、於 東洋学園大学)
●2013.01(ワークショップ)「Hemingway作品を読み解く−語用論、文体論、認知言語学の接点を求めて」司会:深田智、コメンテイター:大沼雅彦、「文学と言語学の狭間でヘミングウェイを読む−揺れ動く解釈と登場人物の心理−」(日本語用論学会第15回年次大会 於 大阪学院大学)
●2013.05 (ワークショップ司会・講師)「ヘミングウェイを精読する−細かく読むからこそ見えてくるヘミングウェイ作品」、「表現にこだわって “A Simple Enquiry”を読んでみる」(日本ヘミングウェイ協会ワークショップ 於 東北大学)
●2013.08.31 JACET(大学英語教育学会)第52回全国大会ポスターセッション Kyorin Approach to Going Global
共同研究 スノードン・ポール、坂本ロビン、倉林秀男、岩本和良 於京都大学
●2013.10.13 (ワークショップ 講師)「アメリカ文学と精読」.『アメリカ文学をディベート,精読,多 読する』日本アメリカ文学会第52回全国大会ワークショップ.於明治学院大学
●2013.12.21 「it と that に隠蔽された意味とは?―“The Sea Change” と “Hills Like White Elephants”の解釈を巡って―」日本ヘミングウェイ協会第24回全国大会ワークイン プログレス.於内田洋行東京ユビキタス協創広場 CANVAS
●2014.12(コーディネーター)ヘミングウェイ協会 第25回全国大会「ワークインプログレス」於 関西学院大学西上ヶ原キャンパス
●2015.09(研究発表)「わかりやすい公共サインのあり方を考える」(本田弘之、岩田一成との共同発表)、第36回社会言語科学会研究大会、於京都教育大学
●2015.12(シンポジウム:コーディネータ・講師)「ヘミングウェイの文体」日本ヘミングウェイ協会 第26回全国大会 於 内田洋行CANVAS
●2016.07(研究発表) “Hemingway’s Acquisition of Prose Style” The XVIIth Biennial International Ernest Hemingway Conference at Oak Park, Illinois.
●2016.11(シンポジウム:コーディネータ・講師)「英語らしさと<相同性> 文化と表現・スタイルについて考える」日本文体論学会 第110回大会 於 愛知産業大学
●2017.02 (研究発表)「フィッツジェラルドの英語」研究序章、日本F.スコット・フィッツジェラルド協会 2017年第1回東京研究会、明治大学駿河台キャンパス

[学術論文]
●2000.09「Hemingway’s “The Short Happy Life of Francis Macomber”における視点と語りの分析」『英語文化研究』21号 獨協大学大学院
●2001.02「ヘミングウェイの文体なるもの-『フランシス・マコーマの短い幸福な生涯』をめぐって-」『英語文化研究』22号 獨協大学大学院
●2001.09「“The Short Happy Life of Francis Macomber”における衝突の構造-会話分析を中心として-」『英語文化研究』23号 獨協大学大学院
●2002.09「In Our TimeにおけるHemingwayの文体的「揺れ」の持つ効果」『英語文化研究』24号 獨協大学大学院
●2002.03 「Ernest Hemingwayの文体再考-Thought Presentationを中心に」『文体論研究』48号 日本文体論学会
●2003.02“The Early Style of Hemingway’s Short Stories”『英語文化研究』26号 獨協大学大学院
●2004.02“(In)Definite Article in Fiction: interpretation and effects”『英語文化研究』28号 獨協大学大学院
●2005.03「ヘミングウェイの“The Short Happy Life of Francis   Macomber”に見られる衝突の構造」『文体論研究』51号 日本文体論学会
●2005.06「会話分析を通してヘミングウェイ作品を読む “The Short Happy Life of Francis Macober”の場合」『ヘミングウェイ研究』6号 日本ヘミングウェイ協会
●2006.06「For Whom the Bell Tollsにおける文体 −定冠詞と不定冠詞から解釈へのアプローチ」『ヘミングウェイ研究』7号 日本ヘミングウェイ協会
●2007.03「中学校における英語教育の現状と諸問題」『杏林大学外国語学部紀要』19号 杏林大学
●2008.3「アーネストヘミングウェイの短編小説に見られる文体 “The Doctor and the Doctor’s Wife”の場合『杏林大学外国語学部紀要』第20号 (杏林大学外国語学部)
●2009.3 「広告とコマーシャルが語る英語の文化 -広告・コマーシャル表現に見られるオーストラリア」pp.161-174. 吉村耕治編『現代の東西文化交流の行方II -文化的葛藤を緩和する双方向思考-』大阪:大阪教育図書
●2010.03「E.A. Poeの詩とメタファー -Death Metaphorを巡る認知的解釈-」『杏林大学外国語学部紀要』第22号(杏林大学外国語学部)
●2011.03 (共著)「ESPとしての新しい『ビジネスイングリッシュ』の授業の構築とその語用論的背景」(倉林秀男・遠山菊夫)『杏林大学外国語学部紀要』第23号(杏林大学外国語学部)
●2012.03(共著)「英語教員養成における諸問題−教育システムの包括的点検と再構築に向けて−」(倉林秀男・海谷千波)『杏林大学研究報告 教養部門』第30巻(杏林大学)
●2013.3 (論文)「コミュニケーションを通した英語の学習指導―教員養成・研修の視点から―」.『杏林 大学研究報告教養部門』第31巻.杏林大学(海谷千波氏との共著論文)
●2016.3 (論文)「言語教育と文学教育の融合:英語文法に文学作品を使うことについて」『Encounters』第4巻 獨協大学外国語学部交流文化学科
●2016.3 (論文)「The Great Gatsbyにみられる文体的特徴」『杏林大学外国語学部紀要』第27号.
●2016.06(論文)「ヘミングウェイの文体を考える前に」『ヘミングウェイ研究』17号
●2016.06(論文)「ヘミングウェイの語りの文体」『ヘミングウェイ研究』17号
●2017.01 (論文)「英語教員養成に於ける意義のある文学教育とは」,『教職研究』第1号.桜美林大学
●2017.01(書評)「『パット・ホビー物語』F.スコット・フィッツジェラルド (著), 井伊順彦、今村楯夫 他 (翻訳) ,風濤社」『週刊読書人』2017年1月20日号
●2017.02 (論文)「英語科指導法に接続可能なアクティブ・ラーニングを取り入れた文学教育の可能性」,『教職課程年報』第11号.桜美林大学
●2017.03(論文)「コア・カリキュラムを見据えた英語科教育法のコースデザインのための現状分析」,『教職課程年報』第3号. 杏林大学
●2017.03 (論文)「文化とスタイルの英語らしさ」,『Encounters』第5巻.獨協大学外国語学部交流文化学科

[書籍]
●2017『街の公共サインを点検する』共著(大修館書店)
●2012「ニックのイニシエーションは成功したのか―文体論とヘミングウェイ研究の接点を求めて」、『アーネスト・ヘミングウェイ 21世紀から読む作家の地平』日本ヘミングクェイ協会 編所収(共著)臨川書店
●2012.7(事典編集・項目執筆)『ヘミングウェイ大事典』(今村楯夫・島村法夫 監修)勉誠出版

詳細は、以下のサイトをご覧ください。
http://enjoy1.bb-east.ne.jp/~hideo/
所属学会 日本文体論学会(運営委員)、日本ヘミングウェイ協会(運営委員)、日本英文学会(事務局ウェブマスター)、アメリカ文学会、日本F.スコット・フィッツジェラルド協会など
ひとことメッセージ 杏林大学を卒業し、教員となり再び母校に戻ってきました。杏林で出会った友人、恩師、学んだこと全て、今の僕の大きな支えとなっています。今度は、僕の番です。皆さん後輩を少しでも支えることができるよう努力していきます。外国語学部に入学したからには、母国語のほかに、もうひとつの言語を地道な努力の積み重ねで習得してください。そして外国語を習得することがゴールではなく、身につけた言語を卒業後の自分にどう役立てるかをしっかり考えてみましょう。将来へのチャンスが、杏林大学にはたくさん転がっています。皆さん一人一人が自分でチャンスを見つけ出し、手に入れられるように応援する。それが、僕たちの仕事です。
関連サイト 教員が語る研究することの面白さ
このページのトップへ

PAGE TOP