search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 久保 佑美子
フリガナ クボ ユミコ
NAME KUBO YUMIKO
職 位 助教
役職・委員(大学) ワクチン接種委員会
所属研究室 医療安全管理学研究室
担当科目(学部) シミュレーション 内科学II
略 歴 杏林大学 保健学部 救急救命学科 卒業
東京消防庁 退職
杏林大学 保健学研究科 救急救命学分野 博士前期課程修了
現職
所有する学位 修士(保健学)(杏林大学)
所有する資格 救急救命士
第一種衛生管理者
第三級陸上特殊無線技士
防災士
主要研究業績 《学会発表》
久保佑美子、岡本博照1)、山口芳裕2)、照屋浩司3)、和田貴子4)(1)医学部衛生学公衆衛生学、2)医学部救急医学、3)保健学部公衆衛生学、4)保健学部救急救命学):二次救急患者の入院に関係する地理的要因の影響-平成17〜20年度の救急搬送患者資料を用いた検討-.第41回杏林医学会、三鷹、平成24年11月17日.(口演)

久保佑美子1)、久米梢子1)、神山麻由子1)、岡本博照2)、山口芳裕3)、松田剛明3)、照屋浩司4)、和田貴子1)(1)杏林大学保健学部救急救命学科、2)杏林大学医学部衛生学公衆衛生学、3)杏林大学医学部救急医学、4)杏林大学保健学部公衆衛生学):二次救急患者の入院に関係する地理的要因の影響.第16回日本臨床救急医学会総会、東京、平成25年7月12日.(口演)

《論文》
久保佑美子1)、岡本博照2)、小泉健雄1)、山口芳裕3)、松田剛明3)、照屋浩司4)、和田貴子1)(1)杏林大学保健学部救急救命学科、2)杏林大学医学部衛生学公衆衛生学、3)杏林大学医学部救急医学、4)杏林大学保健学部公衆衛生学):西多摩医療圏の一病院における二次救急患者の搬送実態:地理的要因から見た分析.日臨救医誌 2014;17:522-9
所属学会 日本臨床救急医学会、日本救急医学会
居室・研究室 井の頭キャンパスB棟424教員室またはB棟314研究室
メールアドレス ykubo@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜日:9時から10時、13時から17時まで 火曜日と水曜日:12時から13時まで 木曜日と金曜日:15時から17時まで いずれもB棟424もしくはB棟314
更新年月 2017.4.12
このページのトップへ

PAGE TOP