search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要健康福祉学科 資格 社会福祉士

資格

社会福祉士

社会福祉士

社会福祉士とは法で「専門的知識及び技術をもって、福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。つまり、福祉に関するプロの国家資格です。本学科で必要な単位を履修し卒業※すると、実務経験等が必要なく国家試験を受験資格を得る事が出来ます。
※)国家試験は卒業見込みで受験出来るので、4年次に受験が可能です。

社会福祉士の活躍の場

社会福祉士の活躍の場は多種多様で、福祉施設の他に、「地方自治体(公務員)」、「児童相談所」、「養護施設」、「病院(医療ソーシャルワーカー)」などで活躍しています。また、近年の社会福祉に関する制度は複雑になり、それらを十分の理解し相談、援助が出来る社会福祉士は今後一層色々な場面での活躍が期待されています。

健康福祉学科で育成する社会福祉士

本学の社会福祉士養成課程は医療系の学部に設置されている事を最大限に活かし、『ヒトの体や機能、健康が分かる社会福祉士』を養成しています。基礎医学や保健学に関する授業も多く取り入れられ、卒業生は医療ソーシャルワーカー(MSW)等として病院等でも活躍しています。また、本学科では教護教諭の資格も併せて取得出来るので、児童福祉に強い社会福祉士として児童施設などでも活躍出来る人材を育成しています。

演習 演習
援助技術演習 援助技術演習
このページのトップへ

PAGE TOP