大学ホーム総合政策学部 2人のストーリー

2人のストーリー あこがれのファッション業界へ! これといってやりたいことがないけど…

「好き」をカタチにするまでのケーススタディA「好き」が見つかっていなかった僕の場合

これといってやりたいことがない。でも数学と社会は得意かも・・・それが、僕の出発点。
僕のPROFILE 東京在住 趣味:フットボール、洋画鑑賞 性格:おっとり 特技:ギター(洋楽専門)

1年次『好きが見つかる』

世界の経済っておもしろい! 数学と社会に関連する「経済」「会計」「政治」「国際関係」などのベーシック科目を履修しました。もともと外国へのあこがれをもっていたので、「国際関係」も選択してみたんですが、これがすごくおもしろくて。世界の経済についてさらに深く知りたくなりました。

だから杏林大学!英語が身につきやすい環境が整っている

1年次は英語が必須となっており、ネイティブスピーカーの教員から会話を学ぶこともできます。授業外でも、ネイティブスピーカーと話せる「語学サロン」でコミュニケーションスキルをさらに向上させられるなど、英語が得意でなくても自然と身につく環境を整えています。

僕が感じた、ココがGOOD!

1年次に、いきなりコースを決めなくていいのが大きかったです。幅広く学びながら、自分の進路をじっくり見定めることができました。

2年次『好きを育てる』

国際経済とその周辺についてもっと知りたい! 国際経済を学ぶため「経済コース」を選択。海外志向の強い僕はグローバルな視点も身につけたいと思い、他コースの「国際関係」の科目も履修しました。世界の経済や政治について学ぶうち、海外の企業と仕事がしたいと思うようになっていきました。

だから杏林大学!ゼミナール合宿で海外へも行ける

2年次からは少人数で学びを深めるゼミナールがスタート。海外合宿をはじめ、一人ひとりの世界を広げるチャンスを数多く用意しています。

僕が感じた、ココがGOOD!

専門にしていきたい分野を決めた後でも別コースの科目をとることができるんですが、幅広く学ぶことで、逆に自分の方向性がハッキリしていくのがわかりました。

3・4年次『好きに向かって走る』

夢は、銀行の国際部門で活躍すること! 自分の専門分野である経済の知識を生かして海外の企業と関わりたいと考えた時に、銀行の仕事に魅力を感じ、銀行の国際部門を志望しました。また将来のためにファイナンシャル・プランナーの資格も取得しました。

だから杏林大学!プレゼン大会で表現力も高められる

他大学の学生も参加する大規模なプレゼン大会に出場し、表現力の向上をめざします。自己を表現するスキルは就職活動などの際にも役立てることができます。

就職『好きをカタチにする』

海外企業とのビジネスをサポートするのが目標!都市銀行の国際部門に営業職として採用されました!国境を越えたビジネスを支援できればと思っています。
このページのトップへ

PAGE TOP