search

Menu

大学ホーム外国語学部基本情報教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 古本 泰之
教員名フリガナ フルモト ヤスユキ
職位 准教授
役職・委員(大学) 観光交流文化学科責任者、地域交流推進室長(地域交流委員長)、杏林CCRC拠点推進委員、第三次中期計画委員、学園・ホームページ委員、学部・学生委員会副委員長、羽村市・杏林大学連携協議会副会長、学校法人杏林学園と三鷹市との連絡会作業部会員(地域貢献部会・部会長)
所属 観光交流文化学科
研究テーマ・分野 観光開発論、観光文化施設論
担当科目(学部) 国際観光論、地域と大学、フィールドスタディ(湯沢)、大学入門、キャリア指導1、ゼミナール、卒業論文・課題指導、学際演習(総合政策学部)
略歴 広島県広島市生まれ。
1999年 立教大学社会学部観光学科 卒業
2001年 立教大学大学院観光学研究科観光学専攻博士課程前期課程 修了
2005年 立教大学大学院観光学研究科観光学専攻博士課程後期課程 単位取得満期退学
2005年 杏林大学外国語学部 着任
[非常勤講師]
川村学園女子大学観光文化学科(2016年〜)
(このほか東京立正短期大学・信州短期大学・立教大学・帝京大学で担当)
所有する学位 学士(社会学)、修士(観光学)
論文・著書等を含む
主要研究業績
[主たる著書・論文など(2005年度以降)]
2014(単著)「観光地域における「芸術活動」の観光資源化としての美術館集積−静岡県伊豆高原地域・長野県安曇野地域を事例として−」『日本国際観光学会論文集』,第21号.
2013(単著)「博物館と美術館」『よくわかる観光学1』,朝倉書店.
2013(単著)「静岡県伊豆高原の観光地形成過程においてアートイベントが果たした役割」『杏林大学外国語学部紀要』,第23号.
2012(単著)「書評:真板昭夫・石森秀三・海津ゆりえ編著(2011):エコツーリズムを学ぶ人のために」『観光ホスピタリティ教育』,第6号.
2011(共著)「博物館・美術館」『よくわかる観光社会学』,ミネルヴァ書房.
2011(単著)「書評:山口一美・椎野信雄編著(2011):はじめての国際観光学」『観光ホスピタリティ教育』,第5号.
2010(共著)「大学の観光教育における就職支援の試み「就職活動シミュレーション」『観光ホスピタリティ教育』,第4号.
2009(共著)「付論 観光学の入門書・概論書からみる観光研究の広がり」『観光学全集第1巻 観光学の基礎』,原書房.
2009(共著)「観光まちづくりの事業主体に関する研究」『産業構造の高度化(その3)−経済社会の変化とその産業構造に与える影響』,日本産業リサーチセンター受託研究報告書−別冊.
2009(単著)「観光地域形成における美術施設の設立と集積−静岡県伊東市伊豆高原地域を事例として−」『杏林大学外国語学部紀要』,第21号.
2007(共著)『観光実務ハンドブック』,有斐閣.
2007(共著)『観光学大事典』,木楽舎.

[主たる学会発表(2005年度以降)]
2013(共著)「地域の文化資本から見た観光地の価値の古典化について」日本観光研究学会第28回全国大会
2008(共著)「Podcastを用いた観光学音声資料配布システムの作成」日本観光研究学会第23回全国大会
2008(共著)「「就職活動シミュレーション」の成果と課題」日本国際観光学会第9回全国大会
2008(共著)「Podcastを用いた観光学音声資料配布システムの作成」日本観光研究学会第23回全国大会.
2006(共著)「観光を学ぶ学生の旅行経験と生活志向」日本観光研究学会第21回全国大会.
2005(共著)「文科系学部におけるe-learning開発の試みと実践」日本e-learning学会2005年度学術講演会.
所属学会 日本観光研究学会、日本観光学会、総合観光学会、日本観光ホスピタリティ教育学会(理事・事務局)、日本国際観光学会、日本ミュージアム・マネジメント学会、韓国・観光レジャー学会
公的な委員会等の
役員・委員歴
八王子市学園都市ビジョン検討会委員(2016年10月〜:座長)、三鷹市観光に関する基本方針(仮称)検討委員会委員(2016年7月〜:委員長)八王子市シティプロモーション戦略の推進に関する懇談会委員(2014年10月〜2015年3月)、三鷹市公民館運営審議会委員(2014年10月〜)、三鷹市町会等地域自治組織活性化事業選考委員(2014年10月〜)、道の駅八王子滝山・運営委員(2013年10月〜)、大学コンソーシアム八王子・産学公連携部会員(2006年〜、2013年10月〜:部会長)、大学コンソーシアム八王子・地域貢献ワーキンググループ(2009年4月〜、2012年4月〜:座長)、八王子市「伝統文化ふれあい事業」実行委員(2008年〜、2014年4月〜:会長)、羽村市生涯学習基本計画審議会委員(2010年〜2011年)、高尾エリア観光振興会議委員(2008年)、葛飾区「かつしかの魅力プロデュース会議」委員(2006年)
学外活動 立教観光クラブ(2001年〜、理事・運営委員)、関東男子バスケットボール連盟(2015年〜2016年、理事)
ひとことメッセージ 皆さんが「観光」という言葉に対して持つイメージは、ホテルや航空会社など、産業の現場での接客といった華やかなものかもしれません。そのイメージへのあこがれ・夢を持つことはとても大切です。

ただ、観光は、それだけにとどまらない社会全体に幅広い影響を及ぼす現象で、その中には観光地にどうやってお客さまが来てくれるのか、異文化コミュニケーションのあり方など、たくさんの完全には解明されていないテーマがあり、現在世界中の多くの人々が取り組んでいます。

観光を勉強するということは、就職に役立つだけではなく、知的な冒険でもあるのです。そんなチャレンジングな分野について少しずつ一緒に学んでいければと思います。
関連サイト 教員が語る研究することの面白さ
このページのトップへ

PAGE TOP