search

Menu

大学ホーム外国語学部基本情報教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 井手 拓郎
教員名フリガナ イデ タクロウ
職位 准教授
所属 観光交流文化学科
研究テーマ・分野 観光まちづくり
担当科目(学部) フィールドスタディII・IV、プロジェクト演習I・II、観光マーケティング論、観光交流文化特論V、多摩八王子観光論、キャリアデザインI・II、インターンシップ、ゼミナール−1・2・3、卒業論文・課題指導
略歴 立教大学観光学部観光学科、立教大学大学院観光学研究科博士課程前期を経て、広告代理店入社。おもに「環境コミュニケーション」をテーマに、企画・制作に従事。2010年4月杏林大学観光交流文化学科講師、2014年4月より現職。
所有する学位 修士(観光学)
論文・著書等を含む
主要研究業績
2003(単著)「上高地地域におけるマイカー規制に対する利用者の評価に関する研究」『日本観光研究学会全国大会研究発表論文集』No.18,pp.277-280.

2004(単著)「日本の国立公園におけるマイカー規制に関する研究−規制に対する利用者の意識の視点から−」立教大学観光学研究科修士論文,102p.

2005(単著)「観光産業の環境経営に関する研究−取り組み内容の現状把握を通して−」『日本観光研究学会全国大会研究発表論文集』No.19,pp.257-260.

2013(単著)「大学の観光教育におけるキャリア教育研究課題は何か?」『杏林大学外国語学部紀要』第25号,pp.303-326.

2014(単著)「大学におけるキャリア教育は何を目指すのか−教育目標の構成−」『杏林大学外国語学部紀要』第26号,pp.85-97.

2015.9(単著)「観光まちづくりに関する研究課題−既往研究の把握を通して−」日本建築学会大会(関東)2015年9月5日.於 東海大学湘南キャンパス

2015.11(研究発表)大屋千鶴,井手拓郎,亀崎路子,山下真理子,佐々木裕子,楠田美奈,太田ひろみ:「大学生と当事者の連携による発達障害児の余暇支援ネットワーク生成に関する研究」、第74回日本公衆衛生学会総会 学術講演会,長崎,2015年11月4日-11月6日.

2015(単著)「大学の観光教育におけるキャリア教育モデル試論」『杏林大学外国語学部紀要』第28号,pp.187-200.

2016(研究発表)Introduction Process of Tourism-based Community Development: The Onpaku Model Introduction Process in Japan as an Object of Study、2016 International Conference of Asia-Pacific Planning Societies、Full paper:8p. 2016年8月25〜27日.於 Chinese Culture University, Taipei, Taiwan. [アブストラクト審査有]

2016(研究発表)「日本における観光まちづくり手法“オンパク”の導入実態−4事例の比較を中心に―」、第41回まちづくり都市政策セミナー、2016年10月22日.於 法政大学市ヶ谷キャンパス

2017(共著)楠田美奈,場家美沙紀,井手拓郎,亀崎路子,佐々木裕子,大屋千鶴,山下真理子,赤嶺恵理,太田ひろみ:「大学生と当事者の連携による発達障がい児の余暇活動支援の成果と今後の課題」『平成28年度杏林大学杏林CCRC研究所紀要』pp.23-27.

2017(単著)「観光まちづくりにおけるリーダーの発達プロセスに関する研究−別府ハットウ・オンパクのリーダーを対象に−」『観光研究』Vol.28,No.2、印刷中、日本観光研究学会.[査読有]

2017(単著)「オンパク導入地域のリーダーの発達プロセス〜質的分析手法SCATを用いた探索的検討〜」『計画行政』40巻2号、印刷中、日本計画行政学会.[査読有]
所属学会 日本建築学会、都市計画学会、日本計画行政学会、日本観光研究学会、日本観光ホスピタリティ教育学会
公的な委員会等の
役員・委員歴
平成27年度羽村市まち・ひと・しごと創生計画懇談会委員
ひとことメッセージ 観光現象にはさまざまな事柄が関係します。さまざまな事柄とは、観光をする人、観光対象としての風景・動植物・歴史・文化、観光を経済活動につなげる人・施設・技術・情報、などです。つまり、観光現象をテーマにすると、広く深く、さまざまなことを学ぶことにつながるのです。私たちと一緒に“学び”を広げ、深めていきませんか?

「学びは楽しい」
みなさんとお会いし、学びあえることを楽しみにしています。
関連サイト 教員が語る研究することの面白さ
このページのトップへ

PAGE TOP