search

Menu

大学ホーム保健学部学部概要 臨床心理学科

【新学科】臨床心理学科

臨床心理学科

臨床心理学科について

近年、保健医療領域においてはチーム医療の概念が浸透し、コメディカルのなかでも患者さんの心理的な側面を援助するスタッフが求められてきています。杏林大学保健学部では保健医療に強い本学の持ち味を活かし,心と身体を一体化して考えることのできる心理職の専門家を養成することに致しました。

本学では、医学部付属病院をはじめ、国内トップレベルの病院での臨床実習を多く取り入れ、病院機能や様々な職種の医療スタッフ等を実際に目で見て肌で感じてもらえるカリキュラムを用意しております。このカリキュラムによって、公認心理師(国家資格)の受験資格に必要な科目が取得できるよう、準備してまいります*。

保健医療に基礎を置いたこの新しい臨床心理学科で、輝かしい未来へ向けての第一歩を私たちと一緒に踏み出してみませんか。

*公認心理師国家試験を受験する場合は、主に大学院進学(2年間)が求められます。

一般の心理学科との違いは?

臨床心理学科は、従来の心理学の知識に加え、保健・医療の知識を持ち合わせた人材を養成します。

さらに、公認心理師の資格取得を目指すことが出来ます。

何を学びますか?

発達心理学や教育心理学、臨床心理学、カウンセリング、心理療法、認知行動療法などの心理学系の科目を学びます。さらに、医学概論、病態病理学、看護学、疾病学、精神医学など保健医療系の科目を学びます。心理実践実習として大学付属病院等で現場実習を行います。

公認心理師って?

公認心理師は、平成30年に誕生する心理職初の国家資格です。保健医療分野など、心の支援を行う様々な領域で活躍できます。

臨床心理学科での学びを通して、公認心理師の受験資格要件である大学院進学へ向けた準備ができます。

大学院は設置されますか?

既設の杏林大学大学院(保健学研究科)に、臨床心理学系のコースを開設する予定です。

大学院への進学は必須ですか?

公認心理師資格を得るには大学院への進学が基本となりますが、福祉・教育関連施設や一般企業へ就職する場合は4年間で卒業できます。

臨床心理学科での学びで培った「人の心を理解する力」は、広く社会生活に役立ちます。

どのような先生が教えるのですか?

心理学や臨床心理学、医学の専門家が教鞭を執ります。いずれの教員も経験豊かで新学科に相応しい先生です。

週刊 臨床心理学科では、教員を紹介しています。是非、ご覧ください。



【教員紹介】週刊臨床心理学科

保健学部 臨床心理学科

お問い合わせ先

入学センター
電話 0422-47-0077
メール nyushi@ks.kyorin-u.ac.jp

このページのトップへ

PAGE TOP