search

Menu

大学ホーム 総合政策学部 教員活動・著書・業績等紹介 青木健・馬田啓一 編著 『日米経済関係論―米国の通商戦略と日本』

教員活動・著書・業績等紹介

青木健・馬田啓一 編著 『日米経済関係論―米国の通商戦略と日本』

編著者:青木 健
杏林大学客員教授
 馬田 啓一
 杏林大学
 総合政策学部教授
出版社:勁草書房
定価:3,000円+税
発行日:2006/4/25
ISBN:4326502789

 本書は、総合政策学部の国際経済学専攻のスタッフを中心とする平成17年度プロジェクト研究の成果であり、中国の急速な成長や活発化する東アジアの地域主義、難航するWTO新ラウンドなど、日米を取り巻く経済環境の変化を踏まえ、中国の台頭と日米経済関係への影響、米国のグローバル戦略と日本の対応についてさまざまな視点から考察し、日米経済関係の新たな構図を明らかにしようと試みたものです。

このページのトップへ

PAGE TOP