search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 加賀谷 聡子
フリガナ カガヤ トシコ
職 位 教授
所属研究室 成人看護学 研究室
研究テーマ・分野 心疾患患者の病気の認識とセルフマネジメントに関する研究
担当科目(学部) 成人看護学概論,成人看護学I,成人看護学II,成人看護学演習,成人看護学実習
略 歴 <学歴>
2000年 聖路加看護大学大学院 看護学研究科 修士課程 修了
2007年 聖路加看護大学大学院 看護学研究科 博士課程 修了

<職歴>
1987〜1998年 東京女子医科大学病院(循環器内科・外科病棟勤務)
2000〜2004年 岩手県立大学 看護学部 成人・老年看護学講座 助手
2007〜2008年 聖路加看護大学看護実践開発研究センター 博士研究員
2008年〜 現職
所有する学位 博士(看護学)(聖路加看護大学)
主要研究業績 <原著>
加賀谷聡子(2003):心室性不整脈患者の心理的適応に関連する認知要因の探索.こころの看護学,4(1),121−130.

<研究報告>
加賀谷聡子(2006):虚血性心疾患患者のセルフマネジメントに関する文献レビュー.日本循環器看護学会誌,2(1),66−71.
白水真理子,加賀谷聡子,三浦幸枝,佐藤征子,大谷由香(2004):虚血性心疾患を合併した糖尿病患者への教育プログラムの検討.日本糖尿病教育・看護学会誌,8(2),132−137.
加賀谷聡子,布佐真理子,三浦まゆみ,千田睦美,村田千代(2002):新人看護婦の社会的スキル.岩手県立大学看護学部紀要,4,77−82.

<口演>
加賀谷聡子,布佐真理子(2003):虚血性心疾患患者の自己管理行動に影響する要因−自己効力感、ソーシャルサポートに焦点を当てて.第23回日本看護科学学会学術集会.
Kagaya T.,Hayama Y.(2000): Cognitive factors associated with psychological adjustment of ventricular dysrhythmia patients. 6th International network for psychiatric nursing research conference, Oxford.
所属学会 日本看護科学学会,日本循環器看護学会,日本糖尿病教育・看護学会,聖路加看護学会,日本心臓リハビリテーション学会
メールアドレス kagaya@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜日 12:00〜13:30 705研究室
このページのトップへ

PAGE TOP