大学ホーム医学部教室紹介外科学教室

外科学教室

教室専任教員


消化器・一般外科
教授 杉山 政則
  正木 忠彦
  森 俊幸
准教授 阿部 展次
  松岡 弘芳
講師 鈴木 裕
助教 小嶋 幸一郎
  長尾 玄
  橋本 佳和
  小暮 正晴
  竹内 弘久
  横山 政明
  松木 亮太
  鶴見 賢直
  近藤 恵里
  吉敷 智和
呼吸器・甲状腺外科
教授 近藤 晴彦
  平野 浩一
准教授 武井 秀史
講師 田中 良太
  長島 鎮
助教 中里 陽子
  橘 啓盛
  清水 麗子
  三ツ間 智也
乳腺外科
教授 井本 滋
講師 伊坂 泰嗣
助教 宮本 快介

教室概要

外科学教室は消化器・一般外科呼吸器・甲状腺外科乳腺外科の3部門からなっています。当教室は杏林大学病院の外科系教室で最大の医局員をかかえ、各部門がそれぞれ切磋琢磨しながら診療、研究を行っています。また、幅広い外科的知識や実践的な手技の習得を目指し、各部門で綿密な連絡を取り合いながら、学生・研修医の教育を行っています。

消化器・一般外科

診療:上部消化管、肝・胆道・膵、下部消化管、内視鏡外科、腹壁疾患などのグループに分かれ、診療を行っています。対象疾患の多くは癌ですが、胆石症、ヘルニア、逆流性食道炎、食道アカラジア、膵炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、便失禁、痔核などの良性疾患も多く扱っています。腹腔鏡下手術、救急疾患に対する緊急手術を含め、手術症例数はここ数年、年間1000例前後を推移しています。また、食道や胃、大腸などの腫瘍(ポリープや早期癌)に対する内視鏡的切除や、総胆管結石に対する除石治療などの内視鏡治療も積極的に行っております。肝胆膵の手術症例も多く、日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設(A)の認定を受けています。

研究:癌に関する基礎研究、肝内結石症に関する基礎研究、画像診断や腹腔鏡下手術、内視鏡的治療に関する臨床研究、新しい低侵襲手術に関する臨床研究など、研究面においてもアクテイブに活動しています。それらの成果は数多くの学会発表、邦文・英文報告によって国内のみならず世界に向けて発信しています。

教育:学生に対しては、消化器外科領域の疾患に関して幅広い知識を習得できるよう、講義やベッドサイドラーニングに力を入れています。また、研修医に対する教育も重視しており、知識だけでなく実践的な手技の習得を目指し、腹腔鏡下手術のシミュレーターを用いた手術トレーニング、動物を用いた開腹・腹腔鏡下手術トレーニングなどを定期的に行っております。

研究グループおよび研究課題

1. 上部消化管グループ

主な研究内容
  • ・ 胃食道逆流症、逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術に関する臨床研究
  • ・ 食道表在癌・早期胃癌内視鏡的治療の臨床的検討
  • ・ 早期胃癌に対する全胃温存腹腔鏡下リンパ節郭清術に関する臨床研究
  • ・ 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術に関する臨床研究
  • ・ 胃・十二指腸粘膜下腫瘍に対する内視鏡的胃全層切除術に関する臨床研究
  • ・ 胃液内癌細胞に関する基礎的研究
  • ・ 胃癌、十二指腸癌、消化管間質腫瘍の腹膜播種に関する基礎的研究
  • ・ 十二指腸腫瘍に対する新しい低侵襲手術の開発
  • ・ 十二指腸上皮性腫瘍における分子生物学的研究

2. 肝胆膵グループ

主な研究内容
  • ・ 膵切除に関する新規術式の開発
  • ・ 肝切除法に関する臨床的検討
  • ・ 膵空腸吻合に関する臨床研究
  • ・ 膵手術後再建法に関する臨床的検討
  • ・ 膵手術後の合併症対策における臨床研究
  • ・ 膵管内乳頭粘液性腫瘍手術後における長期成績に関する検討
  • ・ 膵管内乳頭粘液性腫瘍における癌関連分子の免疫組織化学的検討
  • ・ 内視鏡的乳頭括約筋切開術に関する臨床的検討
  • ・ 膵管内乳頭腫瘍、粘液性嚢胞腫瘍における全国調査の分析
  • ・ 膵管内乳頭腫瘍、粘液性嚢胞腫瘍における悪性度評価
  • ・ 膵切離法に関する臨床的検討
  • ・ 膵、胆道癌における癌関連分子の分子生物学的検討
  • ・ 肝胆膵外科手術後の合併症と内視鏡的治療に関する臨床的検討
  • ・ 腹腔鏡下尾側膵切除術に関する臨床研究
  • ・ 急性膵炎の重症化や合併症発生に関する臨床研究
  • ・ 膵腫瘍におけるエピジェネティクス蓄積異常の解析
  • ・ 胆道癌におけるシグナル伝達系および細胞周期関連分子の解析
  • ・ 肝内結石症における全国疫学調査の解析
  • ・ 肝内胆管癌偽陽性症例の調査研究
  • ・ 膵石症の全国調査
  • ・ 膵Solid peudopapillary neoplasmにおける分子生物学的研究

3. 大腸グループ

主な研究内容
  • ・ 癌浸潤と接着因子の関連の基礎的検討
  • ・ 癌先進部診断とリンパ節転移:縮小手術の適応拡大に関する臨床研究
  • ・ 下部直腸癌における自律神経温存手術と術中照射のランダム化臨床治験
  • ・ 直腸癌術後排便機能障害の評価:至適評価基準の検討
  • ・ 画像診断による術前病期診断(MDCT・MRI・EUS・PET-CT)
  • ・ 大腸癌術後補助化学療法(TS-1 vs.ゼロ―ダ):ランダム化臨床治験
  • ・ 進行再発大腸癌における化学療法(第一・第二相臨床治験)
  • ・ クローン病難治性瘻孔における抗TNFα抗体療法
  • ・ 肛門周囲膿瘍・痔瘻画像診断
  • ・ 便失禁・肛門括約筋不全に対するバイオフィードバック療法・外科治療
  • ・ 排便障害に対する直腸肛門機能検査
  • ・ 腸閉塞症例における画像診断
  • ・ Surgical site infectionに関する危険因子の解明/オルニチンと関連因子の検討
  • ・ 切除不能進行結腸癌症例における腹腔鏡手術の有用性の検討(JCOG研究)
  • ・ 低位前方切除術における一時的人工肛門造設に関する多施設研究
  • ・ 新肛門に対する臨床・生理・解剖学的検討
  • ・ 結腸・直腸癌根治切除不能肝転移におけるNeoadjuvant chemotherapy(PhaseⅡ study)
  • ・ プロバイオティクスによる下部消化管手術後の感染予防効果の検討
  • ・ 術後腸管蠕動に対するチューインガムの効果と機序についての研究
  • ・ 大腸癌最深部における癌浸潤の機序の解明と新規分子標的治療薬の開発に関する基礎的研究
  • ・ 癌幹細胞に関する基礎的検討
  • ・ 大腸癌至適腸管切除長に関する多施設共同前向き研究(大腸癌研究会)
  • ・ 術前MRIによる直腸癌側方リンパ節転移の至適診断能の検討(JCOG)

4. 内視鏡外科グループ

主な研究内容
  • ・ 洗浄機構付き腹腔鏡の有用性に関する臨床研究
  • ・ 超高解像度腹腔鏡の開発
  • ・ 胃食道逆流症、逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術に関する臨床研究
  • ・ 早期胃癌に対する全胃温存腹腔鏡下リンパ節郭清術に関する臨床研究
  • ・ 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術に関する臨床研究
  • ・ 胃・十二指腸粘膜下腫瘍に対する内視鏡的胃全層切除術に関する臨床研究
  • ・ 十二指腸腫瘍に対する新しい低侵襲手術の開発
  • ・ 腹腔鏡下尾側膵切除術に関する臨床研究
  • ・ 進行大腸癌における腹腔鏡下手術に関する臨床的検討
  • ・ 切除不能進行結腸癌症例における腹腔鏡手術の有用性の検討(JCOG)

最近の業績(代表5件)

  1. Sugiyama M, et al. Pancreatic duct holder and mucosa squeeze-out technique for duct-to-mucosa pancreatojejunostomy after pancreatoduodenectomy: Propensity score matching analysis. World J Surgery 2016; 40: 3021-3028.
  2. Yokoyama M, et al. KRAS mutation as a potential prognostic biomarker of biliary tract cancer. Jpn Clin Med 2016;7:33-39.
  3. Suzuki Y, et al. Development and potential utility of a new scoring formula for prediction of malignant intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. Pancreas 2016;45:1227-1232.
  4. Kishiki T, Masaki T, Mastuoka H, Abe N, Mori T, Sugiyama M. New Prognostic Scoring System for Incurable Stage IV Colorectal Cancer. Asian Pac J Cancer Prev 2016;17:597-601.
  5. Abe N, Hashimoto Y, Kawaguchi S, Shimoyama H, Kojima Y, Yoshimoto E, Kondo E, Ohki A, Takeuchi H, Nagao G, Suzuki Y, Masaki T, Mori T, Sugiyama M. Successful treatment of large adenoma extending close to the papilla in the duodenum by laparoscopy-assisted pancreas-sparing duodenectomy. Asian J Endosc Surg 2016;9:52-56.

呼吸器・甲状腺外科

当教室は1993年より呉屋朝幸教授のもと、外科学(呼吸器・消化器・乳腺・甲状腺)として始まり、現在の医学部外科学教室(呼吸器・甲状腺グループ)に至ります。また、2012年には近藤晴彦教授(呼吸器外科)が赴任致しました。2014年には平野浩一教授が赴任し、甲状腺外科にも力を入れるようになりました。

診 療:呼吸器分野では原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患の診療が中心となっています。とくに原発性肺癌では、従来のCTによる画像診断や一般的な気管支鏡の検査に加え、超音波気管支鏡(EBUS)による低侵襲かつ確実なリンパ節転移診断を行い、適切な治療方針の決定に努力しています。外科治療分野では、小型・早期発見症例には胸腔鏡を使用した低侵襲手術を適応し、進行した症例には術前化学療法の併用、拡大切除の技術を有し、経験も豊富です。
甲状腺外科においては、病理部との密な連携により的確な初期診断を可能とし、甲状腺腫瘍や副甲状腺腫瘍はもとよりバセドー病などの非腫瘍性疾患の手術治療も手がけております。また、頭頚部領域の腫瘍に対しても対応が可能です。縦隔進展型の甲状腺腫瘍に対しては、呼吸器外科的な技術を生かした外科治療を実践しております。
また、癌症例の終末期医療にも力をいれており、緩和ケアチーム・地域医療連携室などとの連携により、患者様のQOLの向上・維持、また高度なケアに重点を置いています。

臨床研究:呼吸器:当教室は日本肺癌学会・日本呼吸器外科学会・日本呼吸器学会合同で設立された全国肺癌登録合同委員会の初代の事務局であり、全国の肺癌切除例の成績調査を実行して参りました(現在は大阪大学に事務局が移転)。そして、超音波気管支鏡(Endobronchial Ultrasonography: EBUS)による縦隔リンパ転移の研究、肺末梢小型肺癌病変に対する早期診断の研究、開胸手術後の侵襲度を定量的に評価する血中サイトカインの変動に関する研究、再発・進行肺癌に対する分子標的治療を的確に行うための遺伝子変異に関する研究、自然気胸手術の再発を減少させるための新しい病巣確認法の研究、原発性肺腺癌術後症例に対する新たな病理学的予後因子研究、気管支鏡下生検とCT下生検における迅速細胞診の有用性に関する研究、各種生検によりえられた検体(材料)を用いた遺伝子解析の研究など多数の研究を行っています。

教 育:学生教育には通常の講義の他、5年生のベッドサイド教育、6年生のクリニカルクラークシップに力を入れています。また、学生や研修医を対象とした呼吸器外科サマースクールやドライラボ、ウエットラボ、アニマルラボなどの学外活動も行っております。初期研修教育では、呼吸器甲状腺・一般外科領域における外科的な基礎知識と手技の修得、腫瘍学の基礎を経験させ、後期研修(3年目以降)では外科(消化器・呼吸器甲状腺・乳腺)レジデントとして、より高度な内容(自然気胸、早期肺癌、小型縦隔腫瘍の外科治療の実践)を修得させます。また、国立がん研究センター中央病院、国立がん研究センター東病院、静岡がんセンター、群馬県立がんセンターをはじめとする高度な技術を習得するための専門医療機関への出張研修や、外科専門医を取得するための一般病院への出張も可能です。

近年の主な業績

  1. Kawachi R, Matsuwaki R, Tachibana K, Karita S, Nakazato Y, Tanaka R, Nagashima Y, Takei H, Kondo H: Thoracoscopic modified pleural tent for spontaneous pneumothorax. Interact Cardiovasc Thorac Surg 23. 190-194, 2016.
  2. Takei H, Kondo H, Miyaoka E, Asamura H, Yoshino I, Date H, Okumura M, Tada H,Fujii Y, Nakanishi Y, Eguchi K, Dosaka-Akita H, Kobayashi H, Sawabata N, Yokoi K. Surgery for small cell lung cancer: a retrospective analysis of 243 patients from Japanese Lung Cancer Registry in 2004. J Thorac Oncol. 2014;9:1140-1145.
  3. Matsuwaki R, Ishii G, Zenke Y, Neri S, Aokage K, Hishida T, Yoshida J, Fujii S, KondoH, Goya T, Nagai K, Ochiai A. Immunophenotypic features of metastatic lymph node tumors to predict recurrence in N2 lung squamous cell carcinoma. Cancer Sci. 2014;105:905-911.
  4. Tanaka R, Nakazato Y, Horikoshi H, Tsuchida S, Yoshida T, Nakazato Y, Tachibana K,Kondo H, Goya T. Diffusion-weighted imaging and positron emission tomography in various cytological subtypes of primary lung adenocarcinoma. Clin Imaging. 2013;37:876-883.
  5. Tachibana K, Nakazato Y, Tsuchida S, Kazama T, Minato K, Yoshida T, Fujita A,Horikoshi H, Tanaka R, Iijima M, Goya T. Immediate cytology improves accuracy and decreases complication rate in real-time computed tomography-guided needle lung biopsy. Diagn Cytopathol. 2013;41:1063-1068.

乳腺外科

理念
真「腫瘍学の真理の探求」、善「謙虚たる人材の育成」、美「アートとしてのがん治療の創造」を追求しています。

診療
乳がん、並びに良性乳腺疾患の診断と治療を行っています。早期乳がんでは、手術・薬物・放射線による集学的治療による治癒を目指すともに、形成外科との共同作業で乳房再建を積極的に行っています。進行・再発乳がんでは、効果予測因子に基づいた治療を進める一方、治療抵抗性となった場合は症状緩和のための対症療法と精神的なケアを行い、社会生活の質が長く保たれるように努めています。

研究
センチネルリンパ節生検に関する多施設共同観察研究と日本乳癌学会の班研究を進めています。乳管内進展の少ない2cm以下の乳がんを対象としたラジオ波焼灼治療に関する第II相試験を行っています。国内外の臨床試験や治験に積極的に参加するとともに、蛋白質発現解析、遺伝子発現解析から乳癌の予測因子に関する探索的研究も進めています。

教育
学生は、病棟及び外来において乳がん患者とその家族との触れ合いを通して、乳がんを理解するとともに、癌で病んだ人々の心のケアについて学びます(1週間研修)。初期研修医は、基本的な診療技術の習得とともに、最新の乳がん治療の理論的根拠と治療戦略について学びます(4週間研修)。後期研修医は、乳腺専門医を目指して、実践的な乳がんの診断、手術療法、薬物療法についてプログラムに基づいたカリキュラムを習得していきます(3年間研修)。医員は、国内外のがん関連学会における発表と論文作成を行うとともに、乳腺専門医を指導できる医師を目指します。国際的な視野を持つ乳腺専門医を世に輩出していくことが当科の使命です。

主な業績

  1. Imoto S, Wada N, Sakemura N, Hasebe T, Murata Y: Feasibility study on radiofrequency ablation followed by partial mastectomy for stage I breast cancer patients. Breast 18:130-134, 2009.
  2. Imoto S, Isaka H, Sakemura N, Ito H, Imi K, Miyamoto K: Paradigm shift in axilla surgery for breast cancer patients treated with sentinel node biopsy. Breast Cancer 19:104-109, 2012.
  3. Meretoja TJ, Leidenius MH, Heikkilä PS, Boross G, Sejben I, Regitnig P, Luschin-Ebengreuth G, Zgajnar J, Perhavec A, Gazic B, Lázár G, Takács T, Vörös A, Saidan ZA, Nadeem RM, Castellano I, Sapino A, Bianchi S, Vezzosi V, Barranger E, Lousquy R, Arisio R, Foschini MP, Imoto S, Kamma H, Tvedskov TF, Kroman N, Jensen MB, Audisio RA, Cserni G: International Multicenter Tool to Predict the Risk of Nonsentinel Node Metastases in Breast Cancer. J Natl Cancer Inst 104:1888-1896, 2012.
  4. Tazaki E, Shishido-Hara Y, Mizutani N, Nomura S, Isaka H, Ito H, Imi K, Imoto S, Kamma H: Histopathological and clonal study of combined lobular and ductal carcinoma of the breast. Pathol Int 63:297-304, 2013.
  5. Oba MS, Imoto S, Toh U, Wada N, Kawada M, Kitada M, Masuda N, Taguchi T, Minami S, Jinno H, Sakamoto J, Morita S: Observational Study of Axilla Treatment for Breast Cancer Patients with 1-3 Positive Micrometastases or Macrometastases in Sentinel Lymph Nodes. Jpn J Clin Oncol 44:876-879, 2014.
このページのトップへ

PAGE TOP