search

Menu

大学ホーム総合政策学部教員紹介・オフィスアワー教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 松井 孝太
教員名フリガナ マツイ コウタ
職位 講師
役職・委員(大学) 入試委員
所属 総合政策学部
研究テーマ・分野 アメリカの政治経済、社会保障政策、政治学
担当科目(学部) 社会保障論1・2、アメリカ経済論、ベーシック福祉政策、英語2・4、地域と大学、プレゼミナール、学際演習
兼務・兼担
(学部・研究科)
杏林CCRC研究所兼任研究員
略歴 2009年 東京大学法学部卒業
2011年 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
2011年 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程進学
2011年−2012年 イェール大学フォックス・インターナショナル・フェロー
2012年−2013年 イェール大学政治学部客員研究員
2013年−2015年 杏林大学杏林CCRC研究所 特任助教
2015年 武蔵野大学政治経済学部 非常勤講師(兼職)
2017年 東京大学高齢社会総合研究機構 非常勤講師(兼職)
2016年−現在 杏林大学総合政策学部 講師
所有する学位 修士(法学)
論文・著書等を含む
主要研究業績
【論文】
・「現代アメリカ政治における労働運動の変容と民主党」『国家学会雑誌』124巻11・12号、2011年
・「米国における継続的ケア付高齢者コミュニティの現状と課題」『平成26年度杏林CCRC研究所紀要』2015年
・「米国CCRCと「日本版CCRC」構想」『平成27年度杏林CCRC研究所紀要』2016年
・「ERISAをめぐる最近の状況」『信託法研究』41号、2016年(高橋脩一氏・樋口範雄氏との共著)
・「書評: Andrew Karch, Democratic Laboratories: Policy Diffusion among the American States (The University of Michigan Press, 2007)、Graeme Boushey, Policy Diffusion Dynamics in America (Cambridge University Press, 2010)」『国家学会雑誌』126巻5・6号、2013年

【科研費プロジェクト】
・文部科学省科学研究費補助金「アメリカの州レベル政治変動と公共部門労働者の組織化・脱組織化」(代表・若手B・平成27−29年度)

【その他発表等】
・「米国の政党間競争と公共部門労働者の組織化」2015年度日本比較政治学会研究大会、上智大学、2015年6月
・「米国政治の分極化と高齢者介護政策」2015年度日本政治学会、千葉大学、2015年10月
・「米国における「労働権(right-to-work)」をめぐる法と政治:運動・普及・帰結」2014年度日本比較政治学会研究大会、東京大学、2014年6月
・「Toward More Fruitful Exchanges」Todai-Yale Initiative (TYI) Junior Scholar Conference:Discovering Japan in the United States、イェール大学、2012年
・「Partisan Conflicts in Trade Policy during the G.W.Bush Administration」NASSS(国際大学院生セミナー)、南山大学、2009年
所属学会 日本政治学会、日本比較政治学会、アメリカ学会
メールアドレス kmatsui@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP