search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要看護学科・看護学専攻 カリキュラム 講義

カリキュラム

講義

主要科目の特長

看護援助論(1年生/前期)
健康障害により自分でできなくなった日常生活を支援するという看護独自の機能であり、看護師の主体的判断により実施できる業務として保健師看護師助産師法に規定されている「療養上の世話」に焦点をあてている。  ヘンダーソンとウィーデンバックの看護論を介して、その人の生活上の不都合を軽減すること、その人の個別的なニーズに対応することについて考察し、直接的に手を使って患者の身体的な世話をする看護援助とは何か、その答えを見出す。
応用看護学実習(4年生/前期・後期)
本科目は、看護および看護学の集大成を図るための科目として位置づけられている。科目の内容は、これまで学んだ講義・演習ならびに各実習を通し、さらに看護について極めることができるように、事前にがん看護、クリティカルケア、家族看護、医療安全などの講義を受けたのちに応用看護学実習を行う。  この実習により総合的な看護能力が高まり、看護とは何かを改めて吟味し、自分の目指す看護を明らかにする。
公衆衛生看護学実習V(4年生/前期)
地域で生活している人々の健康を守るための諸活動について実習を通して学ぶ科目で、保健師の資格取得に必須の科目である。  具体的には、保健所保健師による家庭訪問や保健事業の展開方法について事例を通して学んだり、保健所における保健活動を通して、公衆衛生看護活動について学ぶ。更に保健所と市町村や関連機関との連携、ネットワークづくりにおける保健師の役割や、産業保健の場における産業看護職の役割についても学ぶ。
助産学実習T(4年生/前期・後期)
助産師課程は統合カリキュラムの中での3年次母性看護学を基礎としている。助産学実習Tでは母性看護学での学習を深め、助産学の学習へと発展させるため、基本的な妊娠期・産褥期・新生児期の母児のアセスメントや根拠に基づく支援を実践する。  また、助産学実習Uでの分娩介助実習が円滑かつ有効に展開できるように分娩期のケアについても周辺参加の概念に基づき体験し、学ぶ機会としている。

1年次

一般教養、医学や看護学の基礎となる知識の習得
  • 人間科学系、自然科学系、語学系
    哲学、発達心理学、生命倫理学、福祉・地域と大学、健康スポーツ科学、生命科学概論、英語 など
  • 専門基礎分野系
    形態・機能学、代謝・栄養学、薬理学、感染症・免疫学、公衆衛生学、健康支援と法律 など
  • 基礎看護学分野
    看護学概論、看護援助論、ヘルスアセスメント技術、基礎看護学実習 など
  • 専門看護学分野
    成人看護学概論 など

2年次

看護に必要な専門科目の講義・実習
  • 人間科学系、自然科学系、語学系
    現代教育論、人類遺伝学、医学英語、英会話 など
  • 専門基礎分野
    病態治療論、保健福祉行政論、健康教育学 など
  • 基礎看護学分野
    看護過程、治療・処置の技術、基礎看護学実習 など
  • 専門看護学分野
    成人看護学、高齢者看護学概論、小児看護学概論、母性看護学概論、精神看護学概論、在宅看護学、公衆衛生看護学概論 など

3年次

成人看護学、高齢者看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護学に関する講義と学内実習、臨床実習
  • 専門基礎分野
    保健統計 など
  • 専門看護学分野
    成人看護学実習、高齢者看護学実習、小児看護学実習、母性看護学実習、精神看護学実習、在宅看護学実習 など

4年次

4年間で学んだ知識を高め、専門性を追求する能力を築く総合領域
  • 応用看護学分野
    看護研究、看護管理、家族看護、クリティカルケア、感染症看護、がん看護、医療安全、特別講義 など

履修モデルや講義科目の概要・目標・授業計画(シラバス)、配当年次などは、下記をご参照ください。
看護学科看護学専攻 履修モデル


このページのトップへ

PAGE TOP