search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 川村 治子
フリガナ カワムラ ハルコ
NAME Haruko Kawamura
職 位 教授
役職・委員(大学) 保健学部倫理委員
大学院教務委員
保健学研究科FD委員
杏林医学会編集委員
研究テーマ・分野 医療安全システム,医療事故・インシデントの分析,看護師の卒前・卒後の医療安全教育,eラーニングによる安全教育
専門分野(大学院) 医療安全管理,医療安全教育
担当科目(学部) 内科学III(呼吸器),内科学V(感染症、免疫アレルギー、腎、水電解質),医療安全論(救命学科)、医療安全論(理学療法学科)、医療安全論(作業療法学科)、医療安全学(診療放射線学科)
担当科目(大学院) 看護医療安全教育論,医療安全管理論,専門横断モジュール科目,看護医療安全教育・医療安全管理論演習(看護学専攻博士前期課程),医療管理学A,医療管理学B(看護学専攻博士後期課程)
兼務・兼担(学部・研究科) 国際協力研究科
略 歴 1978年金沢大学医学部医学科卒,
1978〜1993年岡山大学二内科,九州大学心療内科とその関連病院で主に内科,呼吸器,心身医学の臨床に従事,
1993年旧厚生省九州地方医務局医療課長(国立病院の病院管理に従事)
1997年杏林大学医学部医療科学助手,
1997年杏林大学保健学部保健学科助教授,
1998年杏林大学保健学部保健学科教授,
2007年杏林大学保健学部救急救命学科教授
所有する学位 博士(医学)(九州大学)
所有する資格 医師
主要研究業績 1.著書
<単著>
1) 川村治子:書きたくなるヒヤリ・ハット報告―体験から学ぶ看護事故防止のツボ,東京,医学書院,2000
2) 川村治子:ヒヤリ・ハット報告が教える内服与薬事故防止,東京,医学書院,2002
3) 川村治子:ヒヤリ・ハット11,000事例によるエラーマップ完全本,東京,医学書院,2003
4) 川村治子:医療安全ワークブック,東京,医学書院,2004
5) 川村治子:系統看護学講座 医療安全,東京,医学書院,2005

<共著>
1) 川村治子:看護サービス管理におけるリスクマネジメント,看護サービス管理,中西睦子編,P200-209,東京,医学書院,2001
2) 川村治子:JNスペシャルNo.70注射・点滴エラー防止―「知らなかった」ではすまない!事故防止の必須ポイント,東京,医学書院,2001
3)川村治子:事故防止・安全管理の方法.実践臨床看護手技ガイド第2版,和田攻編,東京,文光堂,2003,P78-82
4)川村治子:手術看護エラーの現状と対策〜|看護のヒヤリ・ハット415事例より〜.外科病棟・手術室のリスクマネジメント,松田正紀,押田茂實,根岸七雄編著.東京,中外医学社,2004,P19-30,  
5)川村治子:医療におけるヒヤリ・ハット事例分析.ヒューマンエラー防止のヒューマンファクターズ,行待武生監修,東京,テクノシステム,2004,P545-552
6)川村治子:検査・輸血に関する看護のヒヤリ・ハット事例とその分析.臨床検査データブック2005-2006,高久文麿監修.東京,医学書院,2004,P13-18,
7)川村治子:医療安全用語辞典、濃沼信夫監修.東京,エルゼピアジャパン,2004,P26,P90
8)川村治子:医療事故紛争の予防・対応の実務.新日本法規,東京,2005,P161-170
9)川村治子:厚生労働省「新人看護職員の臨床実践能力の向上に関する検討会」報告書、東京,日本看護協会出版会,2005,P78-88
10) 川村治子:フィジカルアセスメント,P180-239,系統看護学講座基礎看護技術I,東京,医学書院,2006
11)川村治子:注射・点滴事故を防ぐことの重要性,p10-18,注射・点滴エラーの防止,東京,医学書院,2007

2.論文
1)川村治子:組織としての医療事故防止について考える,病院60(2):102‐107,2001
2)川村治子:注射エラーマップから注射事故防止を考える,EBナーシング1(2)110,2001
3)川村治子:注射エラーの発生要因とその対策,癌と化学療法28(3),304‐309,2001
4)川村治子:医療事故防止とリスクマネジメント臨床医27(4),491-495,2001
5)川村治子:インシデント報告,臨床医27(4),576,2001
6)川村治子:医療事故防止とリスクマネジメント,放射線治療文科会誌15(1),10.11,2001
7)川村治子:リスクマネジメントから見た医療事故防止,周産期医学31(9),1143-1146,2001
8)川村治子:精神病院における内服与薬エラーの特性とその対策,精神看護4(6),63-67,2001
9)川村治子:事故防止上習得しておくべき知識・技術100項目,看護教育42(11),952-954.2001
10)川村治子:急性期病院における転倒・転落事故の発生構造と防止−看護の転倒・転落のヒヤリ・ハット1,540事例の分析から,Geriatric medicine,39(12),1937-1943
11)川村治子:輸液・シリンジポンプエラーとリスクマネジメントからみた事故防止−ヒヤリ・ハット事例から学ぶ−,クリニカルエンジニアリング12(12),995-1001, 2001
12)川村治子:事例をもとにした医療事故防止,医療55(12),612-616, 2001
13)川村治子:与薬エラー防止と医師の指示のあり方,診断と治療90(4),571-575,2002
14)川村治子:注射エラー防止と看護システムのあり方,診断と治療90(4),585-589,2002
15)川村治子:与薬エラー発生要因の分析−看護のヒヤリ・ハット4000事例の分析−,現代医療34(4),85-89,2002
16)川村治子:情報伝達からみた与薬エラー,臨床透析18(7),799-812,2002
17)川村治子:医療事故防止と行政の対応,小児外科34(5),507-510,2002
18)川村治子:看護師が報告した精神病院・病棟における患者からの暴力,精神看護5(4),36-40,2002
19)川村治子:医療事故防止とリスクマネジメント,心療内科,7(1),2003
20)川村治子:わが国における輸液エラーの状況.Neonatal Care2003年春季増刊号,158-166,2003
21)川村治子:薬剤のリスク管理,整形外科54(8),1050-1057,2003
22)川村治子:インシデントレポートの分析と対策,医工学治療15(2),95-98,2003
23)川村治子:与薬エラー防止における病態と与薬の一元的理解の重要性〜求められる理解の促進と共有を可能にする看護記録〜日本POS医療学会雑誌9(1),21-23,2004
24)川村治子:インシデントリポートを事故防止にどう役立てるか,第26回日本医学会総会会誌,2003
25)川村治子:注射事故防止に求められる医師、薬剤師と看護師の有効な連携.臨床薬理35(5),397-398,2004
26)川村治子:2群2ステップで考えよう転倒・転落事故防止〜1500事例の分析から〜Nursing Today 21(10):18-19,2006
27)川村治子:医療事故・紛争防止と対患者コミュニケーション看護展望31(4),2006
28)川村治子:求められる医療安全教育とは,看護教育48(9),782-785,2007
29)川村治子:「看護の統合と実践」での医療安全教育を考える,看護教育48(9),786-791,2007
30)川村治子:リスクマネジメント,日本保健医療行動学会年報23,p185-190,2008.
31)川村治子:観察力・判断力コミュニケーション能力を高める統合教育,看護教育49(12),p1122-1128,2008.
32)川村治子:現実的なリスクマネジメント,間違いを事故につなげない対策の強化を.Nursing Business3,802-806,2009
33)川村治子、八重樫文,里見慶,稲葉千恵美,片山美緒,久松慎一:多施設共有型の医療安全eラーニングシステム「e−アプリコットナース」,看護管理19(3),p161-164,2009.
34)川村治子:インシデント・アクシデントの分析と対策,臨床検査55(7),p643-648,2011
35)川村治子:医事紛争の発生要因と対策.逓信医学63(5):291-307,2011
36)川村治子:看護の医療安全教育.医療の質・安全学会雑誌6(3):364-367,2011
37)川村治子:病院のヒヤリハット事例から診療所の医療安全を考える.月刊保団連(1126):12-19,2013
38)川村治子:転倒・転落事例分析からみた対策と責任 ―医療安全の立場から−,Modern Physician 34(10): 1203-1206, 2014.

3.厚生労働科学研究費補助金による研究
1) 平成11年〜13年厚生科学研究「医療のリスクマネジメントシステム構築に関する研究(主任研究者)
2) 平成14,15年 厚生労働科学研究「病院における医療安全と信頼構築に関する研究」(主任研究者)
3)平成19,20年厚生労働科学研究「若年看護師向け医療安全教育へのeラーニングの活用に関する研究」(主任研究者)

4.その他
1)川村治子:医療安全,厚生労働省看護教員養成支援事業(通信制教育)e ラーニング,2013
所属学会 医療の質と安全学会、日本転倒予防学会
公的な委員会等の役員・委員歴 1)平成11年2月〜3月:厚生省「患者誤認事故防止のための院内管理体制確立」の検討会委員
2)平成13年4月〜平成16年3月厚生労働省,医療安全対策検討会議委員,医療安全推進総合対策の起草委員
平成15年4月〜平成16年3月:厚生労働省「新人看護職員の臨床実践能力の向上に関する検討会」委員
3)平成18年4月〜平成18年12月:(財)日本医療機能評価機構「医療安全教育プログラム基本フレームに関する検討会」委員
4)平成21年4月〜25年3月:(財)日本医療機能評価機構の認定病院患者安全推進協議会教育プログラム部会部会員
5)平成27年10月〜現在:横浜市市立病院経営評価委員

 
学外活動 医療の質・安全学会
日本転倒予防学会(評議員)
居室・研究室 井之頭キャンパスB棟504室
メールアドレス kawaha@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月・火・水昼休みあるいは夕方4時から6時にB棟504室
学生・受験生へのメッセージ 謙虚に、意欲的に学ぶ学生さんになってほしいと思います
このページのトップへ

PAGE TOP