search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 相磯 聡子
フリガナ アイソ トシコ
NAME AISO TOSHIKO
職 位 教授
研究テーマ・分野 non-coding RNAによる遺伝子発現調節、バイオマーカーとしてのヒト血中マイクロRNA
担当科目(学部) 生命科学概論、生命科学、分子生物学、分子細胞生物学、遺伝子・染色体検査学(分担)、遺伝子・染色体検査学実習(分担)、特別演習(遺伝・バイオ技術系、分担)、卒業研究
担当科目(大学院) 遺伝子解析技術(分担)、分子生命科学セミナー(分担)
略 歴 [学歴・職歴]
昭和59年 新潟大学理学部生物学科卒業
昭和61年 新潟大学大学院理学研究科修士課程修了
昭和61年 富士通研究所入社
昭和62年 杏林大学保健学部助手
平成10年 新潟大学大学院自然科学研究科にて学位取得. 博士(理学)
平成11年 杏林大学保健学部講師.
平成17年 杏林大学保健学部助教授.
所有する学位 博士(理学)(新潟大学)
主要研究業績 【主要実績】
[論文]
1. Spike-in controlを用いた血中マイクロRNAの測定における検体保存温度および時間についての検討. 臨床病理. 63巻6号688-693頁, 2015.
2. Aiso T, Kamiya S, Yonezawa H & Gamou S. Overexpression of an antisense RNA, ArrS, increases the acid resistance of Escherichia coli. Microbiology 160: 954-961, 2014.
3. 相磯聡子.腸管出血性大腸菌O157:H7の病原性発現における酸応答レギュレーターGadEの関与.杏林医会誌.44巻2号39-42頁、2013.
4. 相磯聡子.大腸菌における酸耐性調節機構.杏林医会誌.42巻3号117-121頁、2011.
5. Aiso T, Murata M, & Gamou S. Transcription of an antisense RNA of a gadE mRNA is regulated by GadE, the central activator of the acid resistance system in Escherichia coli. Genes Cells 16:670-680, 2011.
6. 相磯聡子.細菌small RNAによる遺伝子発現調節機構.杏林医会誌.41巻1号13-18頁、2010.
7. 相磯聡子、村田麻喜子、蒲生忍.大腸菌rmf遺伝子のリボゾーム結合部位の特定.杏林医会誌.39巻3・4号61-68頁、2009.
8. 堀江真織、村田麻喜子、蒲生忍、相磯聡子.ショットガンクローニングによる大腸菌新規sRNAの分離・同定.杏林医会誌.38巻4号102-111頁、2007.
9. Ohki R, Tateno K, Takizawa T, Aiso T & Murata M: Transcriptional termination control of a novel ABC transporter gene involved in antibiotic resistance in Bacillus subtilis. J Bacteriol. 187:5946-54, 2005.
10. Aiso T, Yoshida H, Wada A & Ohki R: Modulation of mRNA stability participates in stationary-phase-specific expression of ribosome modulation factor. J Bacteriol 187: 1951-1958, 2005.
11. Ohki R, Tateno K, Okada Y, Okajima H, Asai K, Sadaie Y, Murata M & Aiso T: A bacitracin-resistant Bacillus subtilis gene encodes a homologue of the membrane-spanning subunit of the Bacillus licheniformis ABC transporter, J Bacteriol 185: 51-59, 2003.
12. Aiso T & Ohki R: Instability of sensory histidine kinase mRNAs in Escherichia coli. Genes Cells 8: 179-187, 2003.
13. 相磯聡子, 大木玲子: 大腸菌全ゲノムを対象にした著しく不安定および安定なmRNAの解析. 杏林医会誌 33: 119-127, 2002.
14. Kubo T, Aiso T & Ohki R: Eight UCA codons differentially affect the expression of lacZ gene in the divE42 mutant of Escherichia coli. Can J Microbiol 46: 577-583, 2000.
15. 相磯聡子, 久保崇, 大木玲子: ディファレンシャルディスプレイ法による大腸菌の著しく不安定なmRNAの検索. 杏林医会誌. 30: 61-72, 1999.
16. Aiso T & Ohki R: An rne-1 pnp-7 double mutation suppresses the temperature-sensitive defect of lacZ gene expression in a divE mutant. J Bacteriol. 180:1389-95, 1998.
17. Ohkoudo M, Sawa H, Hara M, Saruta K, Aiso T, Ohki R, Yamamoto H, Maemura E, Shiina Y, Fujii M & Saito I. Expression of p53, MDM2 protein and Ki-67 antigen in recurrent meningiomas. J Neurooncol. 38: 41-9, 1998.
18. Ohki R, Aiso-Kawamata T, Katoh Y, Hosoda F & Ohki M. Escherichia coli dnaJ deletion mutation results in loss of stability of a positive regulator, CRP. J Biol Chem 267: 13180-13184, 1992.
19. Ohki R, Morita R, Aiso-Kawamata T, Uchida H & Ohki M. A complete deletion mutant of the Escherichia coli dnaKdnaJ operon. Biochim Biophys Acta 1009: 94-98, 1989.
所属学会 日本分子生物学会、日本臨床検査医学会、日本細菌学会
居室・研究室 井の頭キャンパス、A棟3階(A310)、A棟5階第6研究室(A521)
メールアドレス taiso@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜〜金曜の12:20-12:50 A棟3階A310(内線1310)
更新年月 2016.8.24
このページのトップへ

PAGE TOP