search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 大河戸 光章
フリガナ オオコウド ミツアキ
NAME Mitsuaki Okodo
職 位 講師
研究テーマ・分野 子宮頸部腫瘍および肛門管腫瘍におけるHPV検出の意義
担当科目(学部) 病理検査学,病理学総論,病理学実験,病理検査学実習,細胞診断学演習系科目
略 歴 1993.3 北里大学衛生学部衛生技術学科卒業
1995.3 杏林大学大学院保健学研究科博士前期課程修了
1995.4 杏林大学保健学部助教
2013.10 杏林大学保健学部講師
所有する学位 博士(保健学)(杏林大学)
所有する資格 臨床検査技師・細胞検査士
主要研究業績 ○研究費獲得状況
・2014〜2017年度, 科学研究費補助金 基盤研究(C), "子宮頸部細胞浮遊液を活用したHPV持続感染予測と細胞診の検出感度向上に関する研究", 研究代表者, 公的研究費
・2014年度, 黒住医学研究振興財団第22回研究助成金, "肛門管上皮内腫瘍における細胞診判定基準に関する研究", 研究代表者
・2014-2016年度, 大学間連携等による共同研究(金沢医大)"子宮頸部における新しいハイリスク型ヒト乳頭腫ウイルスの再考", 研究代表者
○特許・知的財産権
・2000年度, 特開2000-146782,自動固定標本作製装置および方法, 発明者
・2006年度, 講義支援システム「アカデミアCRV」,京セラ丸善システムインテグレーション〈株〉販売, 発明者
○受賞
・2013年度, 第22回杏林医学会賞
・2014年度, 保健学部Teacher of the year 2014

○論文・著書(過去5年分)
1. 北村 浩, 井戸田一朗,岡山香里,大河戸光章,佐野彰彦,佐野麻里子,小林治,河合伸, 古瀬純司. 拡大肛門鏡検査によるHIV陽性者の肛門管上皮内病変の診断と治療. 日本エイズ学会誌. In press. 2017
2. Okayama K*, Okodo M*, Kitamura H, Itoda I. Significance of the cytological signs of human papillomavirus infection in anal Pap smears of human immunodeficiency virus-infected Japanese men who have sex with men. Asian Pac J Cancer Prev. In press. 2017.
* equal contribution
3. Okodo M, Okayama K, Fukui T, Shiina N, Caniz T, Yabusaki H, Fujii M. Significance of compression in binucleation while differentiating reactive cellular changes between human papillomavirus and Candida Infections. Asian Pac J Cancer Prev. 2017, 18:2507-2511.
4. Yaegashi H, Shigehara K, Itoda I, Okodo M, Nakashima K, Kawaguchi S, Namiki, M. Human papillomavirus prevalence in the anus and urine among HIV-infected Japanese men who have sex with men. J Infect Chemother. 2017, 23, 621-626.
5. Okodo M, Kawamura J, Okayama K, Kawai K, Fukui T, Shiina N, Caniz T, Yabusaki H, Fujii M. Cytological Features Associated with Ureaplasma Urealyticum in Pap Cervical Smear. Asian Pac J Cancer Prev. 2017, 18:2239-2242.
6. 大河戸光章, 岡山香里:受講スイッチをONにする試み. 日本臨床検査学教育学会雑誌. In press. 2017
7. Okodo M, Okayama K, Kitamura H, et al. Evaluating the existence of small compressed binucleated squamous cells in ASC-H. Asian Pac J Cancer Prev, 17, 4665-4669, 2016.
8. 岡山香里,大河戸光章:HPVに特徴的な細胞像.産婦人科の実際.65: 1511-1517,2016
9. 大河戸光章(分担):臨床検査学講座 病理学/病理検査学.東京,医歯薬出版,2016.p. 199-337.
10. 岡山香里, 大河戸光章, 熊谷朋子, 藪崎宏美, 吉永陽樹, 福井正, 藤井雅彦:HPV感染を疑う細胞所見の再検討 HPV-DNA存在の有無. 日本臨床細胞学会雑誌52: 224-230, 2013
11. 大河戸光章:Human papillomavirus(HPV)16型のphysical statusと持続感染に関する縦断的研究. 杏林医学会雑誌43: 93-105, 2013
12. Okayama K, Okodo M, Fujii M, Kumagai T, Yabusaki H, Shiina Y, Iwami F, Teruya K, Hatta K Improved accuracy of cytodiagnosis using the Kato self-collection devise: the usefulness of smear preparation in liquid-based cytology methods. Asian Pac J Cancer Prev,13:4521-4524,2012

○口演(過去2年分)
1. 大河戸光章, 岡山香里:子宮頸部におけるユニークハイリスク型HPVの感染経過:第7回日本感染症学会北陸支部学術講演会, 金沢,平成28年12月5日
2. 大河戸光章:受講スイッチをONにする工夫:第11回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 神戸, 平成28年9月1日
3. 大河戸光章:子宮頸部および肛門管細胞診におけるHPV感染:第33回埼玉県細胞検査士会学術集会, 埼玉,平成28年3月5日
4. 大河戸光章, 岡山香里, 北村浩, 井戸田一朗:HIV陽性MSMにおける肛門擦過細胞診とHuman papillomavirus検査.第29回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京,平成27年12月1日
5. 北村浩, 井戸田一朗, 岡山香里, 大河戸光章, 佐野 彰彦, 佐野 麻里子, 小林 治:拡大肛門鏡を用いたHIV陽性者の肛門管上皮内病変の診断と治療.第29回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京,平成27年12月1日
6. 岡山香里, 大河戸光章, 北村浩, 井戸田一朗:HIV陽性men who have sex with men(MSM)における肛門擦過細胞診.第54回 日本臨床細胞学会秋期大会,名古屋,平成27年11月18日
7. 八重樫洋, 重原一慶, 中嶋一史, 川口昌平, 井戸田一朗, 大河戸光章, 笹川寿之, 並木幹夫.日本人男性間性交渉者における肛門HPV感染および肛門上皮細胞異型に関する検討.第28回 日本性感染症学会学術大会,東京,平成27年12月5日
8. 岡山香里, 大河戸光章, 北村浩, 井戸田一朗, 藤井雅彦:肛門管擦過細胞診標本における多彩なHPV感染所見.第56回 日本臨床細胞学会総会 春期大会,島根,平成27年5月27日.
9. 大河戸光章, 岡山香里, 笹川寿之, 小田瑞恵, 栗原達哲, 石井保吉, 藤井雅彦:子宮頸部上皮内腫瘍においてハイリスクが疑われるマイナーHPVの検出状況:第56回 日本臨床細胞学会総会 春期大会,島根,平成27年5月27日.
所属学会 日本臨床細胞学会,日本性感染症学会, 日本エイズ学会
居室・研究室 井の頭キャンパス A棟523号室
メールアドレス ohkoudom@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 13:00-17:00(前期木曜、後期火曜を除く)A523号室
更新年月 2017/10/7
このページのトップへ

PAGE TOP