search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要健康福祉学科 資格 養護教諭・保健科教諭

資格

養護教諭・保健科教諭

養護教諭

養護教諭は、学校保健室の先生です。小・中・高・特別支援学校、すべての校種に共通の教員免許です。仕事内容は、救急処置、健康診断、健康観察、健康相談、カウンセリング、保健委員会活動指導、保健教育など非常に幅広く、子どもが抱える心身の健康問題や学校全体としての健康課題の解決に努め、一人ひとりが健康を維持・増進し、病気予防の実践力を育んでいけるようにサポートする「保健の専門家」としての大事な役割を担っています。

教員免許は、学士の学位等の基礎資格を得るとともに、文部科学大臣が認定した課程において所定の教科及び教職に関する科目の単位を修得することで得られます。

健康福祉学科では、養護教諭一種免許状が取得可能です。また、本学大学院(保健学研究科保健学専攻 博士前期課程 保健・福祉科学分野)に進学することで、養護教諭専修免許状が取得できます。

保健科教諭

保健科教諭は、中・高の保健体育の授業のうち、実技以外の「保健」だけを担当することができる教員免許です。養護教諭免許(経験3年)でも保健は担当できますが、より良い授業を行うためには大学で教授法を学び保健科教諭免許を取得する意義は大きいといえるでしょう。
健康福祉学科では、中学および高校教諭の一種免許状(保健)が取得可能です。また、本学大学院(保健学研究科保健学専攻 博士前期課程 保健・福祉科学分野)に進学することで、中学および高校教諭の専修免許状(保健)が取得できます。

ご参考
専修免許状 修士の学位を基礎資格として、一種免許状に加え、大学院で所定の教科及び教職に関する科目の単位を修得。
一種免許状 学士の学位を基礎資格として、所定の教科及び教職に関する科目の単位を修得。
二種免許状 短期大学士の学位を基礎資格として、所定の教科及び教職に関する科目の単位を修得。

健康福祉学科で育成する養護教諭、保健科教諭

健康福祉学科は保健学部の特長を生かし、基礎医学をベースとして幅広く保健学を学ぶ中に養護教諭の専門性を深めるカリキュラム構成で教育を行っています。また、心の問題の解決支援を学ぶための精神保健領域や、健康の維持、増進の支援スキルを磨く健康教育領域の授業を重点に置いています。
さらに、養護教諭に求められる創造的な実践力を磨くべく、ボランティア活動やインターンシップ、研究会など、授業の学びだけでは得られない学習の機会を積極的に支援する体制づくりを進めています。
研究会(学校保健実践研究会)には、毎年、在校生や卒業生、現職養護教諭など100名余りが参加しています。在校生にとっては意識を高め、様々なことを考え深める学習の場として、また卒業生にとってはお互いの養護実践から学校保健活動活性化のヒントを見出す貴重な機会として定着しつつあります。

保健室 学校保健実践研究会
保健室 学校保健実践研究会
就職先一覧はこちら
このページのトップへ

PAGE TOP