search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 門馬 博
フリガナ モンマ ヒロシ
NAME Hiroshi Momma
職 位 助教
役職・委員(大学) IT推進委員
保健学部ホームページ委員
研究テーマ・分野 運動イメージとメンタルプラクティス,運動学習,随意運動介助型電気刺激(IVES)を用いた運動療法,急性期理学療法
担当科目(学部) 内部障害系理学療法学I,情報処理論,地域と大学
略 歴 【学歴】
2003年:川崎医療福祉大学医療技術学部リハビリテーション学科卒業
2008年:首都大学東京大学院 人間健康科学研究科
    ヘルスプロモーションサイエンス系 博士前期課程修了
    修士(健康科学)
2014年:杏林大学大学院保健学研究科 博士後期課程修了
    博士(保健学)

【職歴】
2003年-2010年:杏林大学医学部付属病院 リハビリテーション室
2010年-:現職
所有する学位 博士(保健学)(杏林大学大学院保健学研究科),修士(健康科学)(首都大学東京大学院人間健康科学研究科HPS系)
所有する資格 2003年:理学療法士
2007年:日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリテーション指導士
2008年:3学会合同呼吸療法認定士
2010年:日本理学療法士協会認定 専門理学療法士(神経)
2014年:日本理学療法士協会認定 認定理学療法士(学校教育)
2016年:日本理学療法士協会認定 介護予防推進リーダー
2016年:JAXA(宇宙航空研究開発機構)宇宙教育リーダー
主要研究業績 【研究助成】
平成27〜29年度 文部科学省科学研究費補助金若手B 研究代表者
平成24〜26年度 文部科学省科学研究費補助金若手B 研究代表者

【主な論文】
■門馬博:理学療法における運動イメージの活用法 運動イメージ能力の評価法.理学療法32:797-803,2015
■門馬博,下島裕美,他:臨床実習における患者全体像把握を促すツールとしての4ボックス法活用の試み.リハビリテーション教育研究20:140-141,2015
■門馬博:属性の異なる運動イメージ能力評価法の相互関係性に関する検討.理学療法科学29:45-50,2014.
■門馬博, 高橋秀寿, 岡島康友: t-PA著効はリハビリテーション不要を意味するのか? t-PAは著効したが,問題行動が耐えなかった症例. 総合リハビリテーション, 38: 287-289, 2010
■門馬博, 東條友紀子, 高橋秀寿, 岡島康友: t-PA療法と理学療法. 理学療法 技術と研究, 38: 5-10, 2010
■門馬博:術後の呼吸理学療法. 呼吸器ケア, 7: 1220-1226, 2009
■西川順治, 山田深, 門馬博, 岡島康友: Stroke unitにおける急性期脳卒中リハビリテーション. MEDICAL REHABILITATION, 85: 70-75, 2007
■樋口貴広, 門馬博, 渡辺基子, 今中國泰: 身体状態の意識化・イメージ化 運動イメージの正しい理解に向けて. 認知運動療法研究, 6: 32-97, 2007
■門馬博, 五十嵐達夫, 岡島康友: 重度感覚障害を伴った脊髄梗塞の一症例知覚システムからボディイメージ再構築へのアプローチ. 理学療法 進歩と展望, 19: 32-36, 2005

【主な学会発表】
■門馬博,八並光信:キャリア教育と協同学習を取り入れた情報リテラシー教育の試み〜入学初年度における能動的学習態度とキャリア意識の形成に向けて〜.第51回日本理学療法学術大会,2015
■門馬博,八並光信:門馬博,八並光信:最大筋収縮イメージによる神経活動の変化は運動イメージ能力の評価法になりうるか.第48回日本理学療法学術大会,2013.
■門馬博,八並光信:種類の異なる運動イメージ能力評価法の相互関係性に関する検討.第4回日本ニューロリハビリテーション学会, 2013.
■門馬博,菅原憲一,今中國泰:前腕肢位が手関節屈曲伸展運動イメージ中の神経活動に及ぼす影響.第20回日本運動生理学会大会, 2012.
■門馬博, 高橋秀寿, 山田深, 岡島康友: 水無脳症児の認知・情動機能に関する一考察. 認知神経科学, 11: 145, 2009
■門馬博, 山田深, 関根祐司, 岡島康友: 水無脳症児に対する理学療法介入の経験 快不快に着目して. 理学療法学, 36: sup2-347, 2009
■Hiroshi Momma, Kenichi Sugawara, Takahiro Higuchi, Kuniyasu Imanaka: Cortical facilitation during motor imagery of wrist flexion-extension oscillatory movements at different forearm positions: a TMS study. The 10th Congress of European Federation for Research in Rehabilitation, 2009
■門馬博, 山田深, 他8名: 入院後に症状が増悪したBranch Atheromatous Disease(BAD)症例の臨床経過. 理学療法学, 35: sup2-369, 2008
■Hiroshi Momma, Shin Yamada, 他8名: Outcome of early acute phase rehabilitation in our stroke unit and analysis of factors affecting discharge destination. World Physical Therapy 2007, 2007
■Hiroshi Momma, Shin Yamada 他7名: Predictions of discharge destination in a stroke center offering both acute care and rehabilitation. The 3rd Japanese-Korean joint stroke conference, 2006
■門馬博, 菅原憲一, 他4名: 運動肢注視,運動関連言語想起の運動イメージ構築に及ぼす影響 TMSによるMEPを指標として. 理学療法学, 32: sup2-223, 2005

【著書(分担)】
■日本リハビリテーション医学会監修:脳性麻痺リハビリテーションガイドライン第2版,金原出版,2014
■山田深, 門馬博: リハビリテーション. 栗田浩樹:編, 塩川芳昭:監, 即活用!急性期脳梗塞rt-PA静注療法実践マスターガイド 適応・診断・管理のコツ. メディカルビュー, 2009
■木村雅彦, 門馬博: 運動のフィジカルアセスメント. 日本呼吸ケアネットワーク(JRCN):編, 田中一正:監, 呼吸アセスメント 呼吸ケアのためのチーム医療実践ガイド. メジカルビュー, 2005
所属学会 日本理学療法士協会,日本臨床神経生理学会,日本心臓リハビリテーション学会,日本赤ちゃん学会,日本スポーツ心理学会,北米スポーツ心理学会(NASPSPA)
学外活動 三鷹市リハビリテーション協議会 会長
杏林大学地域交流支援事業
『バドミントンを通じた健康増進と障害予防に関する支援事業(八王子市)』
居室・研究室 教員室:A420,研究室:B521
メールアドレス mommaアットマークks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 金曜日16:00〜17:00(A420室)
学生・受験生へのメッセージ 理学療法士は様々な可能性を持った職業です。
常に目標をもって共に頑張りましょう!
このページのトップへ

PAGE TOP