search

Menu

大学ホーム総合政策学部教員紹介・オフィスアワー教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 松井 孝太
教員名フリガナ マツイ コウタ
職位 講師
役職・委員(大学) 総合政策学部広報環境委員
所属 総合政策学部
研究テーマ・分野 米国政治経済、社会保障・労働政策、政治学
担当科目(学部) 社会保障論1・2、アメリカ経済論、ベーシック福祉政策(春・秋)、地域と大学、プレゼミナールA・B、演習1・2、学際演習(子育て支援)、英語2・4(2016-17)
略歴 1986年生まれ
2009年 東京大学法学部卒業
2011年 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
2011年 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程進学
2011年−2012年 イェール大学フォックス・インターナショナル・フェロー
2012年−2013年 イェール大学政治学部客員研究員(VAR)
2013年−2015年 杏林大学杏林CCRC研究所特任助教
2015年 武蔵野大学政治経済学部非常勤講師(兼職)
2017年 東京大学高齢社会総合研究機構非常勤講師(兼職)
2018年 武蔵野大学法学部非常勤講師(兼職)
2016年−現在 杏林大学総合政策学部 講師
所有する学位 修士(法学)
論文・著書等を含む
主要研究業績
【論文等】
・「アメリカ公共部門労働者の組織化をめぐる政党間対立−団体交渉権付与・剥奪の計量分析を中心に−」『杏林社会科学研究』33巻4号、2018年3月
・「現代アメリカ政治における労働運動の変容と民主党」『国家学会雑誌』124巻11・12号、2011年11月
・"Did the Size of Municipal Legislatures Affect National Election Outcomes in Japan?: A Preliminary Investigation Using a Natural Experiment" Kyorin University Journal of Social Sciences, 34(2), Forthcoming
・「ERISAをめぐる最近の状況」『信託法研究』41号、2016年12月(共著)
・「持ち家を利用した高齢者の経済的基盤の強化−リバース・モーゲージの法的課題を中心に−」『平成29年度杏林CCRC研究所紀要』2018年3月(共著)
・「米国CCRCと「日本版CCRC」構想」『平成27年度杏林CCRC研究所紀要』2016年3月
・「米国における継続的ケア付高齢者コミュニティの現状と課題」『平成26年度杏林CCRC研究所紀要』2015年3月
・「書評: Andrew Karch, Democratic Laboratories: Policy Diffusion among the American States (The University of Michigan Press, 2007)、Graeme Boushey, Policy Diffusion Dynamics in America (Cambridge University Press, 2010)」『国家学会雑誌』126巻5・6号、2013年

【科研費】
・文部科学省科学研究費補助金「アメリカの州レベル政治変動と公共部門労働者の組織化・脱組織化」(代表・若手B・平成27−30年度)

【その他発表等】
・「アジア系有権者票をめぐる共和党の思惑」東京財団政策研究所論考、2018年10月16日
・「民主・共和両党から提起される家族休業制度の改革論」東京財団政策研究所論考、2018年10月10日
・「労働組合のさらなる苦境:Janus判決と最高裁判所における保守派の攻勢」東京財団政策研究所論考、2018年8月30日
・「白人労働者のトランプ支持理由は「経済的苦境」ではなく「地位への脅威意識」?」東京財団政策研究所論考、2018年6月19日
・「どうなる?トランプ政権と日米関係」杏林大学公開講演会、八王子市学園都市センター、2017年9月30日
所属学会 日本政治学会、日本比較政治学会、アメリカ学会、日本健康福祉政策学会 
メールアドレス kmatsui@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP