search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要健康福祉学科 資格 第一種衛生管理者

資格

第一種衛生管理者

衛生管理者

衛生管理者とは企業・地方自治体等において安全で衛生的な環境を整え労働者の健康管理を行う者です。50名以上の従業員を雇用している企業は必ず衛生管理者を選任する事が労働安全衛生法で決められています。

衛生管理者のおもな業務

衛生管理者の主な業務は、

  • 健康診断の企画、運営及び健診結果の取り纏め
  • 労働者へ対する各種教育の企画、運営、実施
  • 労働環境、作業環境の点検、整備
  • 労務管理

など多様であり、大変重要な仕事です。また、業種や従業員の数に応じて選任する衛生管理者の種類や数が決められています。法で定められた有害業務に労働者を従事させる事業所では第一種衛生管理者の資格を有する者を選任しなければなりません。

資格の取得

健康福祉学科では、第一種衛生管理者の国家資格を取得する事が出来ます。通常、衛生管理者の免許を得るには、大学を卒業後1年以上の実務経験を積み、厚生労働大臣指定機関が実施する国家試験を受験し合格しなければなりませんが、当学科では指定された科目を履修し卒業する事で、無試験で資格を得ることが出来ます。

このページのトップへ

PAGE TOP