search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 藤澤 祐基
フリガナ フジサワ ユウキ
NAME Yuhki Fujisawa
職 位 助教
研究テーマ・分野 三次元運動解析、中枢神経障害
担当科目(学部) 解剖学実習、評価実習、総合臨床実習
略 歴 [学歴]
2001年 広島大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業
2003年 広島大学大学院医学系研究科保健学専攻博士課程前期修了
2015年:杏林大学大学院保健学研究科博士課程後期修了

[職歴]
2003年 長崎市中央保健センター
2004年 医療法人曙会シムラ病院リハビリテーション室
2005年 医療法人瑞穂会川越リハビリテーション病院リハビリテーション室
2007年 医療法人瑞穂会介護老人保健施設瑞穂の里リハビリテーション室
2009年 特定医療法人北九州病院北九州八幡東病院リハビリテーション室
2011年 現職
所有する学位 博士(保健学)
所有する資格 2001年 理学療法士
2010年 介護支援専門員
主要研究業績 [論文]
・藤澤祐基,岡島康友:巧緻運動障害評価の考え方.リハ医学 54:219-225,2017.
・Fujisawa Y, Okajima Y:Characteristics of handwriting of people with cerebellar ataxia: Three-dimensional movement analysis of the pen tip, finger, and wrist. Phys Ther 95(11): 1547-1558, 2015.
・藤澤祐基, 富樫誠二, 笹原妃佐子, 後藤力, 藤村昌彦, 奈良勲: 脳卒中片麻痺患者の咬合機能に関する研究. 理学療法ジャーナル 40(11), p963-66, 2006.
・藤澤祐基, 藤村昌彦, 河村光俊, 奈良勲:ノート型パソコンの画面表示角度が生体に及ぼす影響. 理学療法科学 16(4): 209 -213 2001.

[論文(共著)]
・Y.Sumitani, T.Hosaka, Y.Susaki, Y.Fujisawa, K.Kuriyama, Y.Tsukada, T.Yokoyama, J.Ogasawara, S.Nishida, K.Inukai, Y.Okajima, H.Ohno, and H.Ishida. Clinical effect of real time pulse rate monitoring with portable pulsimeter on physical exercise therapy for male patients with type 2 diabetes. Diabetol Int 7(3): 228-234, 2016.
・鴨下 雅子, 本宮 光信, 立谷 守, 田丸 景子, 高橋 未和, 武田 夢人, 猪狩 信也, 藤澤 祐基, 潮見 泰蔵:脳血管疾患患者における転倒に関する自己効力感と動作遂行能力の関係. 理学療法 - 臨床・研究・教育, 35-38, 18(1), 2011.

[著書(分担)]
・藤澤祐基,岡島康友:運動失調症と片麻痺の書字運動解析.先端医療シリーズ47 「臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション」.平澤泰介、椿原彰夫、才藤栄一、水間正澄 編,東京,先端医療技術研究所,2016.
・藤澤祐基:観察に基づく動作分析.リハビリテーション基礎評価学.潮見泰藏, 下田信明編, 東京, 羊土社, 2014.

[学会発表]
・藤澤祐基,中野尚子:乳児の起き上がり動作分析 -骨格検出システムを用いて- .日本発達神経科学学会第7回学術集会, 2018.
・藤澤祐基,岡島康友,山田深,橋立博幸,八並光信:脳卒中片麻痺患者の麻痺手書字における手の遠位・近位運動の分離性とパフォーマンスとの関係. 第50回日本理学療法学術大会, P2-B-0508, 2015.
・藤澤祐基,岡島康友,山田深,橋立博幸,潮見泰藏:片麻痺の麻痺手書字における手の遠位・近位運動の分離性とパフォーマンス,リハビリテーション医学,51,p391,2014.
・藤澤祐基,岡島康友,山田深,橋立博幸,潮見泰藏:小脳性運動失調症の3次元書字運動解析.臨床神経生理学,41(5),p426, 2013.
・Fujisawa Y, Okajima Y, Takahashi H, Hashidate H, Nakano H, Shiomi T:Characteristic difference in handwriting movement between subjects with hemiparesis and cerebellar ataxia. 2nd Japan-Korea Neurorehabilitation Conference (Okayama); Proceeding p93, 2013.
・藤澤祐基,岡島康友,高橋秀寿,潮見泰藏:利き手と非利き手における書字動作解析と練習効果.第31回東京都理学療法学術大会抄録集,p39, 2012.
・藤澤祐基,岡島康友,高橋秀寿,橋立博幸,中野尚子,潮見泰藏:書字の三次元運動解析:不全片麻痺・失調を含めて.臨床神経生理学,40(5),p439, 2012.
・藤澤祐基, 富樫誠二, 藤村昌彦, 河村光俊, 奈良勲:脳卒中片麻痺患者の咬合力.理学療法学 29(suppl-2): p72, 2002.
・藤澤祐基, 富樫誠二, 後藤力, 藤村昌彦, 河村光俊, 奈良勲:脳卒中片麻痺患者の咬合力.バイオメカニズム学術講演会予稿集. p247-250, 2002.

【受賞歴】
・2016年 第5回杏林医学会研究奨励賞

【外部資金】
・2018年-2020年 文部科学省科学研究費補助金基盤C 研究代表者
・2011年-2013年 文部科学省科学研究費補助金基盤C 研究分担者

[学会発表(共同演者)]
・中野尚子, 藤澤祐基, 儀間裕貴, 渡辺はま, 多賀厳太郎, 小西行郎:乳児における臥位から座位への起き上がり動作分析, 第5回日本小児理学療法学会学術大会, 大阪 ,2018
・櫻井俊光, 藤澤祐基, 須崎由香, 水石裕, 山田深, 野口明男, 岡島康友, 塩川 芳昭:急性期脳疾患患者におけるDynamic Gait Indexによる歩行自立度判定, 第43回日本脳卒中学会学術集会, 福岡, 2018年3月
・田中耕史, 炭谷由計, 藤澤祐基, 須崎由香, 児玉優太, 廣瀬道宣, 横山敏彦, 小笠原準悦, 近藤琢磨, 保坂利男, 岡島康友, 石田均:2型糖尿病症例における変時性不全の有無と運動強度との関係, 糖尿病, 60(Suppl.1) S-388 2017.
・佐藤敦子,山田深,藤澤祐基,岡島康友,塩川芳昭:くも膜下出血後にシャント術を施行された症例の歩行能力の推移.第42回日本脳卒中学会総会,大阪,2017年
・橋立博幸, 藤澤祐基, 八並光信, 齋藤昭彦: 物品運搬課題の有無が座位前方リーチ動作の運動学的特性に及ぼす影響. 第52回日本理学療法学術大会, 2017.
・水村あゆみ, 橋立博幸, 朝倉彩, 勝田絵梨, 嵩里日奈子, 藤澤祐基, 斎藤昭彦: 歩行中の携帯電話操作と歩行路の障害物が歩行と携帯電話操作課題のパフォーマンスに及ぼす影響. 第35回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2016.
・鈴木尭之, 橋立博幸, 櫻井貴紀, 小嶌弓果, 近田正幸, 藤澤祐基, 齋藤昭彦: 立位前方リーチ動作課題に対して異なる言語教示が即時的に及ぼす影響. 第35回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2016.
・田中耕史,炭谷由計,須風R香,水石裕,藤澤祐基,横山敏彦,小笠原準悦,西田進,近藤琢磨,保坂利男,岡島康友,石田均:糖尿病症例における運動指導介入とその実施後のアウトカム―運動指導歴の有無による比較―.第59回日本糖尿病学会年次学術集会,京都,2016年
・水石裕,炭谷由計,須風R香,田中耕史,藤澤祐基,横山敏彦,小笠原準悦,西田進,近藤琢磨,保坂利男,岡島康友,石田均:2型糖尿病患者における目標運動強度内の運動療法達成率に関する検討―腕時計型脈拍計を用いて―.第59回日本糖尿病学会年次学術集会,京都,2016年
・須風R香,炭谷由計,田中耕史,水石裕,藤澤祐基,横山敏彦,小笠原準悦,西田進,近藤琢磨,保坂利男,岡島康友,石田均:糖尿病運動療法における脈拍指標による運動強度設定について.第59回日本糖尿病学会年次学術集会,京都,2016年
・炭谷由計,須風R香,田中耕史,水石裕,藤澤祐基,澤井梓,七条裕孝,鶴久大介,箕輪久美,佐々木有紀,永瀬惟,石飛実紀,石本麻衣,近藤健,横山敏彦,高橋和人,西田進,小笠原準悦,近藤琢磨,保坂利男,岡島康友,石田均:2型糖尿病患者における腕時計型脈拍計を活用した運動療法が骨代謝に及ぼす影響の検討.第59回日本糖尿病学会年次学術集会,京都,2016年
・櫻井貴紀, 橋立博幸, 鈴木尭之, 小嶌弓果, 藤澤祐基, 斎藤昭彦: 異なる言語教示とフィードバックが立位前方リーチ動作課題に及ぼす即時的影響の検討:無作為化比較対照試験. 第35回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2016.
・永堀啓,山田深,石田幸平,藤澤祐基,笹森寛生,鈴木理恵子,鳥居正剛,岡島康友,塩川芳昭,平野照之:視床出血の予後の検討.第41回日本脳卒中学会総会,札幌,2016年
・佐藤敦子,山田 深,藤澤祐基,岡島康友,平野照之,塩川芳昭:高齢急性期脳卒中患者の血清アルブミン値とFunctional Independence Measure (FIM)の関係.第40回日本脳卒中学会総会,広島,2015.3
・林良幸,山田深,唐帆健浩,藤澤祐基,間藤翔悟,岡島康友:脳卒中急性期患者の重症度と嚥下障害;MASAを用いたアセスメントとNIHSSの関係.第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,京都,2015年9月
・竹田 紘崇, 千葉 哲也, 神山 裕司, 藤澤 祐基, 友清 直樹, 五十嵐 麻子, 西村 幸子, 菊池 佑至:診療報酬改定による実態調査結果の比較検討 平成24年度と平成26年度のアンケート調査を踏まえて, 第50回日本理学療法学術大会, 2015.
・橋立博幸, 内海智之, 増田和樹, 小山航, 井口拓也, 藤澤祐基, 齋藤昭彦: 異なる戦略による立位前方リーチ動作の運動学的特性の差異. 第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会合同学会, 2015.
・橋立博幸,鈴木友紀,柴田未里,佐野寛太,藤澤祐基: 維持期脳卒中片麻痺者における杖操作の促進が歩行パフォーマンスに及ぼす影響. 第50回日本理学療法学術大会, 2015.
・橋立博幸,鈴木友紀,柴田未里,佐野寛太,藤澤祐基,笹本 憲男: 維持期脳卒中片麻痺者に対する 1 か月間の杖操作促進課題を付加した歩行練習が歩行速度および歩数に及ぼす即時的効果の検討. 第50回日本理学療法学術大会, 2015.
・内海智之, 橋立博幸, 増田和樹, 小山航, 井口拓也, 藤澤祐基, 齋藤昭彦: 二重課題の有無が立位前方リーチ動作の運動学的特性に及ぼす影響. 第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会合同学会, 2015.
・増田和樹, 橋立博幸, 内海智之, 小山航, 井口拓也, 藤澤祐基, 斎藤昭彦: OP条件の有無による座位リーチ動作の運動学的特性の検討. 第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会合同学会, 2015.
・内藤真也, 橋立博幸, 加藤初音, 西野智之, 日比野江里子, 加藤絵理, 藤澤祐基, 齋藤昭彦: 異なる杖操作リズムが3動作杖歩行の歩行速度および歩行パターンに及ぼす影響. 第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会合同学会, 2015.
・炭谷由計, 須崎由香, 藤澤祐基, 盛田久美, 比佐有紀, 菅原祥子, 永瀬惟, 森田奈瑠, 石本麻衣, 近藤健, 五林可織, 北原敦子, 高橋和人, 岡島康友, 犬飼浩一, 石田均:携帯型脈拍計を活用した運動療法の確立とその血糖コントロールに及ぼす臨床的効果の検討, 57 Supplement 1, 2014
・須崎由香,炭谷由計,藤澤祐基,栗山絹世,長谷川純子,塚田芳枝,貞苅利彦,村嶋俊隆,犬飼浩一,岡島康友,大野秀樹,石田均:嫌気性代謝域値(AT)強度下での食後運動が2型糖尿病の血糖変動に及ぼす効果―CGM を用いた24時間血糖変動を指標として―.第56回日本糖尿病学会年次学術集会,熊本,2013年
・橋立博幸, 原田和宏, 藤澤祐基, 潮見泰藏: 維持期脳卒中片麻痺者における麻痺側および非麻痺側のFunctional reachの差異と片脚立位バランスとの関連. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014
・櫻井俊光, 藤澤祐基, 高橋秀寿, 脊山英徳, 傳法倫久, 千葉厚朗, 岡島康友, 塩川芳昭:右大脳皮質広範囲梗塞に対して減圧開頭術を施行した患者への動作獲得アプローチ, 第38回日本脳卒中学会総会, 東京, 2013年
・橋立博幸, 大西未紗, 川上大地, 阿部正博, 藤澤祐基, 中野尚子, 潮見泰藏: 健康な若年者における足部重錘負荷が歩行周期の変動に及ぼす影響. 第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2013.
・Hashidate H, Harada K, Shiomi T, Nakano H, Fujisawa Y, Sasamoto N: The difference in effects of 3-month combined functional training on lower extremity muscle strength and gait performance in different times from stroke onset in community-dwellers with chronic hemiparesis. The 2nd Japan-Korea NeuroRehabilitation Conference, Okayama, Japan, 2013.
・橋立博幸, 原田和宏, 潮見泰藏, 中野尚子, 藤澤祐基, 笹本憲男: 慢性期脳卒中者の下肢筋力,姿勢バランス,歩行機能に対する12か月間の運動器機能向上プログラムの長期介入効果. 第48回日本理学療法学術大会, 2013.
・澤口知良, 橋立博幸, 小池俊人, 森井翔大, 新實良太, 藤澤祐基, 潮見泰藏: 異なる駆動条件によって測定した車椅子直線駆動能力評価の信頼性と測定結果の差異. 第33回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2014.
・大西未紗, 橋立博幸, 川上大地, 阿部正博, 藤澤祐基, 中野尚子, 潮見泰藏: 異なる足部重錘負荷による歩行時の下肢および腰部の筋活動の変化. 第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2013.
所属学会 日本理学療法士協会,日本臨床神経生理学会
居室・研究室 教員室A420
メールアドレス yfujisawa@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 金曜日14時から15時までA420室
このページのトップへ

PAGE TOP