search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 神谷 茂
フリガナ カミヤ シゲル
NAME Shigeru KAMIYA
職 位 教授
役職・委員(大学) 保健学部長
大学院保健学研究科長
研究テーマ・分野 1.ヘリコバクター・ピロリの病原因子、微生物生態学の研究 2.ディフィシル菌感染症の病態解析 3.腸内フローラとプロバイオティクスに関する応用研究 4.肺炎マイコプラズマの病原因子に関する研究
担当科目(学部) (医学部)感染症・免疫学(兼担)
兼務・兼担 医学部兼担
略 歴 1978年 金沢大学医学部卒業
1982年 金沢大学大学院医学研究科修了(専攻、病理系ウイルス学)医学博士号取得(金沢大学甲種第604号)
1985年 金沢大学医学部微生物学教室一助手
1986年 金沢大学医学部微生物学教室一講師
1987-1989年 英国Medical Research Councilクリニカルリサーチセンターへ海外出張
1991年 東海大学医学部微生物学教室助教授 
1993年 日本細菌学会黒屋奨学賞受賞
1994-2000年 杏林大学医学部微生物学教室教授
2000-2018年 杏林大学医学部感染症学講座教授
2008年 第31回国際微生物生態学会PC Trexler記念講演
2008年 日本マイコプラズマ学会北本賞受賞
2010-2018年 杏林大学学長補佐(兼務)
2018年から現在:杏林大学保健学部長
所有する学位 医学博士(金沢大学)
主要研究業績 1.Osaki T , Mabe K, Zaman C, Yonezawa H, Okuda M, Amagai K, Fujieda S, Goto M, Shibata W, Kato M, Kamiya S :Usefulness of detection of clarithromycin-resistant Helicobacter pylori from fecal specimens for young adults treated with eradication therapy. Helicobacter 22, 2017 doi: 10.1111/hel.12396.
2.Yonezawa H, Osaki T, Fukutomi T, Hanawa T, Kurata S, Zaman C, Hojo F, Kamiya S: Diversification of the AlpB outer membrane protein of Helicobacter pylori affects biofilm formation and cellular adhesion. J Bacteriol. 199, 2017 pii: e00729-16. doi: 10.1128/JB.00729-16.
3.Hanawa T, Kamachi K, Yonezawa H, Fukutomi T, Kawakami H, Kamiya S:
Glutamate limitation, BvgAS activation and (p)ppGpp regulate the expression of the Bordetella pertussis type 3 secretion system. J Bacteriol. 198:343-351, 2016
4.Kurata S, Nakashima T, Osaki T, Uematsu N, Shibamori M, Sakurai K, Kamiya S: Rebamipide protects small intestinal mucosal injuries caused by indomethacin by modulating intestinal microbiota and the gene expression in intestinal mucosa in a rat model. J Clin Biochem Nutr 56:20-27, 2015
5.Yonezawa H, Osaki T, Hanawa T, Kurata S, Ochiai K &Kamiya S. Impact of Helicobacter pylori biofilm formation on clarithromycin susceptibility and generation of resistance mutations. PLoS One. 2013 Sep 6;8(9):e73301. doi:
10.1371/journal.pone.0073301.
6.Sugisaki K, Hanawa T, Yonezawa H, Osaki T, Fukutomi T,Kawakami H,Yamamoto T and Kamiya S:Role of (p)ppGpp in biofilm formation and expression of filamentous
structures in Bordetella pertussis. Microbiology 159:1379-1389, 2013
7.Oka K, Osaki T, Hanawa T, Kurata S, Okazaki M, Manzoku T, Takahashi M, Tanaka
M, Taguchi H, Watanabe T, Inamatsu T, Kamiya S: Molecular and microbiological characterization of Clostridium difficile isolates from single, relapse, and re-infection cases. J Clin Microbiol 50:915-921, 2012.
8.Kamoda O, Anzai K, Mizoguchi J, Shiojiri M, Yanagi T, Nishino T, Kamiya S: In vitro activity of a novel antimicrobial agent, TG44, for treatment of Helicobacter pylori infection. Antimicrob Agents Chemother. 50:3062-3069, 2006
9.Bii CC, Taguchi H, Ouko TT, Muita LW, Wamae CN & Kamiya S:Detection of virulence-related genes by multiplex PCR in multidrug-resistant diarrhoeagenic Escherichia coli isolates from Kenya and Japan. Epidemiol Infect. 133:627-633, 2005.
10.Yamaguchi H, Yamada M, Uruma T, Kanamori M, Goto H, Yamamoto Y & Kamiya S: Prevalence of viable Chlamydia pneumoniae in peripheral blood mononuclear cells of healthy blood donors. Transfusion 44:1072-1078, 2004.
11.Takahashi M, Taguchi H, Yamaguchi H, Osaki T, Komatsu A & Kamiya S: The effect of probiotic treatment with Clostridium butyricum on enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 infection in mice. FEMS Immunol Med Microbiol 41:219-226, 2004.
12.Kamiya S, Tanaka J, Ogura H, Sato H, Yoshie T, Sato Y, Hatano M:
Decreased colony forming ability of human cells persistently infected with
baboon endogenous virus. Arch Virol. 78:119-25 ,1983.

(著書)
1.標準微生物学、第13版、編集、医学書院、2018年
2.ブラック微生物学、第3版、監修・翻訳、丸善、2014年
3.ハリソン内科学、第4版、分担翻訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2013年
4.微生物学〜基礎から臨床へのアプローチ、監訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2012年
所属学会 国際ノートバイオロジー学会(前理事長)、国際微生物生態学会(前事務局長)、国際化学療法学会Device-related Infection and Biofilmワーキンググループ議長、アジアマイコプラズマ学会(理事長)、日本無菌生物ノートバイオロジー学会(理事長)、日本バイオフィルム学会(理事長)、日本細菌学会(元理事長、評議員)、日本マイコプラズマ学会(前理事長、理事)、日本ビフィズス菌センター(副理事長)、日本臨床腸内微生物学会(理事)、日本ヘリコバクター学会(理事)、日本感染症学会(評議員)、日本化学療法学会(評議員)
公的な委員会等の役員・委員歴 欧州科学財団(ESF)国際学術評価委員、国際科学技術センター (モスクワ)国際評価委員、日米医学協力研究会コレラ関連下痢症専門部会研究員、経済産業省産業構造審議会臨時委員、厚生労働省社会保障審議会専門委員(統計分科会員)、国立感染症研究所研究評価委員会委員、科学研究費専門委員会委員
学外活動 JICA青年海外協力隊技術顧問・専門委員、日本医科大学医学部客員教授、Bioscience of Microbiota, Food and Health (編集長)、臨床と微生物(編集委員)
居室・研究室 井の頭キャンパスC棟5階、保健学部長室
オフィスアワー 火曜日、木曜日、金曜日の12:00-13:00、保健学部長室
このページのトップへ

PAGE TOP