search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要救急救命学科 カリキュラム 病院実習

カリキュラム

病院実習

杏林大学医学部付属病院と高度救命救急センターを中心として、独立行政法人国立災害医療センター、青梅市立総合病院で実習します。 実際の傷病者に接して、症状判断、薬剤投与等、救急救命士として救護活動に必要な内容について、講義で習った医学知識を実際に確かめる最高の機会です。 救急救命学科は3年次後期に力を入れて病院実習を行っています。


杏林大学高度救命救急センター長
主任教授 山口芳裕

杏林大学高度救命救急センターは、わが国有数の規模を誇る3次救急医療施設です。 高度専門医療と救命救急処置の最高の機能を併せ持つ最先端モデルと評価される 当施設は、同時に救急救命士を目指す学生の教育・研修の場でもあります。 恵まれた環境と豊富な教育スタッフを活用して、病院前医療のプロフェッショナルを目指してください。


履修モデルや講義科目の概要・目標・授業計画(シラバス)、配当年次などは、下記をご参照ください。
救急救命学科 履修モデル


このページのトップへ

PAGE TOP