search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 紅林 佑介
フリガナ クレバヤシ ユウスケ
NAME Kurebayashi Yusuke
職 位 助教
所属研究室 精神保健看護学研究室
研究テーマ・分野 統合失調症患者の認知機能の特徴とそれに応じた看護援助の開発、精神科訪問看護、精神科看護師の自己注目と看護実践能力との関連
略 歴 【学歴】
杏林大学保健学部看護学科
杏林大学大学院保健学研究科博士前期課程
杏林大学大学院保健学研究科博士後期課程
所有する学位 博士(看護学)(杏林大学)
所有する資格 看護師、保健師、第一種養護教諭
主要研究業績 【査読付き論文(筆頭論文のみ)】
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki: Association between altered physical activity and neurocognitive function among people with schizophrenia: A minimum 6-months’ follow-up study, Comprehensive Psychiatry, 77; 45-52, 2017
■Yusuke Kurebayashi:First-Aid Use of Epinephrine Auto-injectors Among Teachers and School nurses in Schoolchildren with Allergies in Japan: A Literature Review, Journal of the Kyorin Medical Society, 48; 13-21, 2017
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki:Correlations between physical activity and neurocognitive domain functions in patients with schizophrenia: A cross-sectional study, BMC Psychiatry, 17:4, 2017
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki:Neurocognitive functions in remitted and non-remitted patients with schizophrenia: a cross-sectional study, Perspectives in Psychiatric Care, 2016 (Early View)
■Yusuke Kurebayashi:A literature review on Study’s methodology of nursing care for Patients with schizophrenia considering their neurocognitive functions, International Journal of Human Sciences 13 (1);2019-2031, 2016
■紅林佑介、原田祐輔、井上善久:精神科看護師の看護実践能力と職業性ストレスとの関連、日本保健福祉学会誌 22(2);1-8、2016
■紅林佑介、大瀧純一:統合失調症患者における属性要因と認知機能の関連性―入院患者と入院歴のある外来患者についての調査―、精神医学57(5);341-348、2015
■紅林佑介:精神科病院に長期入院している統合失調症患者の認知機能に関する研究、日本保健福祉学会誌 21(2);9-17、2015
■紅林佑介、原田祐輔、芳賀美恵子:複数の認知機能領域の評価に基づいた看護援助により外用薬塗布の継続に繋がった地域で生活する統合失調症患者の一例、日本リハビリテーション看護学会誌4(1);47―53、2015
■紅林佑介:入院中の慢性期統合失調症患者における入院期間と認知機能との関連、日本リハビリテーション看護学会誌4(1);18−25、2015


【学会発表(筆頭のみ)】
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki: Increase in Steps is Associated with Improvement of Executive Function in Older Adults with Schizophrenia: A 6-Month Follow-up Study, TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017, 2017
■Yusuke Kurebayashi, et al: Factors Influencing Self-focus in Psychiatric Nurses: A Cross-sectional Study, TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017, 2017
■Yusuke Kurebayashi, et al: Is Self-focus Associated with Nursing Competency in Psychiatric Nurses? A Cross-sectional Study, 2nd Asian-Pacific Nursing Research Conference, 2017
■紅林佑介、大瀧純一、長井曜子、利田泰之:外来通院中の統合失調症患者における身体活動量の増減と認知機能の変化:縦断研究、第113回日本精神神経学会学術総会、2017
■Yusuke Kurebayashi, Tomomi Goda, Satomi Ikeuchi, Aiko Hamada, Toshiyuki Kihara : Differences in Perceived Need for Support Among New Nursing Teachers Working in a Japanese Nursing College Based on the Years of Experience, 3rd International Conference on Public Health in Asia (COPHA 2017), 2017
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki: The relationship between change in physical activity and neurocognition in inpatient with schizophrenia; a longitudinal study, 20th EAFONS, 2017
■Yusuke Kurebayashi,et al: Does self-focus differ between psychiatric and general nurses? A cross-sectional study, 20th EAFONS, 2017
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki: Physical activities and neurocognitive functions in inpatients with non-remitted schizophrenia. 22nd World Congress of World Association of Social Psychiatry. 2016
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki: The demographics and psychiatric symptoms influencing spatial attention in patients with schizophrenia. 22nd World Congress of World Association of Social Psychiatry. 2016
■Yusuke Kurebayashi, Junichi Otaki: The feature in neurocognitive functions in patients with remitted and non-remitted schizophrenia. 9th ICN INP/APNN conference. 2016
■紅林佑介、大瀧純一、利田泰之:入院中の統合失調症患者における身体活動量と認知機能との関連、第112回日本精神神経学会学術集会、2016
■Yusuke Kurebayashi、Junichi Otaki:The difference in factors influencing neurocognitive functions of schizophrenia patients - a comparison between inpatients and outpatients - 、10th International Nursing Conference、2015
■Yusuke Kurebayashi、Junichi Otaki、Midori Takagi, et al:A review of literature on nursing care for schizophrenia patients considering their neurocognitive functions. 10th International Nursing Conference、2015
■紅林佑介、大瀧純一:外来通院中の統合失調症患者における過去の入院期間と認知機能との関連、第111回日本精神神経学会学術総会、2015
■紅林佑介、大瀧純一:統合失調症患者における属性要因と認知機能の関連性〜外来患者と入院患者についての調査〜、第110回日本精神神経学会学術総会、2014
■紅林佑介、大瀧純一:入院中の慢性期統合失調症患者における認知機能と入院期間との関連、第33回日本看護科学学会学術集会、2013
■紅林佑介、大瀧純一:入院中の統合失調症患者における認知機能と罹病期間との関連、第109回日本精神神経学会学術総会、2013
■紅林佑介、大瀧純一、菊池健:慢性期統合失調症患者における入院および外来患者の認知機能の比較、第108回日本精神神経学会学術総会、2012
■紅林佑介、大瀧純一:統合失調症で精神科病院に長期入院中の患者の認知機能、第107回日本精神神経学会学術総会、2011

【競争的資金】
■関西医療大学 H27 奨励研究 (研究代表者)「入院中の統合失調症患者の活動量と認知機能との関連性」
■科学研究費 研究活動スタート支援 H27-28(研究代表者)「統合失調症患者の認知機能と身体活動量の関連性の解明」
■科学研究費 基盤研究(C)、「看護系大学における新人看護教員を支えるメンタリングガイドブックの開発(研究代表者:合田友美)」、研究分担者
■関西医療大学 H28 奨励研究 (研究代表者)「入院中の統合失調症患者の身体活動量と認知機能に関する縦断研究」
■科学研究費 若手研究(B)H29-31 「認知機能の改善を目的とした統合失調症の入院患者用運動プログラムの開発」(研究代表者)

【受賞歴】
■Best Poster Award, 2nd Asian-Pacific Nursing Research Conference, 2017
学外活動 ・つながろう通信制保健室フォーラム、2013〜
・心の教育講演会 講師、静岡県立静岡中央高校通信制課程、2014
・はらからの家福祉会勉強会 講師、2014
・日本保健福祉学会誌 査読委員、2015〜
・久米田病院 研修講師、2016
居室・研究室 A棟402号
メールアドレス yusukekure@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜13-15時 その他在室中はいつでも
学生・受験生へのメッセージ  精神疾患を抱えた人への看護援助の目標は、その人がその人らしく生活を送られるようにすることです。どんな看護援助があるでしょうか。
 まだまだ未開な部分が多い精神科看護を、「科学」と「自分自身」を方位磁針にして一緒に考えていきましょう。
更新年月 2017.10
このページのトップへ

PAGE TOP