大学ホーム医学部教員紹介滝澤 始

教員紹介:滝澤 始

氏名 滝澤 始
フリガナ タキザワ ハジメ
職位 教授
所属教室 第一内科学(呼吸器内科)
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 内科学分野(呼吸器内科学)
担当科目(学部) 呼吸器内科学
担当科目(大学院) 呼吸器内科学
専門分野 気管支喘息、COPD、各種びまん性肺疾患
研究テーマ 気管支喘息、COPD、各種びまん性肺疾患の病態、とくに気道疾患における気道上皮細胞の役割の解明とその治療薬の開発をめざしています。マクロライド系抗生物質の抗炎症作用に関する研究、膠原病の肺病変、過敏性肺炎・サルコイドーシスのサイトカイン動態、大気汚染物質の肺への影響、などにも力を入れています。
略歴 1979年        東京大学医学部卒業
1979年   東京大学医学部附属病院内科研修医
1980年   小平記念東京日立病院内科医員
1981年   公立学校共済組合関東中央病院第二内科(呼吸器)医員
1984年   東京大学医学部附属病院物療内科助手
1988年   アメリカ合衆国ネブラスカ州立医科大学留学
1991年    東京大学医学部附属病院物療内科助手、同保健センター非常勤講師
1996年    東京大学医学部附属病院検査部講師
2001年   東京大学医学部附属病院呼吸器内科助教授
2006年   帝京大学医学部附属溝口病院第四内科教授
2011年   杏林大学医学部教授
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会指導医、日本呼吸器学会指導医、日本アレルギー学会指導医、日本呼吸器内視鏡学会指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. 楽しく学べる血液ガスと呼吸生理、東京、文光堂、2014.
2.免許皆伝!呼吸療法の考え方、進め方、東京、中外医学社、2014
3.滝澤 始:喘息治療薬の考え方、使い方、東京、中外医学社、2011.
4. 滝澤 始:シンプルレスピレータ、東京、文光堂、2009.
5.Watanabe M, Takizawa H, Tamura M, Nakajima A, Kurai D, Ishii H, Takata S, Nakamoto K, Sohara E, Honda K, Nakamura M, Inui T, Wada H, Goto H.Soluble ST2 as a prognostic marker in community-acquired pneumonia. J Infect. 2015 May;70(5):474-82.
6.Wada H, Akiyama Y, Takeda H, Nakamura M, Takizawa H. Social isolation in individuals with chronic respiratory failure undergoing long-term oxygen therapy. J Am Geriatr Soc. 2014 Sep;62(9):1807-8.
7. Saraya T, Kurai D, Ishii H, Ito A, Sasaki Y, Niwa S, Kiyota N, Tsukagoshi H, Kozawa K, Goto H, Takizawa H. Epidemiology of virus-induced asthma exacerbations: with special reference to the role of human rhinovirus. Front Microbiol. 2014 May 26;5:226.
所属学会 日本内科学会(評議員)、日本呼吸器学会(代議員)日本アレルギー学会(代議員)日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会(評議員・監事) American College of Chest Physicians ( Fellow of the International Academy of Chest Physicians and Surgeons of the American Academy of Chest Physicians , FCCP )
American Thoracic Society Official Journal: American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology, Associate Editor
公的な委員会等の役員・委員歴 厚生労働省社会保障審議会統計分科会専門委員、WHO国際統計分類内科TAG呼吸器WG議長、独立行政法人大学評価・学位授与機構学位審査会専門委員、厚生労働省特定疾患呼吸器系疾患調査研究班びまん性肺疾患分科会( 研究協力者)
川崎市成人ぜん息患者医療費助成制度認定委員、川崎市公害健康被害認定審査会委員
学外活動 東京大学医学部非常勤講師 帝京大学客員教授
3学会合同呼吸療法士資格認定試験副委員長
ひとことメッセージ 杏林大学医学部を志望される方々は、将来医師になり、医療や医学の世界で活躍したいという気持ちを持っているでしょう。プロの職業人として医学の勉強をすることは、当然必要なことですが、しかし、それで十分と言うわけではなく、信頼され真に人を癒すことのできる医療者になるためには、一見無駄に見えたり、遠回りと思われることにも大きな意味があるようです。さまざまな経験をしたり考えたりといった事柄が、患者さんとその周りの人々をケアするために役立つと思います。私の周囲の尊敬する医師は、医師である前に素晴らしい社会人であることが多いです。本学でご一緒に、そのような医師を目指してがんばりましょう。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2011年11月01日公開)
関連サイト 杏林大学医学部付属病院呼吸器内科
このページのトップへ

PAGE TOP