search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要健康福祉学科 カリキュラム 卒業研究

カリキュラム

卒業研究

健康福祉学科では4年次に全員が各研究室へ配属され卒業研究を実施します。研究能力を身につける事以外にも、『現状や問題点を把握・分析する能力』、『情報やデータを解析する能力』、『文章に纏め、プレゼンテーションをする能力』を養うことを目的としています。これらは社会に出た際、最も汎用性が高く、社会人の必須能力と考えられます。

配属研究室は様々な分野の研究、卒研指導を行っており、知識を広範囲に学ぶことが出来ます。

卒業研究概要 (おもな卒業研究のテーマ)

健康教育学 研究室
  • 小・中・高校の保健科の授業法や教材開発
  • 学校健康教育の効果測定についての研究
  • 養護教諭養成教育における看護学の位置づけ
  • 学校保健室の環境整備に関する研究
母子保健学 研究室
  • 地域子育て支援、児童虐待防止ネットワークに関する研究
  • 幼児の肥満に関する研究
  • 学校管理下の医療行為に関する研究
  • 予防接種に関する研究
精神保健学・社会福祉学 研究室
  • ひきこもりやDV、摂食障害、虐待、ストーカーなど、様々なタイプの依存の問題を、現代社会や現代人の心性、特に自己愛の問題などとの関連を心理社会学的な立場から幅広く研究する。
  • 自身の人生の過去・現在・未来に対する捉え方と自己概念の関係についての研究
  • 介護予防に関する研究
  • 障害者福祉に関する研究
公衆衛生学 研究室
  • 地域や職域の健康管理・健康増進に関する研究
  • 生活習慣とその変容などについての研究
  • 人間を含む生物に関連したデータの処理方法について統計学を用いた研究
  • 地域の食物入手可能性と世帯での利用状況との関連でみた幼児の食事評価に関する研究
  • 栄養専門家不在の地域における栄養アセスメントに用いる食事調査ツールの開発
  • 味覚に関する栄養生態学的研究[動物・人](出嶋)
環境保健学・人類生態学 研究室
  • 環境騒音に関わる測定・評価および社会調査
  • 環境汚染による生体影響(味覚・代謝・寿命など)を変化させる様々な要因の検討
  • 環境水(地下水、湧水、河川水、降水)に含まれるイオンの化学動態と生成過程等の検討
  • 発展途上国、特に中南米における寄生虫(T.Cruzi)感染症の簡易的検査方法に関する検討
細胞遺伝学 研究室
  • 染色体異常生成機構
  • 毛胞細胞を用いたFISH法による染色体分析
  • 発癌物質のスクリーニング系確立のための基礎研究
  • 中等教育における遺伝教育の国際比較(英仏独米)
  • 日常的に用いられる遺伝用語のあいまいさ
  • 遺伝教育に用いる資料の作成
  • 3D-FISH法によるヒト染色体の核内配置解析
  • 薬事申請に関する事例調査
  • 多発性嚢胞腎遺伝子の解析
  • 「健康に良い」等と宣伝されている諸「水」製品類の性状と実体、及び実際の効能の検討

●各科目の詳細(シラバス)や時間割は以下をご参照ください。
入試関連情報 よくあるご質問

このページのトップへ

PAGE TOP