search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 渡辺 登
フリガナ ワタナベ ノボル
NAME WATANABE Noboru
職 位 講師
研究テーマ・分野 Aeromonas属の遺伝的多様性に関する研究
担当科目(学部) 微生物学実験 微生物検査学実習 微生物学(健康福祉学科、臨床工学科、救急救命学科)
略 歴 昭和59年 杏林大学保健学部臨床検査技術学科卒業
昭和59年 臨床検査技師免許取得
平成 1年 杏林大学保健学部 助手
平成 6年 杏林大学保健学部 学内講師
平成16年 保健学博士
平成17年 杏林大学保健学部 講師
所有する学位 博士(保健学)(杏林大学)
主要研究業績 1.渡辺 登,森田耕司,蔵田 訓,金森政人,島田俊雄1(1国立予防衛生研究所・細菌部):運動性エロモナスのO群と病原因子.感染症学雑誌 66:127-134,1992.

2.渡辺 登,森田耕司,蔵田 訓,金森政人:Bacteroides fragilisの経口投与によるマウスにおける膿瘍形成.日本細菌学雑誌 48:637-642,1993.

3.渡辺 登,森田耕司,河内菜穂子1,岡崎充宏1,山岸郁子1,蔵田 訓,金森政人(1杏林大学医学部付属病院・中央臨床検査部):各種材料から分離されたBacteroides fragilis groupの菌種別分離頻度と薬剤耐瀬嫌気性菌感染症研究 23:81-85,1993.

4.Watanabe N, Morita K, Furukawa T, Manzoku T, Endo E & Kanamori M: Sequence analysis of amplified DNA fragments containing the region encoding the putative lipase substrate-binding domain and genotyping of Aeromonas hydrophila. Appl Environ Microbiol 70: 145-151, 2004.
所属学会 日本感染症学会、日本細菌学会、杏林医学会、日本臨床微生物学会
居室・研究室 A棟 418
メールアドレス wtnbnbr@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月〜金曜日 9:00 〜19:00 A棟 418 (内線1488)
このページのトップへ

PAGE TOP