search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 郡 秀一
フリガナ コオリ シュウイチ
NAME SHUICHI KOHRI
職 位 講師
研究テーマ・分野 子宮頸部異形成における細胞形態による予後の研究、乳腺腫瘍におけるリンパ球浸潤の研究、食道扁平上皮癌における破骨細胞様巨細胞の研究、ウェブログを用いた細胞形態画像教育の研究
担当科目(学部) 細胞診断学、細胞診断学実習、細胞診断学演習、専門実験・実習手法
略 歴 「平成61年3月 東京都立昭和高校卒業」→生物が得意科目でした。
「平成61年4月 杏林大学保健学部臨床検査技術学科入学」→秋川市(現あきる野市)が実家であったため、原付10分で通学。
「平成2年3月 杏林大学保健学部臨床検査技術学科卒業」→学園長賞を頂きました。
所有する学位 保健衛生学士(杏林大学)
所有する資格 臨床検査技師
細胞検査士
主要研究業績 <論文>
山本 寛、郡 秀一、海野みちる、遠山 洋、大河戸光章、藤井雅彦:ビクトリア青を用いた硫酸化ムコ物質の染色.医学検査 48(11):1589-1593,1999年
山本 寛、郡 秀一、大河戸光章、藤井雅彦:Eカドヘリン発現様式による乳癌組織型の鑑別.医学検査 48(7):1068-1073,1999年
Shuichi Kohri, Masahiko Fujii, Mizue Oda, Tomoko Tanaka, Yataro Yanagisawa, Mineo Ohmura and Yoshio Shiina:Expression cytokeratin no.8 in cervical squamous intraepithelial lesions with human papilloma virus infection. Acta Histochem Cytochem. 32(2):183-193,1999年
郡 秀一:HPV感染症の細胞形態.びょうりのバスケット・サクラ精機株式会社 14(1)3-4,2000年
山本 寛、郡 秀一、海野みちる、大河戸光章、長曽由紀江、藤井雅彦:乳癌におけるカテプシンD発現の免疫組織化学的検討. 医学検査 49(6)896-900,2000年
山本 寛、郡 秀一、都築貴宏、原嶋由佳理、山崎はる絵、大河戸光章、藤井雅彦:ヒト乳癌における転移抑制遺伝子nm23蛋白の発現. 医学検査 49(8)1128-1133,2000年
椎名義雄、飯島淳子、郡 秀一、大河戸光章、尾野 緑:細胞診への応用 婦人科.病理と臨床(臨時増刊号) 18:202-207,2000年
山本 寛、滝口祥恵、郡 秀一、海野みちる、岩科久美子、大河戸光章、藤井雅彦:替え刃交換時の安全対策. 医学検査 50(1)46-50,2001年
郡 秀一:婦人科細胞診におけるHPV感染症の核所見.Medical Technology 31(5):463-464,2003年.
山本 寛1、滝口祥恵2、郡 秀一、海野みちる3、大河戸光章1、藤井雅彦1(1杏林大学保健学部病理学教室、2千葉県立東金病院検査科病理、3杏林大学医学部付属病院病院病理部):乳腺腫瘍におけるOxygen-Regulated Protein 150 (ORP150)の発現.医学検査 53(2):117-122,2004年.
<発表>
郡 秀一1、金 祺洙1、藤井雅彦2、深掘世津子3、猪狩真子3、小田瑞恵、大村峯夫、椎名義雄1(杏林大学保健学部細胞診断学教室1、杏林大学保健学部病理学教室2、東京都がん検診センター検査科3、東京都がん検診センター婦人科). 子宮頭部上皮内癌に進行した異形成の細胞形態学的および免疫組織化学的研究. 第39回日本臨床細胞学会秋期大会 埼玉・大宮 2000年11月18日
阿部由香理1、郡 秀一1、松田 実2、福島久喜2、呉屋朝幸2、椎名義雄1(杏林大学保健学部細胞診断学教室1、杏林大学医学部第二外科学教室 2). 乳腺細胞診における高感度enzyme ISH法を用いた核小体の形態学的研究. 第39回日本臨床細胞学会秋期大会 埼玉・大宮 2000年11月18日
Kohri S1, Fujii M2, Oda M3, Takeda T3, Yanagisawa Y3, Ohmura M3 and Shiina Y1(Department of Cytology, School of Health Sciences, Kyorin University1, Department of Pathology, School of Health Sciences, Kyorin University2 and Department of Gynrcology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center
3). Significance of smudgy nuclear appearance associated with human papillomavirus 16/18 types infection. International Consensus Conference on the Fight Against Cervical Cancer Chicago, Illinois. March 18-22, 2000 Kohri S1, Kim K1, Fujii M2, Oda M3, Ohmura M3 and Shiina Y1(Department of Cytology, School of Health Sciences, Kyorin University1, Department of Pathology, School of Health Sciences, Kyorin University2 and Department of Gynrcology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center3). Cytomorphological feature and expression of cytokeratin no.8 in cervical squamous intraepithelial lesions with human papillomavirus transformed into malignancy. 5th International Symposium on Preventive Oncology and Therapy Geneva, Switzerland. Oct 28-31, 2000 Kim K1, Kohri S1, Shiina Y1, Fujii M2, Oda M3 and Ohmura M3(Department of Cytology, School of Health Sciences, Kyorin University1, Department of Pathology, School of Health Sciences, Kyorin University2 and Department of Gynrcology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center3). The clinical significance of multi-nucleated squamous cekks in hpv infection of uterine cervix. 5th International Symposium on Preventive Oncology and Therapy Geneva, Switzerland  Oct 28-31, 2000
郡 秀一、藤井雅彦1、小田瑞恵2、柳澤弥太郎2、大村峯夫3、椎名義雄:子宮頸部扁平上皮内病変におけるHPV局在パターンと淡染均質無構造核の関係.第44回日本臨床細胞学会総会 東京都新宿,2003年5月31日
郡 秀一、藤井雅彦1、仁平博子2、小田瑞恵3、大村峯夫3、松並平晋4、白田勝利4、道又理恵4(杏林大学保健学部細胞診断学教室、1杏林大学保健学病理学教室、2墨東病院、3東京顕微鏡院婦人科、4ジェネティックラボ):子宮頸部ヒト乳頭腫ウイルス感染症における分子生物学的検出の意義.第42回日本臨床細胞学会秋期大会 神奈川県横浜,2003年10月26日
鈴木正敏、小林紀子、郡 秀一、飯島淳子、山本 寛1、藤井雅彦1、大河戸光章1(杏林大学保健学部細胞診断学教室、1杏林大学保健学部病理学教室):呼吸器細胞診における細胞採取法の違いによる細胞像の違いについて.第40回関東甲信地区医学検査学会 神奈川県横浜,2003年11月26日
郡 秀一(杏林大学保健学部細胞診断学教室):形態学からみた感染症-細胞検査で診断可能な感染症-.第40回関東甲信地区医学検査学会 神奈川県横浜,2003年11月27日
郡 秀一(杏林大学保健学部細胞診断学教室):子宮頸部異形成における癌化を示唆する細胞像.第8回神奈川県支部細胞検査士会 神奈川県横浜,2004年3月13日
所属学会 日本臨床細胞学会、日本臨床衛生検査学会、日本病理学会、日本組織化学会、国際細胞学会、国際乳頭腫ウイルス学会、杏林医学会、病理技術研究会、日本臨床検査学教育学会
居室・研究室 井の頭キャンパス B507教員室
メールアドレス kohris@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月・木・金 12:10-16:00 B507教員室またはB101標本作製室
関連サイト 細胞検査士養成課程
このページのトップへ

PAGE TOP