search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 村田 麻喜子
フリガナ ムラタ マキコ
NAME MAKIKO MURATA
職 位 講師
研究テーマ・分野 貧毛類(ヤマトヒメミミズ)のトランスクリプトーム解析。外界の有害物質を細胞外に排出する膜タンパク質の機能と発現調節機構
担当科目(学部) 生化学I&II、生化学概論、生化学実験、遺伝子工学、遺伝子工学実験、遺伝子染色体検査学実習(分担)、代謝栄養学(分担)、基礎生物学
略 歴 平成元年3月 杏林大学保健学部保健学科卒業。
平成4年3月 杏林大学大学院保健学研究科博士課程前期修了。
平成7年3月 杏林大学大学院保健学研究科博士課程後期修了。 博士(保健学)。
平成7年4月 杏林大学保健学部助手(分子生物学)。
平成17年4月 杏林大学保健学部講師(分子生物学)。
所有する学位 博士(保健学)(杏林大学)
主要研究業績 【主要実績】
論文
1. Ohki R, Tateno K, Okada Y, Okajima H, Asai K, Sadaie Y, Murata M & Aiso T: A bacitracin-resistant Bacillus subtilis gene encodes a homologue of the membrane-spanning subunit of the Bacillus licheniformis ABC transporter, J Bacteriol 185: 51-59, 2003.
2. Kumano M, Fujita M, Nakamura K, Murata M, Ohki R & Yamane K: Lincomycin-resistant mutations immediately downstream of the -10 region of lmr promoter cause overexpression of a putative multidrug efflux pump in Bacilus subtilis mutants. Antimicrob Agents Chemother 47: 432-435, 2003.
3. Murata M, Ohno S, Kumano M, Yamane K & Ohki R: Multidrug resistant phenotype of Bacillus subtilis spontaneous mutants isolated in the presence of puromycin and lincomycin. Can J Mcrobiol 49: 71-77, 2003.
4. Yoshida K, Ohki Y, Murata M, Kinehara M, Matsuoka H, Satomura T, Ohki R, Kumano M, Yamane K & Fujita Y: Bacillus subtilis LmrA is a Repressor of the lmrAB and yxaGH operons; Identification of its Binding Site, and Functional Analysis of lmrB and yxaGH. J Bacteriol 186: 5640-5648, 2004.
5. Ohki R, Tateno K, Takizawa T, Aiso T & Murata M: Transcriptional termination control of a novel ABC transporter gene involved in antibiotic resistance in B. subtilis. J Bacteriol 187: 5946-5954, 2005.
6. Kim JY, Inaoka T, Hirooka K, Matsuoka H, Murata M, Ohki R, Adachi Y, Fujita Y, Ochi K: Identification and characterization of a novel multidrug resistance operon, mdtRP (yusOP), of Bacillus subtilis. J Bacteriol (191): 3273-81, 2009.

学会発表
1. Ohki R, Fukumoto K & Murata M: Chara-cterization of multidrug resistant efflux transporter gene, yvaE of B. subtilis. The 10th International Conference of Bacilli. Baveno, Italy, June 27- July 1, 1999.
2. 大木玲子, 福本恵介, 村田麻喜子: 枯草菌のSMRファミリー遺伝子について. 第22回日本分子生物学会年会, 福岡, 平成11年12月7日-12月10日.
3. Ohki R & Murata M: Seven ORFs predicted to belong to small multidrug resistance (SMR) family exist on the chromosome B. subtilis. The 100th General Meeting of the American Society for Microbiology. California, U.S.A., May 23, 2000.
4. 村田麻喜子, 大木玲子: 枯草菌薬剤排出タンパク質遺伝子群の発現調節. 第23回日本分子生物学会年会, 神戸, 平成12年12月14日.
5 Murata M. & Ohki R.: Transcriptional analysis of multidrug resistance gene (mdr) of B.subtilis. Functional Genomics of Gram-Positive Microorgannis 11th. International Conference on Bacilli. California, U.S.A., June 26, 2001.
6. 大木玲子、村田麻喜子、舘野こずえ: B. subtilisのbacitracin特異的トランスポーター. 第24回日本分子生物学会年会、横浜、平成13年12月10日.
7. Ohki R, Murata M, Tateno K, Aiso T, Okada Y & Okajima H: YwoA, a Bacitracin Specific Transporter of B. subtilis. The 102nd General Meeting of the American Society for Micro-biology. Utah, U.S.A., May 22, 2002.
8. 大木玲子, 舘野こずえ, 村田麻喜子: B. subtilis 168のbacitracin特異的 ABCトランスポーター. 第25回日本分子生物学会年会, 横浜, 平成14年12月.
9. 村田麻喜子, 大木玲子: 枯草菌薬剤排出タンパク質遺伝子群の発現調節機構について. 第25回日本分子生物学会年会, 横浜, 平成14年12月.
10. 吉田健一, 多木陽平, 村田麻喜子, 大木玲子, 山根國男, 藤田泰太郎: 枯草菌の多剤耐性に関わるHTH制御因子LmrAの制御ターゲットの同定. 第26回日本分子生物学会年会, 神戸, 平成15年12月.
11. 大木玲子, 瀧澤輝哲, 相磯聡子, 村田麻喜子: B. subtilisのvirginiamycin M 特異的ABCトランスポーター. 第26回日本分子生物学会年会, 神戸, 平成15年12月.
12. 村田麻喜子, 大木玲子: 枯草菌のsurfactin特異的トランスポーターYerPの転写調節機構. 第26回日本分子生物学会年会, 神戸, 平成15年12月.
13. 村田麻喜子, 大木玲子: 枯草菌のsurfactin特異的トランスポーターYerPの発現調節. 第27回日本分子生物学会年会, 神戸, 平成16年12月.
14. 枯草菌多剤排出タンパク質LmrBの機能解析. 第30回 日本分子生物学会年会・第80回 日本生化学会大会 合同大会. 平成19年12月.
15. 貧毛類のメタロチオネイン遺伝子の検索. 第31回日本分子生物学会年会. 平成20年12月.
16. 貧毛類のメタロチオネイン遺伝子のゲノム生物学的解析. 第32回日本分子生物学会年会. 平成21年12月.
17. BACライブラリーを用いた貧毛類ミミズのゲノム中の繰り返し配列解析. 平成21年12月.
所属学会 日本分子生物学会, American Society of Micro-biology, 枯草菌研究会, Functional Genomics of Gram-positive Microorganisms.
居室・研究室 B棟 401号室、426号室
メールアドレス mamurata@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜日から金曜日 10:30〜17:30 内線2401, 2426
更新年月 2016.8.25
このページのトップへ

PAGE TOP