search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 丹羽 正利
フリガナ ニワ マサトシ
NAME Masatoshi Niwa
職 位 教授
研究テーマ・分野 運動および運動障害に関わる中枢神経回路の解析
担当科目(学部) 運動学, 病態運動学, 作業療法評価学, 身体障害作業療法学
担当科目(大学院) 神経系作業療法学
略 歴 1990年 東海大学医学部付属病院リハビリテーションセンター 技術職員
1995年 茨城県立医療大学保健医療学部作業療法学科 助手
1999年 茨城県立医療大学保健医療学部作業療法学科 講師
2003年 University of Washington, Department of Physiology and Biophysics, Senior Fellow
2006年 健康科学大学健康科学部作業療法学科 助教授
2007年 健康科学大学健康科学部作業療法学科 教授
2011年 杏林大学保健学部作業療法学科 教授
所有する学位 博士(医学)(筑波大学)
主要研究業績 <最近の主な論文>
・Muramatsu K, Ikutomo M, Tamaki T, Shimo S, Niwa M; Effect of streptozotocin-induced diabetes on motor representations in the motor cortex and corticospinal tract in rats. Brain Research. 1680: 115-126, 2018.
・Muramatsu K, Niwa M, Tamaki T, Ikutomo M, Masu Y, Hasegawa T, Shimo S, S-I Sasaki; Effect of streptozotocin-induced diabetes on motoneurons and muscle spindles in rats. Neuroscience Research. 115: 21-28, 2017.
・丹羽正利:上肢・手の機能と作業療法,運動解剖学:成人,上肢・手.作業療法ジャーナ51(8):636-639,2017.
・Tamaki T, Ikutomo M, Arakawa S, Komagata J, Niwa M, Muramatsu K: Exercise training prevent decrease of muscle strength in otsuka long-evans tokushima fatty rats: A Preliminary Study. International Journal of Physical Therapy & Rehabilitation 2: 2016. https://doi.org/10.15344/2455-7498/2016/12.
・生友聖子,玉木徹,大城直美,丹羽正利,三科貴博,志茂聡,村松憲:高血糖が横隔神経運動ニューロンに及ぼす影響−運動ニューロン数に着目した予備的研究−.The Journal of Movement Disorder and Disability 26: 49&#8211;52,2016.
・玉木徹,生友聖子,村松憲,丹羽正利:ヒラメ筋を支配するニューロンは糖尿病に脆弱性をもつ.Journal of Movement Disorder and Disability 26: 99&#8211;102,2016.
・Niwa M, Muramatsu K, Sasaki S-I: Discharge patterns of abdominal and pudendal nerves during induced defecation in anesthetized cats. Journal of Physiological Sciences 65: 223-231, 2015.
・大城直美,村松憲,佐々木誠一,丹羽正利:糖尿病モデルラットにおける腹壁筋の運動ニューロンの形態変化.Journal of Movement Disorder and Disability 25(2):7-10,2015.
・村松憲,玉木徹,生友聖子,丹羽正利,升佑二郎,石黒友康,佐々木誠一:運動療法はOLETFラットの運動障害を予防する. Journal of Movement Disorder and Disability 25(1):39-42,2015.
・村松憲,玉木徹,丹羽正利,升佑二郎,永野克人,長谷川達也,石黒友康,佐々木誠一.2型糖尿病ラットの運動ニューロンが減少する.Journal of Movement Disorder and Disability 24(1): 25-28, 2014.
・村松憲,丹羽正利,石黒友康,長谷川達也,佐々木誠一.糖尿病による錘内筋線維の変性.The Journal of Movement Disorder and Disability 23(2): 81-84,2 013.
・Muramatsu K, Niwa M, Nagai M, Kamimura T, Sasaki S-I, Ishiguro T. The size of motoneurons of the gastrocnemius muscle in rats with diabetes. Neuroscience Letters 531: 109&#8211;113, 2012.
・村松憲,石黒友康,丹羽正利,上村孝司,永井正則,佐々木誠一.慢性的な高血糖によって誘発される運動ニューロン障害. Journal of Movement Disorder and Disability 22(1): 1-4, 2012.
・村松憲,丹羽正利,佐々木誠一.骨盤底筋の運動ニューロンから興奮性シナプス入力を受ける介在ニューロン. Journal of Movement Disorder and Disability 21(2): 67-70,2012.
・Uga M,Niwa M,Ochiai N, Sasaki S-I. The diaphragmatic activity during trunk movements. Advances in Experimenrtal Medicine and Biology 669:253-256,2010.
・Uga M, Niwa M, Ochiai N, Sasaki S-I. Activity patterns of the diaphragm during voluntary movements in awake cats. Journal of Physiological Sciences 60(3):173-180,2010.
・丹羽正利. 姿勢制御のための中枢神経メカニズム. 作業療法ジャーナ44(4):273-278,2010.
・丹羽正利. 神経リハビリテーションと作業療法. 作業療法ジャーナ43(4):315-322, 2009.
・Niwa M, Nakayama K, Sasaki S-I. Morphological study of external oblique motor nerves and nuclei in cats. Anatomical Science International83:17-25, 2008.

<最近の主な学会発表>
・Muramatsu K, Tamaki T, Ikutomo M, Shimo S, Niwa M; Effect of streptozotocin-induced diabetes on the movement representations in the motor cortex. 第40回日本神経科学大会(千葉)2017.7.20-23.
・Oshiro N, Muramatsu K, Ikutomo M, Kishino S, Niwa M; Morphological changes in abdominal muscles of streptozotocin-induced diabetes. 第40回日本神経科学大会(千葉)2017.7.20-23.
・村松憲、玉木徹、生友聖子、志茂聡、丹羽正利;糖尿病は運動野の体部位局在を変化させる.第60回日本糖尿病学会年次学術集会(名古屋)2017.5.18-20.
・村松憲、玉木徹、生友聖子、高村浩司、丹羽正利;糖尿病は運動野の体部位支配領域を縮小させる.第52回日本理学療法学術大会(千葉)2017.5.12-14.
・村松憲,玉木徹,生友聖子,丹羽正利,佐々木誠一,石黒友康:運動療法はOLETF(Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty)ラットのγ運動ニューロン減少を予防する.第58回日本糖尿病学会年次学術集会(山口)2015.5.21-24.
・村松憲,玉木徹,生友聖子,丹羽正利,佐々木誠一,石黒友康:Prevention of gamma motoneuronal loss in Otsuka Long!Evans Tokushima Fatty rats by exercise training.第50回日本理学療法学術大会(東京)2015.6.5-7.
・Oshiro N, Ikutomo M, Muramatsu K, Sasaki S-I, Niwa M: A long-term hyperglycemia causes the serious morphological changes of abdominal motoneurons and muscles in STZ rats. 第38回日本神経科学大会(神戸)2015.7.28-31.
・Muramatsu K, Tamaki T, Ikutomo M, Niwa M, Ishiguro T, Sasaki S-I: Exercise training prevent gamma motoneuronal loss in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats. 第38回日本神経科学大会(神戸)2015.7.28-31.
・Ikutomo M, Oshiro N, Muramatsu K, Tamaki T, Niwa M, Ishiguro T: The muscular atrophy of non-locomotor muscle differ from that of locomotor muscle in type-2 diabetic rats. 第38回日本神経科学大会(神戸)2015.7.28-31.
・Niwa M, Sasaki S-I: The property of Ia excitation and recurrent inhibition of abdominal motoneurons in the cat. Society for Neuroscience Annual Meeting,USA,October,17th-21st, 2015.
・Sasaki S-I, Niwa M: Firing properties of medullary expiratory neurons during induced defecation in cats. Society for Neuroscience Annual Meeting,USA,October,17th-21st, 2015.
・玉木徹,生友聖子,村松憲,丹羽正利:遅筋を支配するニューロンは糖尿病に脆弱性をもつ.第51回日本運動障害研究会(東京)2016.1.30.
・生友聖子,玉木徹,大城直美,丹羽正利,村松憲:糖尿病は呼吸障害の原因となるか.第51回日本運動障害研究会(東京)2016.1.30.
・村松憲,玉木徹,丹羽正利,長谷川達也,石黒友康,佐々木誠一.運動療法はOLETFラットのγ運動ニューロン障害を予防する.第49回日本運動障害研究会(東京)2015.1.17.
・大城直美,村松憲,佐々木誠一,丹羽正利.高血糖によって誘発される腹壁筋運動ニューロンの障害.第48回日本運動障害研究会 (東京)2014.7.19.
・村松憲,玉木徹,丹羽正利,長谷川達也,佐々木誠一,石黒友康.DPN はOLETF ラットのγ運動ニューロンを選択的に減少させる.第29回日本糖尿病合併症学会(東京)2014.10.3-4.
・Oshiro N, Muramatsu K, Sasaki S-I, Niwa M. Hyperglycemia causes the reduction of numbers and sizes of abdominal motoneurons in STZ rats. 第37回日本神経科学大会(横浜)2014.9.11-13.
・Muramatsu K, Tamaki T, Komagata J, Niwa M, Ishiguro T, Hasegawa T, Sasaki S-I.The number of gamma motoneurons decreased in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) rat.第37回日本神経科学大会(横浜)2014.9.11-13.
・村松憲,玉木徹,駒形純也,丹羽正利,升佑二郎,長谷川達也,佐々木誠一,石黒友康.OLETFラット(2型糖尿病モデルラット)のγ運動ニューロンが選択的に減少する.第49回日本理学療法学術大会(横浜)2014.5.30-6.1.
・村松憲,玉木徹,駒形純也,丹羽正利,升佑二郎,石黒友康,佐々木誠一.糖尿病性ニューロパチーによってγ運動ニューロンが減少する.第21回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会(千葉)2014.4.20.
・Niwa M, Sasaki S-I. The property of Ia excitation and recurrent inhibition of abdominal motoneurons in the cat.第91回日本生理学会大会(鹿児島)2014.3.16-18.
・Sasaki S-I, Niwa M. Firing properties of medullary expiratory neurons during defecation.第91回日本生理学会大会(鹿児島)2014.3.16-18.
・村松憲,石黒友康,丹羽正利,升佑二郎,玉木徹,長谷川達也,佐々木誠一.2型糖尿病モデルラットのγ運動ニューロンが減少する.第47回日本運動障害研究会(東京)2014.1.18.
・Muramatsu K, Niwa M, Ishiguro T, Hasegawa T, Sasaki S-I. Diabetic polyneuropathy targets gamma motoneurons of the distal muscle of hindlimb in STZ rats. 第36 日本神経科学大会(京都)2013.6.20-23.
・村松憲,丹羽正利,石黒友康,長谷川達也,佐々木誠一. Diabetic polyneuropathy target gamma motoneurons of the gastrocnemius muscle in STZ rats.第90回日本生理学会(東京)2013.3.27-29.
・村松憲, 丹羽正利, 長谷川達也, 佐々木誠一, 石黒友康.糖尿病によってγ運動ニューロンが選択的に減少する 第48回日本理学療法学術大会(愛知)2013.
・村松憲,丹羽正利,石黒友康,長谷川達也,佐々木誠一.糖尿病によって生じる錐内筋線維の変性.第45回日本運動障害研究会(東京)2013.
・芦川聡宏,村松憲,齋藤利恵,石黒友康,佐々木誠一,丹羽正利.末梢神経損傷によって生じる運動ニューロンの形態変化.第45回日本運動障害研究会(東京)2013.1.26.
・齋藤利恵,八並光信,芝原美由紀,丹羽正利.在宅における介護と睡眠の関連性について−Actigraphを用いた睡眠分析−.第45回日本運動障害研究会(東京)20131.26.
所属学会 Society for Neuroscience, 日本神経科学学会, 日本生理学会, 日本作業療法士協会
居室・研究室 B412室、B523室
メールアドレス mt-niwa@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 木曜日の12:10〜 13:00 B412室
このページのトップへ

PAGE TOP