ホーム >  学生のつぶやき  > 【ゼミ連便り】渡辺ゼミの紹介

はじめまして。渡辺ゼミ3年の村島亮介です。
今回は、私の所属する渡辺ゼミについて紹介させていただきます。

みなさん、渡辺剛先生をご存知ですか?
ご専門はアジア政治、講義は国際関係論、外交政策論、国際政治論などを担当していらっしゃいます。
講義を受けている方の中には、「過激だなぁ」とか、「ちょっと、怖い」などのイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思います。
何を隠そう、僕も、そう思います!
ですが、そのようなイメージの反面、ゼミでの先生は、リアリストですから手厳しい面もありますが、学生の立場に立って、親身になって学生の相談に乗って下さります。現実を踏まえた適切なアドバイスに、いつも感謝しています。

さて、本題に戻りますが、渡辺ゼミでは、毎週、共通又は任意のテーマについてディベートを行います。報告担当者は、書籍やインターネットを使ってテーマについて調べあげ、プレゼンテーションを行います。それを受け、ゼミ員全員で、内容を深く掘り下げ、議論を進めていくのです。
1回のゼミでの報告は2本。今回は、オバマ米大統領の広島訪問、そして、EU離脱の是非を問う英国の国民投票をテーマに議論が行われました。報告に際し、最初から完全なレジュメを提出することはなかなかできません。ですが、先生が段階を踏んでアドバイスして下さるため、報告の質を徐々に上げていくことができるのです。

ゼミ選びで迷ってる1年生のみなさん、渡辺ゼミに1度は足を運んでみてください!

  • Facebook
  • Twitter

COPYRIGHT © KYORIN UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED