search

Menu

大学ホーム>総合政策学部>卒業生の声>青木 真澄 総合政策学科 2009年度 卒

杏林大学総合政策学部トップページへ戻る
卒業生の声
総合政策学部で学んだ知識や教養、経験を活かして社会で活躍する先輩たちに、それぞれの仕事を通じて感じる杏林の魅力や、人や未来への想いなどについて、メッセージをもらいました。

卒業生の声トップに戻る

「街に、新しい人の流れを生み出す」仕事に、杏林で磨いた思考力、表現力が活きています。

青木 真澄 総合政策学科 2009年度 卒

日本電設工業株式会社 営業統括本部 JR事業部 営業課

総合政策学部での「地域活性化」の講義をきっかけに、街づくりに興味をもち、都市開発の最前線で活躍できる今の仕事を選びました。現在は、日本を代表する鉄道グループを お客様として、駅ビルなどの商業施設における、電気設備の提案・営業を担当しています。

街に大きなインパクトを与える商業施設のインフラを支えていることに、大きなやりがいを感じますし、私の手がけた建物によって、新たな人の流れが生まれた街並を見るのは何よりの楽しみです。

また、仕事の中では、お客様だけでなく、社内の設計、施工など関連部署との調整が求められており、複眼的思考や、自分の考えを的確に伝える表現力は欠かせません。このような力を発揮する上で、大学時代にゼミやプレゼン大会で鍛えた経験が活かされているのを実感しています。

今後も杏林で培った力を土台として、豊かな街づくりにもっと貢献していきたい、そう思っています。

他の先輩のメッセージも見てみよう

写真・文 提供 株式会社 毎日コミュニケーションズ
このページのトップへ

PAGE TOP