search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 荒添 美紀
フリガナ アラゾエ ミキ
NAME Arazoe Miki
職 位 特任教授
役職・委員(大学) 教務委員会・入試委員会・研究委員会
所属研究室 基礎・在宅看護学領域
研究テーマ・分野 ヘルスコミュニケーション、看護教育、看護技術
担当科目(学部) 看護学概論1・2、看護基本技術1・2・3、アセスメントと援助技術1、看護過程、基礎看護学実習1・2
担当科目(大学院) 特別講義
略 歴 <学歴>
東京都立医療技術短期大学 看護婦教員養成講座修了
明星大学 人文学部心理教育学科卒業
筑波大学大学院修士課程 教育研究科カウンセリング専攻 カウンセリングコース修了
国際医療福祉大学大学院 がん先端医療に対する多職種連携重点課程 修了
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻 博士課程修了
<職歴>
東京慈恵会医科大学附属第三病院
東京都立看護専門学校 専任教員 主任
獨協医科大学 看護学部 准教授
東京工科大学医療保健学部看護学科 准教授
2017年4月より現職
所有する学位 博士(介護福祉・ケアマネジメント学)(国際医療福祉大学) 修士(カウンセリング)(筑波大学)
所有する資格 日本心理学会認定心理士
主要研究業績 <著書>
1)伊藤まゆみ,荒添美紀他7名:看護に活かすカウンセリング2 感情のマネージメント,ナカニシヤ出版,2016.
2)伊藤まゆみ,荒添美紀他8名:看護に活かすカウンセリング1 コミュニケーション・スキル,ナカニシヤ出版,2014.
3)小玉正博,松井豊,荒添美紀他12名:生涯発達の中のカウンセリング4 看護現場で生きるカウンセリング,サイエンス社,2014.
4)伊藤まゆみ,荒添美紀他18名:慢性期看護・ターミナルケア・緩和ケア 対象とのコミュニケーションからケアに至るプロセス,ピラールプレス,2010.
5)川野雅資,伊藤まゆみ,秋月百合,荒添美紀他20名:看護学実践−Science of Nursing− 慢性期看護 成人看護学‐緩和・ターミナルケア,KK日本放射線技術会出版社,2008.
6)川野雅資,伊藤まゆみ,秋月百合,荒添美紀他21名:看護学実践−Science of Nursing− 成人看護学 慢性期看護・ターミナルケア,KK日本放射線技術会出版社,2007.
<論文>
1)荒添美紀.天野雅美,齊藤茂子,金子多喜子:中堅看護師の職場で求められている能力,看護教育研究学会誌8(2),3-13,2016.
2)金子多喜子,荒添美紀,天野雅美,齊藤茂子:社会人経験のある新卒看護師の早期退職までの心理的変化過程,看護教育研究学会誌8(1),3‐12,2016.
3)北浦益代,荒添美紀.金子多喜子:対人関係ゲームを活用した看護学生の人間関係づくり-対人関係ゲームの種類と参加者の体験-,看護教育研究学会誌4(1),45‐56,2012.
4)荒添美紀,石綿啓子他:看護学生の看護場面におけるコミュニケーション・スキルの変化とその要因,獨協医科大学看護学部紀要第2巻,12-23,2009.
5)佐藤佳子,米澤弘恵,荒添美紀他:看護師のプリセプターとしての役割意識,獨協医科大学看護学部紀要第2巻,12-23,2009.
6)豊田省子,米澤弘恵,荒添美紀他:清拭刺激による大脳皮質血流量への影響−NIRS(near infrared Spectroscopy 光トポグラフィ)による検討−,獨協医科大学看護学部紀要第1巻,37-48,2008.
7)荒添美紀:看護場面におけるコミュニケーションの目的およびコミュニケーション・スキル,日本看護技術研究会学会誌5(1),66-76,2007.
8)荒添美紀:看護場面における人間関係をつくるためのコミュニケーション尺度の作成,日本看護技術研究会学会誌4(1),38-45,2004.
所属学会 日本看護学教育学会、日本カウンセリング学会、看護教育研究学会、日本行動医学会、日本看護科学学会、日本看護管理学会、日本医学看護学教育学会
学外活動 茨城県看護協会 実習指導者講習会 講師
神奈川県立保健福祉大学実践教育センター 講師
医療法人徳洲会 福岡徳洲会病院 看護教育研修 講師
居室・研究室 井の頭キャンパスA棟407号
メールアドレス arazoe@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 前期 火・木13:00~16:00、後期 月・木14:00~17:00 
学生・受験生へのメッセージ 広い視野をもつためにも、色々な経験を積んでください。笑顔で楽しみながら、共に学んでいきましょう。
このページのトップへ

PAGE TOP