search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 石井 和夫
フリガナ イシイ カズオ
NAME ISHII KAZUO
職 位 教授
役職・委員(大学) キャリアサポート副センター長
就職委員長
環境委員長
研究テーマ・分野 血液、尿中などの生体成分の分析法の開発、特に生活習慣病などの予防に期待される外来性のフラボノイド化合物(植物に多く含まれる)の有効利用を目的に、独自に開発した分析法を用いて体内動態(吸収、分布、代謝、排泄)に関する研究を行っている。
担当科目(学部) 薬理学(臨検、健福、臨工、救命、理学、作業、放射)、生物有機化学(臨検、臨工、救命)、生物有機化学(II)(臨検、臨工、救命)、放射線概論(臨検)、化学実験(臨検、臨工、健福、救命)、卒業研究
担当科目(大学院) 臨床薬理学、薬物代謝分析技術、薬物動態学セミナー、薬物動態解析学、薬物動態学演習
略 歴 昭和53年3月 東京薬科大学薬学部卒業
昭和53年4月 東北大学薬学部薬学研究科博士前期課程入学
          (薬品分析化学専攻)
昭和55年3月 東北大学薬学部薬学研究科博士前期課程終了
平成 元年6月 薬学博士(東北大学)
平成 6年4月 杏林大学保健学部助教授(分析化学教室)
平成10年4月 杏林大学保健学部助教授(有機化学教室)
平成14年4月 杏林大学保健学部教授(有機化学教室)
平成19年4月 杏林大学保健学部教授(臨床薬理学教室) 現在に至る
所有する学位 薬学博士(東北大学)
所有する資格 薬剤師
第一種放射線取扱主任者
主要研究業績 ≪著書(分担)≫

メディカルサイエンス 放射性同位元素検査学.河村誠治ら編(近代出版)2016年

Isoflavones−Chemistry, Analysis, Function and Effects. Victor R Preedy (Editor); Kazuo Ishii, Kaori Hosoda, Takashi Furuta, RSC Publishing 2013 Chapter.13.

生命科学のための化学実験.高橋知義ら編(東京教学社)2007年

≪論文≫

1. Hosoda K, Shibasaki H 1), Yokokawa A 1), Furuta T 1), Ishii K (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences) : Individual variation in the metabolism and disposition of isoflavone conjugated metabolites in Japanese. Nippon Shokuhin Kagaku Gakkaishi (Jpn. J. Food Chem.), 20, 153-160 (2013).

2. Shibasaki H 1), Hosoda K, Goto M 1), Suzuki A 1), Yokokawa A 1), Ishii K, Furuta T 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences) : Intraindividual and interindividual variabilities in endogenous cortisol 6β-hydroxylation clearance as an index for in vivo CYP3A phenotyping in humans. Drug Metab. Dispos., 41, 475-479 (2013).

3. Ishii K, Hosoda K, Furuta T 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences) : A new development in the pharmacokinetic studies of the isoflavones: Metabolism and disposition of the isoflavone conjugated metabolites. Kyorin Igakukai Zasshi (J. Kyorin Med. Soc.), 42, 97-105 (2011).

4. Hosoda K, Furuta T 1), Ishii K (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences) : Metabolism and disposition of isoflavone conjugated metabolites in humans after ingestion of kinako. Drug Metab. Dispos. 39, 1762-1767 (2011).

5. Hosoda K, Furuta T 1), Yokokawa A 1), and Ishii K (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences) : Identification and quantification of daidzein-7-glucuronide-4'-sulfate, genistein-7-glucuronide-4'-sulfate and genistein-4',7-diglucuronide as major metabolites in human plasma after administration of kinako. Anal. Bioanal. Chem., 397, 1563-1572 (2010).

6. Hosoda K, Furuta T 1), and Ishii K (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences) : Simultaneous determination of glucuronic acid and sulfuric acid conjugated metabolites of daidzein and genistein in human plasma by high-performance liquid chromatography. J. Chromatogr. B, 878, 628-636 (2010).

7. Hosoda K, Furuta T 1), Yokokawa A 1), Ogura K 1), Hiratsuka A 1), and Ishii K (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Plasma profiling of intact isoflavone metabolites by high-performance liquid chromatography and mass spectrometric identification of flavone glycosides daidzin and genistin in human plasma after administration of kinako. Drug Metab. Dispos., 36, 1485-1495 (2008).

8. Nishiyama T 1), Kobori T 1), Arai K 1), Ogura K 1), Ohnuma T 1), Ishii K, Hayashi K 1), and Hiratsuka A 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Identification of human UDP-glucuronosyltransferase isoform(s) responsible for the C-glucuronidation of phenylbutazone. Arch. Biochem. Biophys., 454, 72-9 (2006).

9. Ishii K, Furuta T 1), and Kasuya Y 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : High-performance liquid chromatographic determination of quercetin in human plasma and urine utilizing solid-phase extraction and ultraviolet detection. J. Chromatogr. B, 794, 49-56 (2003).

10. Ishii K, Furuta T 1), and Kasuya Y 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Determination of rutin in human plasma by high-performance liquid chromatography utilizing solid-phase extraction and ultra violet detection. J. Chromatogr. B, 759, 161-168 (2001).

11. Ishii K, Furuta T 1), and Kasuya Y 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Mass spectrometric identification and high-performance liquid chromatographic determination of a flavonid glycoside naringin in human urine. J. Agric. Food Chem., 48, 56-59 (2000).

12. Ishii K, Furuta T 1), and Kasuya Y 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Determination of naringin and naringenin in human in urine by high-performance liquid chromatography. J. Chromatogr. B, 704, 299-305 (1997).

13. Ishii K, Furuta T 1), and Kasuya Y 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Determination of naringin and naringenin in human in plasma by high-performance liquid chromatography. J. Chromatogr. B, 683, 225-229 (1996).

14. Ishii K, Urano S 1), Furuta T 1), and Kasuya Y 1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Determination of rhoifolin and daidzin in human in plasma by high-performance liquid chromatography. J. Chromatogr. B, 655, 300-304 (1994).


≪口演≫
1. 木下瑞貴, 小原映, 細田香織, 柴崎浩美1), 横川彰朋1), 石井和夫(1 東京薬大・薬):LC-MS/MS によるEquol とその光学異性体を含む抱合代謝物の分析の検討.日本薬学会第137年会,仙台,平成29年3月24日-27日.

2. 小原映, 木下瑞貴, 細田香織, 柴崎浩美1), 横川彰朋1), 石井和夫(1 東京薬大・薬):月経周期延長に影響するイソフラボン抱合代謝物の分析.日本薬学会第137年会,仙台,平成29年3月24日-27日.

3. 木下瑞貴, 細田香織, 小原映, 柴崎浩美1), 横川彰朋1), 石井和夫(1東京薬大・薬) : LC-MS/MSによるヒト血漿中におけるequolとその抱合代謝物の分析法の検討. 第41回日本医用マススペクトル学会年会, 名古屋, 平成28年9月15-16日.

4. 横川彰朋1), 細川真優美1), 平野良平1), 細田香織, 石井和夫, 柴崎浩美1), 古田隆1)(1東京薬大薬) : 血中4β-ヒドロキシコレステロール濃度はCYP3A活性のバイオマーカーとして有用か?. 第33回日本TDM学会・学術大会, 宇都宮, 平成28年5月28-29日.

5. 塩川亮太, 細田香織, 柴崎浩美1), 横川彰朋1), 石井和夫(1東京薬大・薬):LC-MS/MS法によるヒト尿中におけるバニリルマンデル酸、ホモバニリン酸、メタネフリン、ノルメタネフリンおよびクレアチニンの同時定量法の検討.第40回日本医用マススペクトル学会年会,浜松,平成27年9月17-19日.

6.木下瑞貴, 細田香織, 柴崎浩美1), 横川彰朋1), 石井和夫(1東京薬大・薬):LC-MS/MS法による大豆イソフラボンおよびエクオールとその抱合代謝物の一斉分析法の検討.第40回日本医用マススペクトル学会年会,浜松,平成27年9月17-19日.

7. 横川彰朋1), 八郷雅弘1), 平野良平1), 細田香織, 石井和夫, 古田 隆1), 柴崎浩美1)(1東京薬大・薬):LC-MS/MSによる尿中コルチゾール及びコルチゾンの6α- / 6β-水酸化代謝物の分離定量法.第40回日本医用マススペクトル学会年会,浜松,平成27年9月17-19日.

8. 細田香織,柴附_美1),横川彰朋1),石井和夫(1東京薬大・薬):大豆イソフラボン摂取が血清エストラジオール濃度と月経周期へ及ぼす影響.日本薬学会第135年会,神戸,平成27年3月25日-28日.

9. 横川彰朋1),山風S理子1),柴附_美1),細田香織,石井和夫,古田隆1)(1東京薬大・薬):HPLC-UVによるEGFRチロシンキナーゼ阻害剤ゲフィチニブとエルロチニブの血中濃度測定法の開発.日本薬学会第135年会,神戸,平成27年3月25日-28日.

10. Shibasaki-Hirano H1), Hosoda K, Yokokawa A1), Ishii K, Furuta K1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : In vivo cytochrome P450 3A activity in a pregnant woman as measured by endogenous cortisol 6β-hydroxylation clearance. 20th IMSC International Mass Spectrometry Conference (Geneva, Switzerland), August 24-29, 2014.

11. Yokokawa1), Motoo M1), Sakai S1), Shibasaki-Hirano H1), Hosoda K, Kazuo Ishii, Takashi Furuta1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : A novel index assessing 3β-hydroxylation dehydrogenase activity in human based on the measurement of plasma concentrations of dehydroepiandrosterone and androsrenedione. 20th IMSC International Mass Spectrometry Conference (Geneva, Switzerland), August 24-29, 2014.

12. 石川千尋,細田香織,横川彰朋1),柴附_美1),古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):きな粉摂取後のヒト血漿および尿中における(R)-equolおよび (S)-equolの検出.日本薬学会第134年会,熊本,平成26年3月27日-30日.

13. 北郷智美,細田香織,柴附_美1),横川彰朋1),古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):カテコールアミン産生腫瘍のスクリーニング検査項目を集約したLC-MS/MS分析法の開発.日本薬学会第134年会,熊本,平成26年3月27日-30日.

14. 長谷川瑞希,細田香織,柴附_美1),横川彰朋1),古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):大豆イソフラボンdaidzein代謝物の生成に関与するUGT酵素分子種の解明.日本薬学会第134年会,熊本,平成26年3月27日-30日.

15. 横川彰朋1),青野智恵美1),柴附_美1),細田香織,石井和夫,古田隆1) (1東京薬大・薬):LC-MS/MSによる尿中6α-および6β-ヒドロキシコルチゾールの安定同位体質量分析法の開発.日本薬学会第134年会,熊本,平成26年3月27日-30日.

16. 柴附_美1),金綱祐美1),遠藤さゆり1),横川彰朋1),細田香織,石井和夫,古田隆1) (1東京薬大・薬):HPLC-UV法による血漿中ソラフェニブ定量法の開発.日本薬学会第134年会,熊本,平成26年3月27日-30日.

17. Shibasaki-Hirano H1),Minowa Y1),Ayukawa H1),Yokokawa A1),Hosoda K, Ishii K, Nagashima F2),Furuse J2),Furuta T1) (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy, 2 Department of Internal Medicine, Medical Oncology, Kyorin University School of Medicine):Simultaneous measurement of irinotecan and its metabolites in human plasma by HPLC with fluorescence detection.13th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology (USA),September 22-26, 2013.

18. Hosoda K, Shibasaki-Hirano H1), Yokokawa A1), Furuta T1), Ishii K (1 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : Individual differences in the metabolism of isoflavones after soy ingestion in 5 age-matched young women, IUNS 20th International Congress of Nutrition (Granada, Spain), September 22-26, 2013.

19. 横川彰朋1),柴附_美1),細田香織,石井貸和夫,古田隆1) (1東京薬大・薬):ヒトin vivoにおける11β-HSD2活性の日内・日間変動に関する研究.第53回日本臨床化学会年次学術集会,徳島,平成25年8月30日-9月1日.

20. 柴附_美1),鈴木厚1),加藤利康1),横川彰朋1),細田香織,石井和夫,古田隆1) (1東京薬大・薬):コルチゾール6β-水酸化代謝クリアランスによるCYP3A活性評価:血中コルチゾール濃度-時間曲線下面積算出のためのlimited sampling strategy.第30回日本TDM学会・学術大会,熊本,平成25年5月25日-26日.

21. 新井美穂,細田香織,横川彰朋1),柴崎浩美1),古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):Equol-7-glucuronide-4'-sulfate および Equol-4',7-disulfate の同定.日本薬学会第133年会,横浜, 平成25年3月27日-30日.

22. 杉山智恵,細田香織,横川彰朋1),柴崎浩美1),古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):HPLC-UV によるヒト尿中のバニリルマンデル酸、ホモバニリン酸、クレアチニンの同時定量法の検討.日本薬学会第133年会,横浜,平成25年3月27日-30日.

23. 矢譜サ菜,細田香織,横川彰朋1),柴崎浩美1),古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):ヒト尿中における女性ホルモン作用を有するEquol の代謝物Equol-monoglucuronides の同定.日本薬学会第133年会,横浜,平成25年3月27日-30日.

24. 柴附_美1),細田香織,横川彰朋1),石井和夫,古田隆1)(1東京薬大・薬):ヒトにおけるコルチゾールの分泌とCYP3A 代謝.第69回西東京内分泌代謝研究会,東京,平成24年12月3日.

25. 細田香織,横川彰朋1),柴崎浩美1),古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):若年成人女性5名における血漿中16種イソフラボン抱合代謝物プロファイル.第37回日本医用マススペクトル学会年会,名古屋,平成24年10月25日-26日.

26. 西浦彩,細田香織,古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):イソフラボンGenisteinの代謝物生成に関与するUGT酵素分子種の解明.日本薬学会第132年会,札幌,平成24年3月28日-31日.

27. 宮武逅q,細田香織,古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):LC-ESI-MS/MS法によるヒト血漿中イソフラボン代謝物プロファイルの解明.日本薬学会第132年会,札幌,平成24年3月28日-31日.

28. 宮崎友美,三上和羽,細田香織,古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬):(S)-および(R)-Equol-diglucuronideの化学合成とヒト血漿中における同定.日本薬学会第132年会,札幌,平成24年3月28日-31日.

29. 細田香織,小林志江,古田隆1),石井和夫 (1東京薬大・薬) :イソフラボンGenisteinの代謝に関与するUGT分子種の解明.日本農芸化学会2011年度大会,京都,平成23年3月28日-30日.

30. 細田香織,山根絵美,古田隆1),石井和夫(1東京薬大・薬) :LC-MS/MSによるヒト血漿中のイソフラボン代謝産物の高感度・高選択一斉分析法の検討.日本薬学会第131年会,静岡,平成23年3月28日-30日.

31. 細田香織,山根絵美,古田 隆1),石井和夫(1東京薬大・薬):LC/MS/MSによるヒト血漿及び尿中イソフラボン代謝産物の高感度・高選択一斉分析法.第35回日本医用マススペクトル学会,名古屋,平成22年9月9日-10日.

32. 細田香織,古田 隆1),石井和夫(1東京薬大・薬):きな粉摂取後のヒト血中及び尿中イソフラボン抱合代謝産物の体内動態.日本薬学会第130年会,岡山,平成22年3月28日-30日.

33. 細田香織,古田 隆1),石井和夫(1東京薬大・薬):血漿及び尿中イソフラボン代謝産物のプロファイル.第24回日本薬物動態学会年会,京都,平成21年11月27日-29日.

34. 細田香織,古田 隆1),石井和夫(1東京薬大・薬):ヒト血漿及び尿中におけるイソフラボン抱合代謝産物の同定と定量.日本薬学会第129年会,京都,平成21年3月26日-28日.

35. 細田香織,古田 隆1),石井和夫(1東京薬大・薬):Daidzein 7-glucuronide-4'-sulfateおよびGenistein 7-glucuronide-4'-sulfateはきな粉摂取後のヒト血漿中における主要代謝産物である.第23回日本薬物動態学会年会,熊本,平成20年10月30日-11月1日.

36. 細田香織,古田 隆1),石井和夫(1東京薬大・薬):ヒト血漿及び尿中におけるイソフラボン配糖体の同定.日本薬学会第128年会,横浜,平成20年3月26日-28日.

37. 細田香織,古田 隆1),小倉健一郎1),平塚 明1),石井和夫(1東京薬大・薬):ヒト血漿中におけるイソフラボン抱合代謝産物の HPLC 一斉分析.日本薬学会第128年会,横浜,平成20年3月26日-28日.

38. Hosoda K, Furuta T1), Ogura K1), Hiratsuka A1), Ishii K (1Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy) : The profile of the intact isoflavone metabolites in human plasma after intake of kinako (baked soybean powder).8th international ISSX meeting, Sendai, October 9-12, 2007.

39. 細田香織,古田 隆1),石井和夫(1東京薬大・薬):ヒト血漿中における Daidzin、Genistin およびその代謝産物の HPLC 法による同時分析法の検討.日本薬学会第127年会,富山,平成19年3月28日-30日.
所属学会 日本薬物動態学会 国際薬物動態学会(ISSX) 日本薬学会(代議員、関東支部幹事) 日本医用マススペクトル学会(評議員) 日本農芸化学会 日本食品化学学会 日本栄養・食糧学会 日本機能性食品医用学会
居室・研究室 A棟501 もしくは A棟309
メールアドレス ishiikaz@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜〜金曜日 9:00〜18:00 ※昼休み(11:30〜12:00)を除く。その他、授業、実習中を除く。
学生・受験生へのメッセージ 4年間の学生生活は長い人生の内の短い一コマですが、その過ごし方が、その後の人生に大きく影響することでしょう。良き友を得、人生を語り、また勉学に励んでいただきたいと思います。単なる資格試験を目指した勉強でなく、疑問を後に残さず納得行くまで調べ、また先生にも尋ねる。この習慣を身につけてください。後々大きな財産となること間違いありません。
更新年月 2017.05.12
このページのトップへ

PAGE TOP