search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要作業療法学科 学科概要 付属病院

学科概要

付属病院

医学部付属病院のある作業療法学科

医学部付属病院との密接な連携で、最先端の医学知識の提供と充実した病院実習を実現します。 病院実習(臨床実習)では付属病院のスタッフの指導による、臨床現場に即した実践的な実習を行ないます。

付属病院 リハビリテーション室
杏林大学付属病院 杏林大学付属病院 作業療法室

杏林大学病院について詳しくはこちら


インタビュー:医師からみた作業療法について

岡島康友 教授

杏林大学医学部付属病院 リハビリテーション医学教室 教授 岡島康友先生に、作業療法についてお話を伺いました.


Q1 リハドクターからみた作業療法士の必要性
医療におけるリハビリテーションは急性期(患者様の病態が不安定な状態から、治療によりある程度安定した状態に至るまでのこと)から慢性期まで守備範囲は広いですが、現状では急性期と慢性期の間の回復期に多くの力を注がれていて、それだけでも手一杯になっています.加えて、医療分野だけでなく福祉分野へもリハビリテーションのニーズは広がっています.
リハビリテーションの究極の目標はQOL(Quality of Life:人が充実感や満足感を持って日常生活を送ることができること)の向上、そしてそのための基礎をなすのがADL(Activities of Daily Living:日常生活活動)の改善です.病院等での医学リハビリテーションだけでなく、教育的、職業的、そして社会的リハビリテーションにも関与します.
作業療法士はこうしたリハビリテーションすべての分野で必要とされ、「応用的領域」を司る療法士といえます.とくに理学療法士の関与が希薄な慢性期医療〜介護,福祉,教育,職業の現場ではその応用力は大きいと思います.
Q2 杏林大学作業療法学科への期待
増加の一途をたどる認知症へのリハビリテーションのニーズは増えていくと考えられます.杏林大学の作業療法学科では「認知症に強い作業療法士」のコンセプトを挙げられています.高齢者にはリハビリテーションを必要とする多くの疾患や怪我がありますが、認知症をもっている点は共通です.認知症の方々に真正面からぶつかっていくことのできる作業療法士ができることを切に願っています.
Q3 作業療法士を志す学生へ一言
作業療法という分野は対象とする人々や対象となる時期などによって多様です.学生さん自身の性格、長所や短所をみて、自分に合っていると思う作業療法の分野をまず探してみてください.そうすると自分の中での作業療法士の像がはっきりすると思います.既存のイメージにとらわれないで広い視野に立って作業療法の世界をのぞいてみてください.

岡島先生、ありがとうございました。作業療法学科では、授業・実習等でお世話になります。

このページのトップへ

PAGE TOP